2007年11月26日

Vistaの代わりにLinux

 Microsoftの「Windows Vista」が発売されてからほぼ1年になるが、すべてのデスクトップをVistaに移行する予定の企業はわずか13%にすぎないと今週発表されたある調査結果は伝えている。さらに「Linux」の導入も加速しており、特にデスクトップ用途での採用が増えている。

 無差別に選ばれた961人のITプロフェッショナルを対象にした調査では、90%がいまだにVistaへの移行に懸念を抱いており、48%はいまだにいかなる形態でも一切Vistaを導入したことがない。44%は、「Mac OS X」「Ubuntu」「Red Hat Linux」「SUSE Linux」などの代替のオペレーティングシステム(OS)を「検討」していると回答している。

 しかし、QuocircaのアナリストであるClive Longbottom氏は数字を解釈する時には注意するべきだと述べている。「実際にLinuxをWindowsの代替OSとして考えている企業は極めて少数だ」(Longbottom氏)

 多くのユーザーにとってはVistaの新しいGUIに慣れるよりもLinuxにアップグレードする方が簡単だろうと一般に信じられているが、 Longbottom氏はこの考えに反論する。「Vistaに慣れるには多少の時間がかかるのは確かだが、ほとんどのユーザーは移行の大部分を独力で成し遂げているし、そのためのトレーニングは1時間もかからない」。そして、Linuxは無償かも知れないが、「Word」や「Excel」のマクロなどを移行するのには多大な労力が必要になる可能性があると注意を促す。

 「Microsoftの大きな問題はLinuxではなく、デスクトップをVistaにアップグレードすることの難しさである」と Longbottom氏は述べる。「古いハードウェアではチェックが必要なため、Vistaは新しく構築され、全く新規のインストールが必要なソリューションになる」。多くのユーザーはVistaのService Pack 1(SP1)で状況が改善されるかどうか様子見の状態であり、ソフトウェアの互換性を懸念しているとLongbottom氏は言う。「Microsoft は自社のソフトウェアがVistaでも動作すると保証してユーザーのVistaへの登録を促すべきなのだが、対応が非常にお粗末である」


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20361738,00.htm?ref=rss

1年前のVistaリリース直前にXPのサポート延長を発表したことや、XPサービスパック3などがVistaが浸透する足枷になっているのでしょうね。


何度か経験するとLinuxの導入は簡単にできるようになります。
短いスパンでリリースされるし、様々なディストリビューションが存在するので、XPからLinuxへアップデートするというのも、なんだか頷けます。


元記事で取り上げられている「Word」や「Excel」のマクロについてですが、どれだけのドキュメントでマクロを使っているのでしょう?

筆者も10数店ある本支店の試算表をCSV形式にしてExcelで読み込んで合算するマクロをビジュアルベーシックを使って組んだことがありますが、作業時間は2〜3時間だった記憶があります。


それにVBAが必須なら、その作業をするときのみExcelに渡してあげればすむことですから、Linuxを導入することになんら障害はないように思うのですが。


LInuxが普及するのも、Vistaが不評なのもそれなりの理由があるのだから、なにがネックとなっているのか見極めが必要ですね。


タグ:Vista Linux VBA
posted by media_aidem at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。