2007年11月28日

Vistaってどうよ?

 「Windows XP beta Service Pack 3」の性能は、ユーザー待望のService Pack 1(SP1)を適用した「Windows Vista」と比べても2倍上回ることが、先ごろ実施されたテストで明らかになった。

 2008年初頭にリリース予定のWindows Vista最初のサービスパックでは、OSの性能向上が図られている。しかし、フロリダ州に本社を置くソフトウェア会社Devil Mountain Softwareで研究者たちが実施したベンチマークテストの結果、性能アップの水準は特筆に値するものではなく、最新のWindowsより前バージョンの方が優れていることが明らかになった。

 ベータ版SP3を適用したWindows XPはテストを35秒で完了したのに対し、Windows VistaはSP1適用前と適用後でいずれも80秒以上を要し、Windows Vistaは動作速度でWindows XPを大きく下回る結果となった。

 SP1適用後のWindows Vistaの性能向上率は、適用前と比較して2%にも満たない。10%の上昇を記録したWindows XP SP3との差は歴然だ。今回のテストは、2GHz Core 2 Duo CPUと1GバイトのRAMを搭載した「Dell XPS M1710」を使用し、「Microsoft Office 2007」で複合文書の作成、ワークブックおよびプレゼンテーション用資料のサポートを含む生産性タスクを実行した。

 テスト結果について、Microsoftの広報は声明の中で、サービスパックに対する関心が高いことは認識しているが、それはまだ「開発段階」にあり、今後も正式なリリースまで改良を重ねていく、との考えを示した。そして「ユーザーの幅広いニーズに応えることのできるサービスパックを提供することを、われわれは常に目指している」と付け加えた。

 仮にSP1の改良がそれほど十分でない場合、Vistaにとって新たな痛手となる。同OSについては、サービスパックのリリースまで多くの企業が控えている。

 IT専門家たちの実施した調査によると、発売後の1年間でWindows Vistaを導入した企業は、わずか13%にとどまっている。

 Microsoftは、Windows Vistaの売れ行きが同社の予想を下回っていることを認めている。MicrosoftバイスプレジデントのMike Sievert氏は、デンバーで開催された同社のパートナーカンファレンスで受けたインタビューの中で「率直に言って、世の中はまだWindows Vistaを受け入れる準備ができていないということだ」と語った。(後略)


http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20361936-2,00.htm

上手に検索エンジンを使う”コツ”のひとつとして「○○とは」と検索窓に入れてみると探している○○についての説明がヒットするようです。同じように「○○って」と入れると、ネガティブが拾えるんだとか。


5年ものブランクを経て満を持してリリースしたVista。巷の噂はおおむね悪い。記事のタイトルにしたようにVistaについての本音を調べてみると・・・。


実際にGoogleやYahooJapan、ほかにもたくさん存在する検索サイトで試してみればわかると思いますが、酷評ばかりが目につきます。筆者がこのブログで発信している情報と大差ないことにちょっと驚きました。(あまり他のブログに目を通したりしないので・・・。)


残念ながらニュースソースを忘れてしまったのですが、Vistaがリリースされた直後にMicrosoftを非常に擁護している方がおりましたが、公開されたベンチマーク結果をどんな思いで眺めているんでしょうな。


情報収集をしがてらこんなモノを見つけました。Vista 用 CD 収納スペースが用意されていて収納すると完成するようです。

なんだか、幕を引く準備のように思えてなりません。


posted by media_aidem at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。