2007年11月29日

Windows Vista Capable PCは”なんちゃってビスタ”?

 「Windows Vista」のマーケティング手法を巡ってMicrosoftが訴えられている問題に関し、原告の弁護団は、同社マーケティングディレクターでさえ、米国内で展開された発売前のキャンペーンについて、曖昧な認識しか持ち合わせていなかったと主張した。

 同訴訟では、Microsoftが2007年1月に、消費者向けにWindows Vistaをリリースするのに先立ち、「Windows Vista Capable PC」を売り込んだ手法が問題となっている。

 原告のDianne Kelley氏とKenneth Hansen氏は、PCに「Vista Capable」というロゴを付けて販売しておきながら、実際はWindows Vista Home Basicしか動作しないため、Microsoftは真実を伝えていなかったと主張する。原告は、「Vista Capable」は、機能が削減されたVista Home Basicのみならず、あらゆるバージョンのVistaが動作するというような意味合いを持たせると批判している。

 11月に入ってシアトルの米地方裁判所で起こされた集団訴訟において、原告の代理をしている弁護団は、この件に関しては、当のMicrosoft のマーケティングディレクターであるMark Croft氏でさえ、「Vista Capable」が意味するものについて、証言時に混乱していたと主張している。

 Croft氏は、最初は「この販売キャンペーンにおいて、『Capable』は、Windows Vistaのどんなバージョンでも動作させられるPCという印象を、多くの人に抱かせる」と説明した。

 続けて、Croft氏は「一方、『Ready』は、『Capable』よりも改良された、または、優れた方法でPCが動作するのでは、という懸念をもたらせる可能性がある」と語った。

 Microsoftの弁護団と話すために10分間の休憩を取ってから、Croft氏は「考え違い」をしていたことを認め、先ほどの主張を撤回しつつ、Microsoftは「ある特定のバージョンのVistaを動作させられる」という意味で、「Capable」を用いていたと述べた。

 提訴の段階で、原告の弁護団は、Croft氏が考え違いをしたのは「皮肉である」と語っている。「Croft氏は、Microsoftの『Capable』ロゴが、消費者に対して、基本機能のみのVista Home Basicだけでなく、Microsoftが『Vistaの特徴』として熱心に売り込んでいた、いわゆる『本物の』バージョンと原告が評するVistaも動作させられるPCとの印象を与えると認識していた。皮肉なことに、『Windows Vista Capable PC』に関する、このCroft氏の認識こそ、消費者が抱くべきではないと、Microsoftが主張してきたのと同じ認識なのである」


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20362048,00.htm?ref=rss

国内で購入できるVistaは”たった”4種類ですが、実は6種類あるんですよね。中にはDellで販売しているサーバより高いモノもあったりして、まったく関係なくても訴えてやろうかしらという気になったりしますな。


ベンチマークをとってみるとひとつ前のXPよりも遅かった点といい、この訴訟の騒ぎといい踏んだり蹴ったりのVistaですが、いちばんユーザが心惹かれた機能は”Aero”のはず。そのAeroが使えないんだから訴訟騒ぎになるのは当然でしょう。(いざAeroが使えても、実際には人に見せるときくらいしか使わないなんて話もちらほら。)


YouTubeの動画を貼り付けておきます。
間違ってなんちゃってVistaを買っちゃった方は、観て行ってくださいな。


posted by media_aidem at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。