2007年12月03日

モジラ Firefox 2.0.0.11をリリース

 Mozillaは米国時間11月30日、「Firefox」としては11月に入って3番目のアップデートとなるバージョン2.0.0.11を公開し、前バージョンが持っていた安定性に関する問題を解決した。

 Firefox開発者向けブログは、「この最新リリースにアップグレードすることをすべてのFirefoxユーザーに強く推奨する」と述べている。

 今回のアップデートは、10月18日のバージョン2.0.0.8、11月1日のバージョン2.0.0.9、11月23日のバージョン2.0.0.10に続いてすぐに公開された。

 Mozillaのバグトラッキングサイトによると、バージョン2.0.0.10では、 画像に対して回転や反射などの特殊効果を表示する機能に問題があったという。この問題について、解決に1日、そして、配布には5日しか要しなかったが、バグの影響を受けたサイトの運営者からは不満の声が既にあがっていた。

 Klaus Reimer氏は、「Firefoxが自動的に2.0.0.10へとアップデートされたことで、写真プリントの注文が出来なくなったと顧客が不満を述べている。これは非常に重大な問題と思われるため、2.0.0.11アップデートですぐに修正されることを願っている」と自らの投稿で述べていた。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20362274,00.htm?ref=rss

姉妹ブログ「ウェブマスターの憂鬱」でも触れていますが、前回Firefox 2.0.0.10の際アップデート時に、Vine Linux 3.2上で使っていたFirefoxが起動しなくなりました。mozilla謹製のFirefoxではなくてコミュニティエディションだったのが原因なのか否かは不明ですが、実際問題として時間をかけてコミュニティエディションからmozilla謹製のFirefoxに入れ替え作業をしたのは事実。


なにか”2.0.0.10”のバージョンに不都合があったのかと感じましたが、実際にはそうではなく「画像の特殊効果を表示する機能に問題」があったとのこと。ではVineLinuxでの不都合は・・・?いったいどういうことなのでしょう。


なお、VineLinuxにmozilla謹製Firefoxをインストールする方法については、こちら電脳日記にて公開してますので合わせてどうぞ。



posted by media_aidem at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。