2007年12月10日

配線不要でパソコンが使える? インテリジェント通信シート

 東京大学の染谷隆夫准教授らの研究グループは7日、上に置いた電子機器間を自動的に配線し、電力供給やデータ送信を可能にする「インテリジェント通信シート」を開発したと発表した。机の上にパソコンやプリンター、キーボードなどを配線せずにすっきりと配置できる。数年かけて耐久性の向上を図り、量産技術を確立する計画だ。

 新シートは、内部に有機半導体を用いたトランジスタや、メモリーを利用したスイッチ機能を持ち、内蔵したチップなどで最適な回路を形成したという。

 配線せずに電力供給とデータ送信を可能にする技術は、シート内の狭い空間に電磁波を流す方式で、東大の篠田裕之准教授らの研究グループが今年6月に発表したが、供給される電力はスピーカーが動く程度にとどまっていた。

 新技術では有機半導体などを使用するため、コスト的に割高になるが、「ノートパソコンが使える程度の電力を供給できるほか、ケーブル接続と同じため、送信効率が高く盗聴の心配がない」(染谷准教授)という。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20362848,00.htm?ref=rss

デスクトップパソコンを3台とノート型を3台いつでも使える状態にしています。その他にもプリンターや外部記憶装置、スキャナなどがごちゃごちゃ接続してあるので、ご想像のとおり筆者の部屋のパソコン背面のケーブル類はすごいことになっています。


IT関連のニュース系ブログを運営していて様々なテクノロジーに触れてきましたが、今日のニュースはかなりインパクトが強いです。記事を読む限りでは、ケーブル類を無くすことができてしまうようですから。


コーヒーこぼしちゃっても大丈夫なのかな?とかタバコの焦げができちゃったら?など、どのくらい平常時の使用に耐えられるのかは未知ですが、かなり興味を惹かれますね。いずれ市場に出てくるのでしょうけれど、なんだか待ち遠しいです。


posted by media_aidem at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。