2007年12月13日

Vistaはすでに見限られたのか?

 「Surface」PCや「iPhone」のようなタッチ機能はいつごろ主流のPCで採用されるようになるのか。その答えは、「Microsoftが『Windows 7』のリリースにこぎ着ければいつでも」ということになりそうだ。

 Microsoftのあるブロガーは今週、「Windows Vista」の後継であるWindows 7には数々の新しいタッチ機能が搭載されるだろうと述べている。

 「iPhoneの『タッチ機能』に感銘を受けたのなら、Windows 7の機能には心から感動するに違いない」と「Tablet PC」の開発に従事しているテストエンジニアのHilton Locke氏は述べている。「あとはWindows Touch TechnologyによってPCの売り上げが増加することをより多くのOEMに納得させられればよいのだが」(Locke氏)

 ZDNetのMary Jo Foley氏のブログで米国時間12月12日に取り上げられた同投稿には、Windows 7に搭載される機能の詳細についてはあまり書かれていなかった。

 MicrosoftはTablet PCの初期のころからジェスチャーの概念について語っているが、最も初期のコンセプトではデジタルペンが必要だった。しかし、VistaでOSを指で操作するという概念を導入した。Hewlett-Packard(HP)は「HP TouchSmart PC」でこの機能を使用しているが、それに続く他のPCメーカーはまだない。

 Microsoftは「Windows XP」のライフサイクルの後半に「Origami」タッチパックを追加したが、これは指で操作できるウルトラスモールPCのために道を開くことが目的だった。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20363203,00.htm?ref=rss

すでにかなり前の話になりますが、WindowsME(ミレニアム エディション)というOSがありました。


公式の愛称は「ミー」なのだそうですが、それを知ったのはつい最近のこと。筆者はずっと「エムイー」と認識していました。
このWindowsME。Win9xの最後のモデルにも関わらず、不安定で使い物にならず、短命に終わったOSだったのは記憶に新しいかと思われます。


なにかっていうとフリーズしたり、お得意のブルースクリーンを見せてくれたものであります。こまめに保存を繰り返さないと、それまでしていた作業がすべて無駄になったりして、「こっちが青くなったわい」と何度つぶやいたことか・・・。


さて、最近ニュースを拾い読みしていると、Windows 7についての記事をよく目にする機会が増えた気がします。Windows 7といえば言わずと知れたVistaの次に控えているOS。元記事はタッチスクリーンについて語っておりますが、企業などで導入が進まない様子や早々とWindows 7の話題が増えている様子を見ていると、なんとなくVistaはMEのように短命になるのではないかと考えてしまうのですが・・・。


まぁ、Windowsマシンを新調する予定は一切ないので、筆者には何も影響ないんですけどね。


posted by media_aidem at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。