2007年12月16日

YouTube?ニコニコ動画? 動画共有サイトの視聴率ランキング

 ネットレイティングスは12月15日、動画共有サイトの視聴率ランキングを発表した。

 発表によると、利用者数の1位は米国の「YouTube(1455万1000人)」で、ほかのサービスを圧倒、2位の「ニコニコ動画(386万人)」を1000万人以上引き離した。次いで3位はフランスの「Dailymotion(132万8000人)」、4 位は「アメーバビジョン(107万9000人)」、5位は「Yahoo!ビデオキャスト(97万6000人)」、6位は米国の「veoh(94万9000 人)」、7位は「mixi動画(75万4000人)」、8位は韓国の「Pandora.TV(61万8000人)」、9位は「Flip Clip(36万3000人)」、10位は米国の「Live Video(36万3000人)」と続く。

 一方、1人あたりの利用時間では1位がニコニコ動画(2時間50分10秒)となっており、2位のYouTube(1時間6分53秒)より1時間以上長くなっている。次いで3位はPandora.TV(29分33秒)、4位はveoh(23分13秒)、5位はLive Video(12分0秒)と続き、利用者数の順位と差異が見られる。

 さらに、1人当たりの利用頻度については、1位がニコニコ動画(8.09回)、2位がYouTube(5.43回)、3位がveoh(3.55回)となっている。


http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20363330,00.htm

YouTubeやニコニコ動画で動画を楽しむといった使い方をするなら、納得できるランキングです。
でも例えばブログやウェブサイトを運営していて、動画配信サイトから借りた動画を貼り付けるといった用途で使おうとすると、いろいろと支障が出てくる配信サービスもあったりします。


このランキングで初めて知るサービスもあったりして。たとえばDailymotion。元記事では「フランスの」というキャプションがついていますが、実際にアクセスしてみると日本語メニューが表示され、完璧とまで行かなくてもある程度ナビゲーションしてくれます。

中にはまともに表示さえできないどころか文字エンコードすら満足にできていないサービスもありますから優秀ですね。


いろんな意味で個人的なお勧めはLiveleakだったりするのですが、それは置いといて、動画配信サービスはYouTubeに一極集中してしまうのではないということがわかっただけでも、筆者にとっては有益な情報でした。


posted by media_aidem at 11:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。