2007年12月17日

Googleが、Wikipedia追撃 ユーザー参加型のオンライン百科事典を開発

 検索および広告サービス大手のGoogleが、「Wikipedia」に対抗すべくユーザー参加型のオンライン百科事典の開発に取り組んでいる。

 このオンライン百科事典の名称は「knol project」。GoogleエンジニアリングバイスプレジデントUdi Manber氏によるブログの投稿によると、「knol」とは「unit of knowledge(知識の構成単位)」という意味。

 「われわれは、特定の分野について造詣のある人々に信頼性の高い記事を書いてほしいと考えている」とManber氏。「knol projectでは、科学的概念から医療に関する情報、地理、歴史、エンターテインメント、さらには製品情報や問題の解決方法にいたるまで、あらゆるトピックを網羅することを目指している」

 knol projectの運営およびknol Webページを執筆、編集するためのツールの提供はGoogleが受け持つ。同社では、記事を編集したり特定の記事に対して支持を表明したりすることはない、としているが、優れたエントリについてはGoogleサーチで上位にランクされるようにする方針。

 エントリはコミュニティー内で評価され、テスト期間(期間の長さは不明)終了後に再度評価することができる。現在、プロジェクトは少人数のテスターを対象にテストを実施している段階。「knolツール」の公開後、寄稿者は自身が記述したページに「Google Ads」を掲載し、そこから上がる利益を受け取ることができる。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20363398,00.htm?ref=rss

Wikipedia、調べものをするのにかなりお世話になっています。
今日のスポーツ新聞系のニュースで知った「ハイアン・グレイシー死亡」の記事も、Wikipedia上でいち早く書き込まれていて、その更新スピードにかなり驚かされました。


Googleの新しいサービスではアドセンスと連動して、更新者の収入にも結びつくとのこと。ひょっとしたら追撃どころかWikipediaの存在さえも脅かす存在に早い段階で成長するかもしれませんね。


posted by media_aidem at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Google版Wikipedia? 知識共有ツール「knol」をテスト
Excerpt: Google版Wikipedia? 知識共有ツール「knol」をテスト - ITmedia Newsより。 Googleが知識共有サービス『knol(unit of knowledge)』を..
Weblog: Activity of Gaia
Tracked: 2007-12-20 21:30
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。