2008年02月18日

次世代DVD規格  決着!

 東芝は16日、新世代DVD規格「HD DVD」の再生機や録画再生機などの生産を終了する方針を固めた。今月中にも正式決定し発表する。数年間にわたり続いてきた「ブルーレイ・ディスク(BD)」との規格争いはBDの勝利で決着する見通しとなった。

 新世代DVDは東芝などが推進するHDとソニーや松下電器産業などが推進するBDの2規格が併存してきたが、小売り世界最大手の米ウォルマート・ストアーズがBDの商品のみを取り扱うことを決めるなどHD劣勢が決定的となっていた。

 東芝は青森県で行っているHD関連の機器生産を近く終了する見通しで、今後は新型機の開発なども行わない。撤退費用は数百億円に上る見通しだ。

 米国では、新世代DVDのソフト販売の約8割をBDが占めるなどHDを圧倒している。両陣営に作品を供給してきた映画大手、ワーナーブラザースも1月初旬にHDからの離脱を表明。消費者や流通業界のBDシフトの動きが相次いでいた。

 HD DVDはDVDの新規格。BDと同様に青紫色の半導体レーザーを読み取り用部品に用いているため、大容量の書き込みが可能だ。BDより書き込み容量が劣ることやソニーが新型ゲーム機「プレイステーション3」に再生機能を搭載したこともあって、“HD離れ”に歯止めをかけられなかった。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20367466,00.htm?ref=rss

次世代DVDについては厳選 今日のITニュースでも何度か取り上げたのですが、購入を決意したのを機に、DVDレコーダーの選び方という別ブログを立ち上げました。


カタログの比較や家電店でいろいろ情報収集をしているうちに、自分でもあまり考えてもいなかった意外なところへ着地してしまいました・・・詳しくはDVDレコーダーの選び方を参照していただくとして、次世代DVD規格がついに決着となりましたね。


決着したから、SONY勢が安泰とは実は言い切れないんです。
それは現世代や次世代を問わず、DVDレコーダーを購入して実際に使ってみるとわかると思うのですが・・・。


大容量を収納できるDVDというメディアは、ひょっとしたらようやくスタートラインに立っただけなのかもしれません。


posted by media_aidem at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。