2008年03月11日

ニコニコ動画と著作権

 ニワンゴは、運営する動画コミュニケーションサービス「ニコニコ動画」において、著作権を侵害している放送番組の動画をすべて削除する方針だ。親会社のドワンゴが3月11日に明らかにした。

 ニワンゴはテレビ局6社に対し、

1. ニコニコ動画内における既存の著作権侵害放送番組動画はすべて削除する
2. 新規投稿動画の監視を行い著作権侵害放送番組動画については直ちに削除する

という内容の申入書を提出したという。なお、「これはテレビ局6社との間で何らかの提携(共同)関係が成立したことを意味するものではない」(ドワンゴ)とのことだ。

 ニワンゴが申入書を提出した放送局は日本放送協会(NHK)、日本テレビ放送網、東京放送(TBS)、フジテレビジョン、テレビ朝日、テレビ東京の6社。

 ニコニコ動画はユーザーが自由に動画をアップロードし、ほかのユーザーと動画上にコメントをつけあえる点が特徴。ユーザーが自作した動画を投稿することも多いが、テレビ番組などを著作権者の許可なく投稿するユーザーもいる。この点に対してニワンゴ取締役管理人の西村博之氏は「著作権を侵害しているコンテンツはいらない」と明言していた。

 なお、ニコニコ動画では投稿動画内における楽曲の使用に関しては、日本音楽著作権協会(JASRAC)と話し合いを続けている。ニワンゴ代表取締役社長の杉本誠司氏によれば「合意に向けて前向きな話し合いを進めている」とのことだ。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20369154,00.htm?ref=rss

ほとんどテレビを見ないので、話題になった人などを急いでYouTubeやニコニコ動画に探しにいくという行動が定番になっていました。


限りなくクロに近いグレー、でもクロではない。
そんなぎりぎりのスタンスをとりつづけるものとばかり思っていたのですが、ニワンゴ側からの申し入れという点にちょっとびっくり。


「著作権を侵害しているコンテンツはいらない」という意見ですが、ニコニコ動画についてのネガティブな意見をネットで集めてみると、ユーザが何を求めてニコニコ動画にアクセスしているのかが明確に拾えます。今後、どんな方向へ向かうのでしょう。ちょっと予想ができません。


posted by media_aidem at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。