2008年03月19日

無料ウェブ解析ツール「Yahoo! ログール」の実力

 ヤフーは3月18日、ウェブサイト解析ツール「Yahoo! ログール」ベータ版を無料で公開した。ブログパーツを貼るだけで、ウェブサイトの訪問者数やその属性を確認できるという。

 解析できるデータは、アクセス数累計、訪問者数、平均滞在時間、リンクされた数、ブックマーク数(はてなブックマークに登録された数)、RSSリーダー登録数(livedoor Readerに登録された数)など。

 また、サイト内で多く読まれた記事の上位5本や、検索経由で訪れた読者が使用したキーワード上位5個、読者がサイトを訪れる直前に見ていたページ、サイトを離れた直後に見たページなども解析できる。

 そのほか、過去3カ月に訪れたすべてのサイト「おでかけ帳」や、ブログパーツを貼ったサイトを訪れた読者一覧「足あと帳」などの機能も備える。

 ブログやウェブサイト運営者がYahoo! ログールを利用するには、まず利用登録を行う必要がある。自分のサイトのURLをYahoo! ログールに登録し、次にヤフーが配布するブログパーツを貼り付ける。この作業を終えるとデータの集計が始まる。なお、利用登録にはYahoo! Japan IDが必要だ。


http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20369643,00.htm

Yahooログール
アクセス解析は有料や無料のもの、レンタルCGIを自分で設置するものなどたくさんあります。どのサービスも長所や短所があったり、ナビが使いにくいものがあったりしますね。


ただ一番重要なのは、解析結果をどのように使うのが有効なのかという点です。そんな視点で比較消去すると自ずと残るサービスは限られてきます。例えば、アドセンス広告についてのログがとれるサービスがあります。どのページがいつクリックされたか。どんなIPアドレスの人がクリックしたかなど、ちょっと前までは有料ツールでないと掌握できなかった情報もとれるようになっています。


アクセス解析では後発組となるYahooのログール。ひととおり見てみましたが、目新しい部分はありませんでした。個人的には食指を動かされることはなく、残念でした。


posted by media_aidem at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ヤフーの無料ウェブ解析ツール「Yahoo! ログール」
Excerpt: Yahoo!ログール(via ヤフー、無料ウェブ解析ツール「Yahoo! ログール」公開:マーケティング - CNET Japan)(via 厳選!今日のITニュース: 無料ウェブ解析ツール「Yaho..
Weblog: Activity of Gaia
Tracked: 2008-03-20 21:20
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。