2008年03月24日

Apple提供の自動アップデートの問題点

 Appleの自動アップデートサービスを利用した同社製ウェブブラウザ「Safari」のWindows版の配布が大きな関心を集めているようだ。ライバル製品「Firefox」を開発するMozillaの最高経営責任者(CEO)は、この動きについて好ましくないことだと述べている。

 MozillaのCEOであるJohn Lilly氏は米国時間3月22日、Windows版Safari 3.1について、先週明らかになったAppleの提供手法についてブログで批判した。Appleは、「iTunes」と「QuickTime」を使用するユーザーを対象にApple Software Updateポップアップを通じて同ブラウザを提供した。

 Lilly氏は自動アップデートについて、最新かつ最も安全なバージョンのソフトウェアを確実にユーザーに提供することのできる優れた方法であるとしている。Mozillaも同社製ブラウザFirefoxでこの手法を採用している。

 AppleがMozillaと異なるのは、ユーザーが要求していない製品を自動アップデートリストに掲載したという点だ。つまり、ユーザーが気付かないうちに、いとも簡単にソフトウェアがインストールされてしまう可能性がある、とLilly氏は指摘する。

 Appleはこの手法により驚くほど簡単に、しかもデフォルトで、ユーザーが要求していない、あるいは必要のないかもしれない便乗ソフトウェアをインストールさせるようにしている。これは間違ったやり方であり、マルウェアをばらまく方法と変わらない。

 業界が構築しようとしているユーザーからの信頼を損なうという観点からも好ましくない。アップテートが純粋な意味でのアップデートではなくなり、別の意味を含んだものになってしまうからだ。企業とユーザーの関係は悪化し、最終的にはウェブ上でのユーザーの安全が危険にさらされることになる。これは誤った手法であり、改められなくてはならない。

 Appleの関係者はこの件に関し、以下の内容の声明文を電子メールでInformation Weekに送付した。「当社はMacとWindows両方のユーザーが簡単かつ便利にSafariの最新アップデートを手にすることができるようにするためSoftware Updateを活用している」


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20369935,00.htm?ref=rss

セキュリティパッチだと思ってアップデートしたら余計なアプリも入っていた。Mozilla側の言い分ももっともだと思います。


記事中にもあるように厳密に言うと”アップデート”ではなくなってしまいますからね。ただ、「ユーザーが要求していない製品」とはどのようなモノを具体的に指しているのでしょう?Appleにしてみれば、無料とはいえ謹製ブラウザを使ってもらっている大切なユーザ。そのユーザを裏切るような行為はしないだろうと思われるのですが。


ニュースが核心部分に触れていない分、ちょっと不気味な気がします。


posted by media_aidem at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。