2008年03月25日

アドオン開発コンテストの舞台裏

 Mozillaは、「Extend Firefox 3 Contest」を開始した。このコンテストの入賞者には、「MacBook Air」などの豪華な賞品が贈られる。

 このコンテストの目的は、当然ながら、より優れたFirefox向けアドオン開発の促進だ。

 このコンテストは、さまざまな点でAtlassianの報奨プログラムに似ている。Atlassianのプログラムでは、JiraやConfluenceといった同社のソフトウェア向けに開発されたプラグイン6件に報奨金として5000ドルがそれぞれ授与される。

 報奨金プログラムは以前から複数の企業が実施してきた。中でも、Ximianのチームは、同社がNovellででも(またその以前も)早くから報奨プログラムを幾分効果的に活用してきた。私が報奨金プログラムを体験したのは、Ximianのプログラムが初めてだ。それ以来、オープンソース界で実施される報奨プログラムの数は飛躍的に増加した。

 しかし、私は個人的に、報奨プログラムに大賛成というわけではない。私は、報奨金が、そもそもなぜ多くの開発者がオープンソースコードを書くのかという疑問の核心を突いているとは思わない。私は、開発者たちはオーナーシップという誇り、実験、知的探求のためにコードを書いていると考える。

 しかし、少なくとも報奨金をかけることにより、ニーズに対する人々の関心を集められる。今回のケースでいえば、Firefox やAtlassianのプラグインをより多く集めることができる。

 Mozillaは決して、Firefox向けプラグインに困っているわけではない。しかし、恐らくMozillaは、開発者らにFirefox 2向けプラグインをFirefox 3向けにアップデートするよう促そうとしているのだろう。たしかにコンテストを開催すれば、簡単かつ比較的安価にその目的を達成できる。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20369993,00.htm?ref=rss

オープンソース、特にFirefoxをはじめたくさんのプラグインには多大な恩恵を受けています。そしてリリースまで秒読みとなったFirefox3にも期待をしています。本来オプションとして付加していくアドオンなのですが、使っていくことでFirefoxの一部となってしまうんですね。


だからこそFirefoxだけバージョンアップしても、不十分なのです。
アドオンも一緒にアップデートしていないと・・・。


オープンソースのコードを書く人達なのだから、元記事にあるように報奨金というニンジンをぶら下げることが有効なのかどうかわかりません。ただ、みんな待ってるんですよね。


Firefox2から3へ。
スムーズにバージョンアップできるといいですね。


posted by media_aidem at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。