2008年03月26日

Windows XP Service Pack 3 まだ登場せず

 Microsoftは米国時間3月25日、Windows XP Service Pack 3(SP3)の新たなバージョンをリリースしたが、引き続きテスト段階の中でのリリースにとどまっている。

 Windows Vista Service Pack(SP1)は、2月中にRTM版が仕上がり、先週から一般向けの配布もスタートしている。その一方で、MicrosoftはXP SP3に関して、まだ最終的な出荷を承認するに至っていない。

 Microsoftは「3月25日に同社ダウンロードセンター経由で、Windows XP SP3 RC2 Refreshが公開された。Windows XP SP3製品版の正式リリースを前に、さらなるユーザーからのフィードバックを受け付けるため、今回の製品候補版が出されている」との声明を出した。

 ZDNetのMary Jo Foley氏は、MicrosoftがXP SP3を、今週中に最終的な形でリリース予定であったものの、その計画を変更したと伝え聞いたという。

 TechNetへの投稿によれば、2月にリリースされたRC2バージョンと、今回の「RC2 Refresh」バージョンとの間で、さほど大きな違いはない。Microsoftは「よく知られているWindows Updateに関連した修正点と、HD Audioのサポートが含まれるようになった点を除けば、今回のベータリリース版(ビルド5508)とXP SP3 RC2版(ビルド3311)との間に、目立った相違はない」と説明した。

 (XP SP3製品版の)最終リリース時期に関して、Microsoftは、顧客からのフィードバックに基づき、変更される可能性があるとのお決まりの注意点を含めつつ、2008年上半期中になると述べるにとどめている。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20370113,00.htm?ref=rss

売上の伸びが鈍いといっても、現在の主力(となるべき製品)はVistaなのだろうから、注力しないといけないのはXPじゃないだろうという気がするのですが、その点はどうなのでしょう?

アクセス解析
貼り付けたサムネイルは、任意の期間のこのブログのアクセス解析結果の上位です。もっと下位のランキングは構成比からも推察できるように1%にも満たないので省略するとして、Vistaはまだ少数派の部類。


もっともMicrosoftについては悪口を中心にお送りしているブログなので、公正ではないのかもしれませんけれども。


近々販売終了で、ひょっとしたらサービスパックとしてのリリースは最後になるかもしれないXP SP3。
個人的には関係ないのですが、気の済むまでチェックして完成形でリリースしていただきたいものであります。


posted by media_aidem at 18:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
企業の端末向けでしょうね。
Vistaなんて導入するわけにはいかず、XPはSP2をインストール後アップデートを繰り返さなければならない悲惨な状況なので…
Posted by VineUser at 2008年04月03日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。