2008年03月27日

今のところ頼れるのはXPだけ?

 職場の仲間であり上司であるMike Ricciuti記者には失礼ながら、すべての道が「Windows Vista」に通じるわけではない。

 Microsoftはすべての人に最新版のVistaへ移行するよう強く働きかけているが、当分のあいだは「Windows XP」がとどまりそうな市場の現状がある。今のところ、大手のコンピュータメーカーは6月にはXPの販売を停止することになっているが、この期限など軽く超えてこの状況は続きそうだ。

 Microsoftはすでに1度期限を延長している。本来XPは、2008年1月に大手PCメーカーの製品から姿を消すことになっていたのだ。近くもう1度延長が発表されると私はみている。

 XPが残り続けそうな最大の領域は、出現してまもないが成長著しい、フラッシュメモリを採用した低コストノートPCの市場で、製品としては ASUSTeK Computerの「Eee PC」などがある。こうした機器は、低コストと必要メモリの低さを生かせるLinuxにとって格好の環境だ。MicrosoftはXPをEee PCに搭載させるだけでも一苦労したし、Vista搭載についてはスタートを切れる見込みさえない。

 スタートを切るといえば、XPが存続しそうなもう1つの領域に新興成長市場がある。2007年にXPの期限を最初に延長した際、 Microsoftはこの市場に対しても同様の譲歩を行った。Microsoftは、数カ月のXP猶予期間を広範囲に認めたのに加え、初心者向けの「Windows XP Starter Edition」を2010年まで超低価格PCでの利用に提供することを発表した。(後略)


http://japan.cnet.com/column/pers/story/0,2000055923,20370253,00.htm?ref=rss

昨日取り上げたVistaとXPのサービスパックリリースの踏ん切りの悪さを見る限り、XPの提供期間を再延長するというのは頷ける話ですね。もしくは芳しくないVistaはMEと同じ扱いにして飛び越えてWindows7のリリースを早めるかと見ていたのですが。


ここでギリギリ踏ん張らないとLinuxに逆にアドバンテージを握られる可能性もありますから、死活問題ですね。


ちなみに筆者の使用しているマシンはVine Linuxです。
メモリは512MBのPen3ですが、デスクトップ環境で使っていても、まったくもたつくことさえありません。


個人的にはXPを再延長してWindows7を急ピッチで市場投入という青写真は既に出来上がっているのでは?と考えますが、実際はどうでしょう。


タグ:Windows XP
posted by media_aidem at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。