2008年04月03日

検索エンジンとフィルター

 グーグルは4月2日、「Google 表示設定」に、アダルトコンテンツを含むページを検索結果から除外するフィルタリングサービス「セーフサーチ」を追加した。

 セーフサーチは、子供が安全に検索サービスを使えるよう、グーグル独自の技術により、明らかに性的なコンテンツを含むサイトを選別し、検索結果に表示されないようにするフィルタリングサービス。

 「フィルタリング(強)」「フィルタリング(中)」「フィルタリングなし」の3段階で設定することができ、デフォルトの状態では、Google イメージ検索の結果からほとんどの不適切な画像を除外されるが、通常のウェブ検索の結果はブロックされないフィルタリング(中)が適用される。

 なお、フィルタリング(強)に設定すると、画像と通常のウェブ検索を含むすべての検索結果がフィルタリングされ、フィルタリングなしでは、セーフサーチが完全にオフになる。

 グーグルでは、ユーザーからのフィードバックなどを基に今後も調査を行い、精度の向上に努めるとしている。


http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20370686,00.htm

ちょっと前まで、厳密にいうとこの「セーフサーチ」というサービスが開始される前までは、Googleの場合フィルターの解除は使用言語を英語にしないとできない設定になってました。

ですから使うのは大人の自分だけというケースでフィルターが不要だと考えてる場合でも、結構裏技的な要素があったんです。日本語の”子供でも読める”ページでフィルターのオン・オフが切替えられるようになったというのは、逆にかえってシバリが緩くなったように感じてしまいます。


フィルター
ちなみにYahooJapanではどうなのかと調べてみました。
どうやらIDを取得してログインすると変更できる様子。Googleもなんだかコレに近い状態になってしまいましたね。


アダルトコンテンツに限らず、どんな内容のサイトが検索エンジンにはじかれているのかを確認する意味でも一度フィルターを外して検索してみるのも一興かもしれません。


posted by media_aidem at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。