2008年04月10日

Dellも参入! 低価格小型PC市場

 ASUSやIntel、Hewlett-Packard(HP)が低価格の低消費電力ノートPCというトレンドを追いかけているなか、Dellが手をこまねいているとは、あなたも思っていなかっただろう。報道によると、台湾企業のCompal ElectronicsはDellが近々、小型ノートPC市場に参入すると述べているという。Compalによると、同社はDell向けに月産20〜30万台のラインを準備しており、早ければ6月にも出荷を開始できるだろうという。

 Dellの最高経営責任者(CEO)であり、その社名に自らの名を冠したMichael Dell氏が4月8日、「HP 2133 Mini-Note PC」に対抗して「われわれも同様のノートPCを投入する予定だ」と述べたことで、Compalの声明に信憑性が出てきた。しかし、6月のリリースということまで信用してはいけない。同氏は「引き続き注目しておいてほしい」と述べ、「われわれは今後半年の間に、その市場に興味深い製品を投入するつもりだ」と語ったのだ。

 製品の詳細は現時点で明らかになっていないものの、この夏に発売されるとなると、Dellの小型ノートPCには、この夏に登場する製品での採用が期待されているIntelのAtomプロセッサが搭載されるということなのかもしれない(素晴らしいHP Mini-Noteに対する唯一かつ最大の不満は、パワー不足のVIA C7-Mプロセッサを搭載していることである)。Engadgetの記事によると、Dellの小型ノートPCは8.9インチのディスプレイを搭載し、499ドル以下で販売されるだろうという。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20371163,00.htm?ref=rss

低価格小型PC市場がにわかに活気づいてきています。
昨日お伝えしたHPに続いて、Dellも小型ノートPC参入を発表しました。


筆者の気になる点はやはり搭載OS。
昨年、DellはUbuntuの「Feisty Fawn」を搭載した消費者向けパソコンを販売している実績のあるDell、BTOで購入ユーザがカスタマイズできるという点もDellの売りですから、WindowsOSを搭載してそのまま売るなんてことはないと考えています。日本国内でもぜひ選択肢のひとつとしてUbuntuを採用してほしいところですね。


サブノートの購入を考えているなら、せめて夏まで待ってみるというのは賢い選択のように感じます。




タグ:DELL BTO
posted by media_aidem at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。