2008年04月11日

Vista SP1適用済み製品を値下げ

 マイクロソフトは4月11日、「Windows Vista Service Pack 1(SP1)」の提供にあわせたキャンペーンの一環として、SP1適用済み新パッケージ製品の価格を改定すると発表した。

 SP1適応済みのパッケージは4月25日より販売される。価格改定の対象となる製品は以下のとおり(価格はすべて参考価格で、税抜き表示)。

* Windows Vista Ultimate 通常版 SP1 適用済み: 4万8800円(現行価格、以下同)→ 3万8800円(新価格、以下同)
* Windows Vista Home Premium アップグレード版 SP1 適用済み: 1万9800円 → 1万7800円
* Windows Vista Home Premium アカデミック アップグレード版 SP1 適用済み: 1万7800円 → 1万5800円

 またマイクロソフトでは、SP1出荷記念として、Vistaへのアップグレードを促進するため「アップグレード版特別優待パッケージ」を25日より1万本限定で販売する。価格は、「Windows Vista Home Premium アップグレード版特別優待パッケージ SP1 適用済み」が1万5980円、「Windows Vista Home Basic アップグレード版特別優待パッケージ SP1 適用済み」が9980円(それぞれ参考価格、税抜き)となる。

 これらの取り組みは、同社が「決めるなら、この夏。」というキーワードの下で展開する夏のキャンペーンの一環だ。このキャンペーンではほかにも、先進ユーザー向けウェブサイト「Ultimate Style」を開設し、Windows Vista Ultimateユーザーを初めとする先進ユーザー向けにデジタルライフスタイルの提案も行う。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20371269,00.htm?ref=rss

まずはこちらのページをご覧ください。Dellのキャンペーン商品が並んでいますね。注目していただきたいのは価格帯です。時期によって変動はありますが、今現在ですと60,980円のノートパソコンやCore2 Duoプロセッサ搭載で64,980円のデスクトップモデルが並んでいますね。しかもモニタ付きで。


では、記事に戻りましょう。
Windows Vista Ultimate 通常版 SP1 適用済み: 4万8800円(現行価格、以下同)→ 3万8800円
個人ユースでは必要ありませんが、たかがOSで4万です。

通常だとコレですか。Vista Home Premium アップグレード版 SP1 適用済み: 1万9800円 → 1万7800円


リリースして1年以上経過するのに、いまだに売行きが悪い。
売れないから値引きなんでしょうけれど、それでも高い気がするんですよね。29800円でサーバマシンが買えるのに、何が悲しくて普及しないOSに大枚はたかないといけないのでしょう。


そんな風に考えたことありませんか?
BTOでカスタマイズして購入できるDellのパソコン、でも日本ではUbuntu搭載モデルは扱っていません。個人的にはサポートは不要だからUbuntu搭載で出荷してほしいんですけど・・・。


今後、夏にかけていろんなメーカーから廉価な小型ノートPCが相次いで出荷されます。どのようにすれば限られたスペックのマシンをどれだけ効率良く使えるのでしょう。OSの価値を含めていろいろと考える時期にきているのかもしれませんね。


posted by media_aidem at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。