2008年05月15日

Fedora 9 正式版リリース

 Red Hatは米国時間5月13日、同社の愛好家向けLinuxの第9版「Fedora 9」をリリースした。このFedora 9には、競合製品であるUbuntuには搭載されなかったKDE 4ユーザーインターフェースが搭載されている。

 これはFedoraとUbuntuがKDE 4のような新しいプロジェクトに対し、異なるアプローチを取っているためだ。KDE 4は新しく、KDE 3.5から大きく変更されているが、まだ十分に安定しているとはいえない。

 Red Hatは現在、2種類のLinuxを提供している。1つは、無料で提供しているFedora。Fedoraは、新たなプロジェクトを初期導入者の手元に届ける一方で、それらのプロジェクトを成熟させる、いわば「性能試験場」の役割を果たしている。そして、もう1つは有料のRed Hat Enterprise Linuxだ。こちらは、さまざまなハード、ソフトウェアへの対応が保証されている。

 それに対し、Ubuntuは1種類のみである。製品自体は無料で、サポートは別途購入可能だ。Ubuntuの創設者であるMark Shuttleworth氏は、Red HatやNovellのSUSE Linuxのように、製品を複数の製品ラインに分けるやり方が気に入らず、製品を1種類に絞るという考えで、Ubuntuを立ち上げた。

 Ubuntuの最新版であるHardy Heronは、Canonicalの最新版Linuxで、同社にとって2つ目となる長期サポート対象製品であるが、KDE 4をサポートしなかった。これは、同社がより成熟したものを必要としたためだ。一方、Fedoraには実質的なサポートの必要性はなく、製品寿命も短いため、最新のプロジェクトも導入可能だ。

 しかし、Ubuntuユーザーのおよそ3分の1が、より広く利用されているGNOMEより、KDE 4を選んでいる。KDE 4に対する需要に対応するために、Ubuntuのプログラマーたちは、Fedoraと同じようなアプローチを取った。彼らは現在、Hardy HeronのKDE 4版の開発に取り組んでいる。しかし、このKDE 4版には通常版Ubuntuでは保証されているサポートが付いていない。

 Fedora 9にはそのほか、Sun MicrosystemsのオープンソースJavaソフトウェアであるOpenJDKやGNOME 2.22、Firefox 3 Beta 5などが含まれている。また、システム管理者によるIDポリシーの管理を可能にするFreeIPAや複数のネットワークをより有効に活用するための NetworkManagerパッケージの改良版も備えている。

 Fedora 9は、Fedoraのウェブサイトからダウンロード可能。同サイトにはまた、Fedora 9のリリースノートへのリンクも張られている。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20373209,00.htm?ref=rss

Red HatのオープンソースFedora9の正式版がリリースしました。
大容量で手軽になったDVDに焼くのならいいでしょうけれど、CD-Rでブートディスクを作るとi386版で6枚、PPCだと7枚というボリュームになります。ダウンロードして焼いて・・・という作業を考えると、Fedora 9のリリース直後でサーバのトラフィックも高いでしょうから1日がかりになっちゃいそうですね。


最新版のVer.4ではありませんがFedoraやUbuntu以外のディストリビューションでもKDEは簡単に追加できます。例えばVineLinuxならこんな感じ。ターミナルを起動してチョイチョイでインストールが終わっちゃうんですね。ちなみに筆者の環境でもgnomeからKDEに変更を試みましたが、数回起動しただけでKDEはアンインストールしてしまいました。結局使い慣れたgnomeが良かったということで。


PPC版もi386でも数種類のディストリビューションのインストールを経験しました。だいぶ以前からVineで落ち着いちゃっていますが、HOLON、Vine,Ubuntu・・・KNOPPIXをハードディスクからブートできるようにしたこともあります。バージョンが上がるにつれて、どのディストリビューションを選んでもインストール作業はかなり楽になりつつあります。ちょっとボリュームがあって大変そうですが、XPのサポート終了を受けて、すぐにVista搭載モデルを買ったりせずにFedoraを使ってみるというのも1つの選択肢かもしれません。


posted by media_aidem at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。