2008年06月03日

SONY 低価格超小型ノート市場へ参入か?

 PC Worldは、台湾VIA Technologiesの「OpenBook」リファレンスデザインに基づいて、ソニーがノートPCの開発を進めていると伝えた。

 台北で開催された「WiMax Expo」にて、契約メーカーのQuanta Computerは、VIAがリリースしたばかりのOpenBookをベースにして、2008第3四半期にリリース予定のミニノートPCを展示した。ある目ざといリポーターは、そのミニノートPCの製造先候補に、ソニーが挙げられていることを見抜いた。質問に対して、Quantaの関係者は明らかに黙り込んでしまい、当然ながらソニーからコメントが得られそうにはない。

 そのミニノートPCは、8.9インチのディスプレイ、最低80GバイトのHDD、VIA C7-Mプロセッサ(1.6GHz)、VX800チップセットを搭載している。展示されていたプロトタイプモデルでは、Windows Vista Home Basicが稼動していた。

 ついに「VAIO」メーカーのソニーも、方針を転換したのだろうか?あるソニーの役員は2月に、もし「Eee PC」が好調な売れ行きを見せ始め、主要なPCメーカーも低価格ノートPC市場で競争をスタートするならば、いよいよ「究極のレース」が始まることになると語った。

 だが、(ソニーのスタートは)あまりにも遅過ぎた。Hewlett-Packard(HP)、Acer、おまけにDellまでもが、低価格で軽量型のPC戦争に加わってくるだろう。こうしたメーカーは、まさに大御所といった存在である。Asusも、引き続きEee PCを量産しており、MSIなどのメーカーも、同じような製品を数多く出してくることが予想される。

 ソニーは、自社ブランドや製品をハイエンドなポジションに置くことを好む。しかしながら、ついにソニーも2007年に、800ドルという低価格帯でVAIOノートPCの製造を開始した。その当時は、これ以上低価格の製品提供には興味がないと、ソニーは述べていた。

 だが、もちろん状況も変化することがある。低価格ノートPCは、いまだ小さい市場ではあるものの、ノートPCの販売価格と利益率が必然的に低下してくるにつれて、メーカーが製品の差別化を図る新たな手段ともなっている。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20374480,00.htm?ref=rss

元記事でも述べられているように、何でいまさらという思いが払拭できません。
おそらくSONYお得意の飛び道具でも忍ばせてあるのでしょう。

ユーザからすればたとえ価格競争が起こらなくても、選択肢が増えるというのはいいことです。選択できるかできないかによって「買うか買わないか」という思考が「どれを買おうか」という一段階上に心理的にはシフトするのだとか。

WindowsOSが走っている低価格超小型ノートを購入して、Ubuntuに載せ替えるユーザも増えているのだとか。どうせならLinuxプリインストールモデルをSONYが市場に投入するというのも面白い試みなのかもしれません。


posted by media_aidem at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。