2008年02月04日

MicroSoftの思惑とYahooの迷走

 Microsoftは米国時間2月3日、同社の米Yahoo買収案について、Googleが同日発表した声明に反論した。Googleは、446億ドルによる同買収案が独占禁止法上の問題となると述べていた。

 Microsoft法律顧問Brad Smith氏は、「MicrosoftおよびYahooの合併は、インターネット検索とオンライン広告における第2位の競合企業を設立し、より競争的な市場を創出するだろう」と声明で述べた。「代わりのシナリオとして考えられるのは、競争がインターネット上でさらに少なくなるという結果だけだ」

 Smith氏は、Googleが有料検索市場の4分の3、米国における検索クエリの3分の2、そして欧州の85%を占めていることを述べた。

 一方、Reutersの報道によると、Yahooは、Googleとの何らかの提携を考えているという。これは、全面的な買収より規模が小さくなる可能性があるという。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20366465,00.htm?ref=rss

週末に発表されたマイクロソフトがYahoo買収を発表というニュース。
今までの勢力図が変わってしまうインパクトがあるためか、この件についてかなりの反響が見られます。


この状況でYahooは、Googleへの歩み寄りを見せるなど迷走を始めている模様。様々なニュースが錯綜してますので、着地点がまだ見えませんね。


あくまでも自社先導で”インターネット業界”を牛耳ろうとしているマイクロソフト。ひとつ前の記事でも述べたことですが、今のままでは支配力を発揮できないと考えているのでありましょう。


なぜGoogleが選ばれるのか、Yahooを支配下におけば勝負ができる程度にしか考えていないマイクロソフトには、本質は見えていないのかもしれません。


Googleには慌てることなく事の成り行きを静観してほしいと、個人的には考えています。
posted by media_aidem at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年02月02日

Yahooがなくなる? マイクロソフト買収を提案

 Microsoftは米国時間2月1日、米Yahooに総額446億ドルの現金と株式による買収提案をしていることを明らかにした。

 Yahooはこれに対し、Microsoftの買収提案を「求めていない」ものだと見なしているが、拒否はしないとしている。

 これは、1月31日のNasdaqでのYahooの株価に62%ものプレミアムを加えた、1株あたり31ドルでの買収提案である。Yahooの取締役会に宛てた書簡の中で提案されていた。Microsoftは株主らに対し現金と株式で買収する案を提示すると述べた。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)Steve Ballmer氏は「われわれはYahooを高く評価している。一緒になれば、オンラインサービス市場でより有利なポジションにつけ、消費者やパブリッシャー、広告主にますます魅力的なソリューションを提供できる」と声明で述べている。

 Yahooは声明の中で、同社取締役会は「この提案をYahooの戦略的計画に照らし慎重かつ適切に判断する。そして、株主の長期的な価値を最大限にする最善の行動方針を追求する」と述べた。

 この話は、MicrosoftとYahooの両社がGoogleに対抗するため苦戦を強いられているところから持ち上がった。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20366420,00.htm

日本国内は別として検索サービスでGoogleにぶっちぎられた形のYahoo。同じくWeb2.0としてGoogleが展開しているウェブサービスに翻弄されるMicrosoft。"過去に"隆盛を誇った両者がいっしょになった所で今さら優位に立てるとは、ちょっと考えられません。


パソコンを使って作業をするとき、すでにWindowsは不要です。オープンソースのLinuxが確実に代替として機能します。まだ発展途上ではありますが、WineでPhotoshopが動かせるようになったなんてニュースもありました。LinuxでWindowsのソフトが使えるようになりつつあるんです。


MacOSXではBoot CampやCrossOver Macなどを活用してMacOS上でWindowsOSを走らせようとしています。でもWindowsの支配力が弱まれば、必要ないと気づくでしょう。


ウェブを取り巻く環境は、明らかに変わりつつあります。
そのための合併提案なのでしょうね。


1ユーザとしての意見ですが、利用数はともかく合併成立によってメジャーどころの検索エンジン(この場合MSNですが)がなくなってしまうことだけが、ちょっと痛いです。

posted by media_aidem at 04:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年02月01日

話題の”サードマシン?”  Eee PC

 ASUSTeK Computer(ASUS)が1月25日に発売した「Eee PC 4G-X(Eee PC)」が3日間で完売した。7インチの液晶ディスプレイを搭載したA5サイズの端末で4万9800円。衝撃的な価格がウケ、日本向けに入荷した1万台がすべてはけてしまったという。直近の「BCNランキング」では堂々の2位にランクイン。同社が「ノートPCではなくモバイルインターネットデバイス」と位置づけるインターネット接続に特化したモバイル端末。その好調な滑り出しをまとめた。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20366339,00.htm?ref=rss

AppleからリリースされたMacBook Airが、その薄さで勝負なら、Ecc PCは持ち運びに便利なその機動力で勝負といったところでしょうか。


重さ920g、解像度800×480ドットの7インチ液晶ディスプレイというと筆者も愛用していたモバイルギアをワンサイズ大きくしたくらい。持ち運んで使用するといった用途なら最適ですから人気で品薄というのも頷けますね。


OSにはWindows XP Home Editionを採用。
スイッチを入れるとすぐに使えるモバギというわけにはいきませんが、このチョイスも唸らせられます。


サムネイルを貼り付けましたが、楽天経由では在庫もいくつかある模様。すぐに入手をお考えなら急いでください。
タグ:Eee PC
posted by media_aidem at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。