2007年12月27日

パソコンのディスプレイの主流は?

 IDC Japanは27日、2007年第3四半期の国内PCディスプレイ市場についての調査結果を発表した。これによると国内PCディスプレイの出荷台数は前年同期比8.2%減の約154万台となっている。販売価格については、スクエアタイプのディスプレイがパネル価格の高騰および供給不足により価格が上昇した一方、ワイドタイプの価格は引き続き低下しており、全体の販売金額は前年同期比6%減となった。

 サイズ別では17型が全体の40.7%を占めるが、前年同期との比較では9.9%減。企業向けも19型以上への移行が緩やかに進んでいる。全体の出荷に占めるワイド比率は26.1%で、そのうち19型ワイドが3分の1を占め主流となった。コンシューマー向け市場におけるワイド比率は70%を越えている。

 IDC が定義するノンバンドルマーケットにおける2007年第3四半期のベンダーシェア(出荷台数ベース)は三菱電機が首位を奪回し、アイ・オー・データ機器は 2位となった。3位にはナナオが入っている。また、バンドルマーケットにおけるベンダーシェアは1位がデル、2位がNEC、3位が富士通で、19型以下のスクエアパネル価格の高騰と供給不足でパネルを確保できたベンダーが売上を伸ばす結果となった。


http://news.livedoor.com/article/detail/3446043/

パソコン自体は既に発売されて10年以上経過している製品も使っています。とっても欲しくて入手したPowerBook1400がの筆頭です。ネットのコンテンツが動画主体になってしまい、スペック的にはかなり辛いですが、キーボードの操作感が軽快なので、テキスト処理が主になる作業なら、ためらいなく灯を入れます。


パソコンは元気なのですが、モニターはかなり買い換えています。
初めての自分のパソコンを購入してから約11年で2台のモニターが倉庫行きとなりました。ノートパソコンの液晶モニタやモニタ一体型iMacを除いて2台ですから、かなりの消費量です。


今使っているのはSONYのMultiscanというモデル。17インチのスクエアパネルですが動向としてはプライベートユースでも19インチ、しかもワイド型にシフトしている様子。


スプレッドシートを主に使うなら、作業領域が広がる分ワイド型がいいという話を聞いたことがあります。PhotoShopやGIMPで使うレイヤーなど”小窓”を多用するアプリケーションにもいいかもしれませんね。


以前知り合いのパソコンをセッティングの際、ワイドモニタにお目にかかりました。テレビとは違いパソコンモニタの場合至近距離で見ることになるので、かなり圧迫感があった記憶があります。


次のモニタを購入する頃は、はたしてどんなモノが主流になっているのでしょう。壊れるのはこまりますが、ちょっとだけ買い換えが楽しみだったり・・・。
posted by media_aidem at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年12月26日

直販のデルがさくらやと業務提携

 デル(ジム・メリット社長)とさくらや(深澤政和社長)は、デルのパソコン販売業務で提携を結んだと発表した。これを受け、12月22日より首都圏にあるさくらやのパソコン取扱店11店舗で、デルの個人向けパソコンの最新モデル合計3製品4機種の販売を開始した。

 デルでは、07年11月28日に発表した業務提携に基づき、12月初旬より九州地区を基盤とするベスト電器(有薗憲一社長)の直営店、フランチャイズ店、ネットショップにおける持ち帰り販売を全国規模で開始。今回、ベスト電器のグループ会社で、新宿地区を中心とした首都圏に強固な販売基盤を持つさくらやとの提携により、デル製品の販路を拡大するもの。

 さくらやで販売するモデルは、ノートPCでCeleron M 540、14.1インチワイド液晶搭載の「Inspiron 1420 ピュア・ホワイト」と、Core 2 Duo T7250、15.4インチワイド液晶を搭載した「Inspiron 1520 ピュア・ホワイト」の2製品。両モデルともWindows Vista Home Premiumを採用し、価格は「Inspiron 1420 ピュア・ホワイト」が12万9800円、「Inspiron 1520 ピュア・ホワイト」が14万9800円。

 デスクトップはスリムタイプの「Inspiron 530s」で、OSにWindows XP Home EditionとWindows Vista Home Premiumを採用した2モデルを用意する。価格はXP搭載モデルが11万9800円、Vista搭載モデルが14万9800円。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20364021,00.htm?ref=rss

デル株式会社
「2台目以降のパソコン購入ならBTOや直販に限る」と以前から力説をしております。まるでおまけのように付いてきて、一度も起動すらしたことのないアプリケーションがたくさんありますよね?


それならメモリを増やしたりビデオカードを1ランクあげたり欲しい機能を自分で追加できるBTOで購入を考えたほうが効果的です。ビジネスユースでDellのデスクトップマシンを使った経験があるのですが、頑丈でかなり好印象でした。ただ、直販だと触れて確かめるということができない店が玉に傷・・・せっかく優秀なのにと思っていたので、さくらやとの業務提携はかなりプラスになるのではないでしょうか。


さくらや店頭で扱う商品は、現在のところノート型2種類とデスクトップ1種類。さくらやで触れて通販で購入というのもひとつの手段なので、おおいに活用しましょう。
posted by media_aidem at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年12月25日

次世代のFirefoxアドオン Weave

 Mozilla Labsは米国時間12月21日、「Weave」と呼ばれる新しいオンラインサービスを開始した。Weaveの概念は、ブックマーク、パスワードといったすべての個人情報を「Firefox」経由で「Mozilla」アカウントに同期するというものだ。

 Mozilla LabsのゼネラルマネージャーであるChris Beard氏は自身のブログで、Weaveの目的を次のように説明している。

* Mozillaがホスティングするオプションのオンラインサービスの基本的なセットを提供する。
* ユーザーが無償で入手できるオープンスタンダードをベースにしたツールを使用して独自のサービスを簡単にセットアップできるようにする。
* ユーザーがデータを家族、友人、第三者と共有するか否か、共有するとしたらどのように共有するかを完全にコントロールしてカスタマイズできるようにする。
* 個人のプライバシーを尊重する(例えば、アクセス権を委任する能力を備えたクライアント側の暗号化機能を初期設定で装備する)。
* 既存のオープンスタンダードを活用し、必要に応じて新しいオープンスタンダードを提案する。
* Firefoxのような拡張性のあるアーキテクチャを構築する。

 Mozillaがサービス分野に進出するのを見るのは興味深いが、これ重要な取り組みなのかどうかは筆者にはまだ分からない。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20363910,00.htm?ref=rss

ウェブブラウザはFirefoxを愛用しています。
Firefoxはアドオンを選択してインストールすることにより、自分の使いやすいようにカスタマイズできるのが売りです。筆者の場合、アドオンのひとつとしてGoogleツールバーを使っています。このツールバーなかなか賢くて、GMailにアクセスできたりYouTubeの動画を検索できたりとかなり使えます。


ツールバーの機能のひとつとしてブックマークがあり、GoogleのIDでログインしていればどの環境からでもFirefoxとGoogleツールバーがあればアクセスができます。


元記事で扱っているのは、Firefox + Googleツールバーで実現できる機能を拡張したものと言えることができるようです。今まではシステムをいじるときにエクスポートして退避させていたパスワードも同期することができる点は非常に使い勝手が上がるのではないかという気がしてます。


WeaveはFirefox3に対応する次世代のサービス。
元記事のWeaveのリンクをたどればわかると思いますが、今のところ英語のページのみ用意されています。実際に、利用するのはFirefox3のリリース後になるのでしょうか。


先日記事執筆のためにダウンロードしたFirefox 3 beta 2にインストールしてみるのもいいかもしれませんね。とにかくFirefox3がますます待ち遠しくなりました。
タグ:Weave
posted by media_aidem at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。