2007年10月29日

Leopardなのに「ブルースクリーン」?

 Appleは、Mac OS X「Leopard」へアップグレードすると、際限なく「ブルースクリーン」が表示されてしまい、一部のMacユーザーが多大のストレスを抱えている問題について報告し、米国時間10月27日から28日にかけて、同社サイト上にサポートドキュメントを公開した。

 一部ユーザーのLeopardへのアップグレードは、ほぼインストールプロセスが完了し、マシンを再起動しようとする時点で中断されてしまう。Appleのディスカッションフォーラムには、最初の起動画面でMacがフリーズしてしまう問題に関する長大なスレッドができている。偶然だが、それはブルースクリーンになっているため、Windowsのクラッシュ時の悪名高い「死のブルースクリーン」になぞらえられている。

 Appleは、この問題が「アプリケーションエンハンスメントソフトウェア」に関連して生じていると伝えており、Computerworldの一記事は、Unsanityの「APE」ソフトウェアが、大半のクレームの原因であると明らかにしている。Unsanityは、MacユーザーがMac OSの見た目を自由にカスタマイズ可能にするソフトウェアを開発している。あるUnsanityの関係者は、Computerworldに対して、 AppleがIntel製チップに移行する前に出荷された旧バージョンのAPEが使用されている場合にのみ生じている問題であると語った。

 しかしながら、Appleのサポートフォーラムでは、APEのソフトウェアを全くインストールしたことがないMacユーザーからも障害が報告されており、サードパーティー製のエンハンスメントソフトウェアのみが原因ではないようだ。Appleは、アップグレードを考えているLeopardの購入者に対して、2つの対策を推奨している。まだ経験の浅いユーザーには「Archive and Install」機能を用いた、Leopardの再インストールが推奨される。もう少しMacを使いこなしているユーザーには、アプリケーションエンハンスメントソフトウェアをアンインストールするコマンドラインの使用など、別の方法を何度か試みてみるように勧められている。

 こうした推奨方法を試しても、依然としてアップグレードを完了できない場合は、引き続きAppleのサポートページのディスカッションフォーラムをチェックするようにお勧めする。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20359785,00.htm?ref=rss

Mac OS X Leopardへのアップデートで障害が出るようです。
その対処法についても、「まだ経験の浅いユーザ」とか「もう少しMacを使いこなしているユーザ」といった明確なモノサシがない状態。


Linuxに移行した立場から勝手に言わせてもらえば、ちょっとはコマンドに慣れた方がいいよという感じでしょうか。もちろんLeopardの新しくて斬新なGUIに対してのやっかみが100%ですが・・・。


まぁAppleのことですから、速やかに対処法がアナウンスされることでしょう。それまでは自分なりにコマンドラインで格闘してみてくださいな。
posted by media_aidem at 17:19 | Comment(1) | TrackBack(1) | IT関連

2007年10月26日

初音ミクを“調教”できるブログパーツ登場

 ロケットスタートは10月25日、自分のブログ上でバーチャル・シンガー「初音ミク」が踊るアニメーションを表示できるブログパーツ「踊る初音ミク」のサービスを開始した。

 初音ミクはクリプトン・フューチャー・メディアが、インターネット上のバーチャル・シンガーとして提供しているキャラクター。今回の踊る初音ミクは、FLASH技術により、ユーザーからインタラクティブに操作ができるブログパーツとして配布を開始した。

 ブログなどに貼り付けられた起動ボタンのクリックにより、画面中央にアニメーションを表示することが可能。「口パクで踊る」「口を閉じて踊る」など、ユーザーの思い通りに振り付けができる“調教”機能を搭載。バックミュージックを複数の中から選べる機能も搭載している。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20359559,00.htm?ref=rss


これから流行るモノを集めたランキングページを見たりすると、グングンと上位にあがってきている”バーチャル・シンガー『初音ミク』”。YouTubeやニコニコ動画にもたくさんのコンテンツがアップロードされていました。

実際は、ソフトを購入して遣うんですけど、手っ取り早く試してみたいという方には便利なブログパーツとなっています。JavaScriptをオンにしてからクリックしてみてください。


posted by media_aidem at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

デルの新しいXPSはiMac似?

 DellがついにオールインワンPC市場に参入する計画のようだ。米連邦通信委員会(FCC)が米国時間10月24日朝に掲載した情報から明らかになった(PC JointとGizmodoもすでに報じている)。

 Dellの「XPS One A2010」は、Gatewayの「Gateway One」やソニーの「VAIO LT19U」、Hewlett-Packard(HP)の「HP TouchSmart」に続いてAppleの「iMac」に対抗する液晶一体型オールインワンWindows PCに加わることになる。

 報道によると、DellはBlu-ray Disc書き込みに対応したドライブ、802.11n無線LAN、Bluetooth、テレビチューナーのオプションを用意される予定。Gateway Oneなどメインストリーム寄りではなく、VAIOなどハイエンド向けの市場を狙っている。これらの仕様を考慮すると価格は新機種のデスクトップPC 「XPS 420 Desktop」と同程度の1500〜2500ドル(オプションにより変動)と予測されるが、小型筐体の放熱管理と省スペース化のためにコストがかさみ、さらに高価格になる可能性もある。

 すでに述べたように、Dellが報道されているスペックでこのシステムを発売すると仮定すると、ほかの大手デスクトップPC製造業者もこぞって手ごろな価格のオールインワンPCを出してくると考えられる。特に格安なPCを探しているわけでもなく、ゲーマーでもなく、さらにビデオ編集もやらないなら、これらのPCにはユーザーが必要とするあらゆる機能がそろっているように思える。すると再び、これまでのミッドレンジのデスクトップPCの目的は何なのだろうという疑問がわいてくる。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20359540,00.htm?ref=rss

デル株式会社
オールインワンPCというとAppleの独壇場という気がしていましたが、最近はいろんなメーカーがこぞって参入してきているようであります。


スペック云々よりも省スペース化ができて、ノートパソコンでは実現できない大画面が使えるのですから需要があるのでしょうね。デルのサイトでデスクトップパソコンを見るとエントリーモデルが約7万から、プレミアムモデルでも約10万からという価格帯でした。


実際にはどのくらいの価格で発売するのかが、売れ行きのカギを握りそうな気がします。
posted by media_aidem at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。