2007年10月04日

Windows Vista Servive Pack 1で変わること

 もし「Windows Vista Servive Pack 1(SP1)」が出るまで「Windows Vista」に移行するのを待とうと思っている人がいるとすれば、Microsoftの話をきく限り、その必要はない。

 MicrosoftのWindows担当シニアプロダクトマネージャーであるPete McKiernan氏がCNET News.comに語ったところによると、サービスパックの目的の1つは、リリース済みのパッチすべてを1つのパッケージに収めることであるという。 Windows Vista SP1にもこれが当てはまり、それ以外にホームユーザーに提供される機能はほとんどない予定だ。

 大きく騒がれた「Windows XP SP2」のリリース時とは異なり、Windows Vista SP1には「Internet Explorer」の新バージョンは含まれず、絶対に必要だと思われる新しい機能も含まれない予定である。Windows Vista SP1における拡張のほとんどは、内部的なものであり、企業ユーザー向けである。つまり、Windows Vista SP1には特出した機能はない。

 Microsoftは現在、Windows Vista SP1を世界中の約1万2000台のマシン上でベータテスト中である。ベータテストに参加するユーザーは今後さらに増える予定だ。しかしその数は、 2006年にWindows Vistaが製造工程向けにリリース(RTM)されるまでのテスター数推定500万人には達しないと思われる。

 われわれが驚いた点は、Microsoftがこのサービスパックに関しては非常に控えめであるという点である。それはなぜだろうか? Windows Vistaには自動アップデート機能があるため、ほとんどのユーザーにとってWindows Vista SP1のリリースは画期的なイベントにはならないのである。CNETが入手したレビュー用コピーを試したところ、新しくWindows VistaをインストールしたばかりのマシンにSP1をインストールするのに約2時間かかることがわかった。その理由の1つは、アップグレードの前に、さまざまなパッチやアップデートをインストールしてOSを最新の状態にしなければならなかったためである。(後略)


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20357942,00.htm

サービスパックと聞くと、マイナーアップデートしてより使い勝手が上がるようなイメージがあったのですが、Windows Vista Servive Pack 1には、マイナーアップデートは含まれない様子ですね。


Vistaのリリース当初から様子を見つつ、サービスパックが出るのを待ち望んでいた待機ユーザにとってはちょっと腰砕けの様相になりそうであります。


筆者も「Vistaはどうなの?買い換えた方がいいの?」などという質問を何度か受けて、その都度「とりあえずSP1のリリースを待った方が懸命ですよ」という答えをしていたのですが・・・。


気になってVistaが登場してから発見された脆弱性を調べてみると、それほど数が多くないような印象を受けました。Windows Vista Servive Pack 1で変わることはほとんどない・・・。これが買い換え促進につながるのでしょうか、ちょっと疑問です。
posted by media_aidem at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年10月02日

Office Live Workspace グダグダのまま発表

 Microsoftは、Googleのウェブアプリケーション「Google Docs & Spreadsheets」への対抗策を発表した。これまで手がけていた事業が次々とオンライン化していく状況に、同社が脅威を感じていることを示す明らかな兆候の1つだ。

 Microsoftは米国時間9月30日、「Office Live Workspace」を発表した。これは、Officeドキュメントをオンラインで閲覧、共有、保存できる(ただし、編集はできない)無料のオンラインツールだ(これまでの「Office Live」は「Office Live Small Business」に改称される)。といっても、まだ完全に準備が整ったというわけではない。2007年中に開始を予定しているベータテストプログラム参加の受け付けが、10月1日から始まるだけだ。(後略)


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20357713,00.htm?ref=rss

無料のオフィスアプリケーションへの対抗策として発表されたOffice Live Workspace。


編集については、ダウンロードしてMS-Officeでやれってことでしょうか。でもデスクトップアプリでもオープンソースのOpenOfficeがありますから、うかうかできないところですな。


しかも正式リリースどころかベータテスト参加募集なんて、かなりグダグダの状態での発表となった模様。他にもIBMのLotus SymphonyやAdobeのワープロソフトなど追随どころか、先にリリースされちゃってますけど。


Linuxを中心に使っているせいでしょうか、近頃アプリケーションを購入したという記憶がありません。こんなユーザが増えることはソフトウェア会社としては死活問題なのでしょうね。


アンチMSでもあるので、尻に火がついた様子を眺めているのはとても愉快です。
posted by media_aidem at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年10月01日

ゲームにハマるしくみ

 「日本は八百万(やおよろず)の神がいると言われるように多神教の国で、ゲームの世界にも神様が何人かいる。そのうちの2人がここにいる」――東京大学大学院情報学環教授で、日本デジタルゲーム学会会長、DiGRA 2007組織委員会委員長の馬場章氏がこう紹介するのが、任天堂のファミリーコンピュータの生みの親である上村雅之氏と、ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)の「パックマン」を生み出した岩谷徹氏だ。

 この2人の対談が、9月28日に開催されたゲーム研究の国際的・学際的交流を図るためのカンファレンス「DiGRA 2007」において実現した。ここでは、岩谷氏の話を紹介する。 (後略)


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20357582,00.htm

パックマン
日米のゲームに対する設定の違いやゲームにハマるしくみが、理解しやすいように書かれた記事です。


幼少の頃、まわりの友達と同じようにパックマンに夢中になった世代なので、なんだかくすぐったいような開発者の手中にいたあの頃がちょっとだけ恥ずかしいような不思議な気分がしました。


プレステやWiiを購入してまでゲームに没頭する気にはなれませんが、パックマンはいまでもたまにやっていたり・・・。シンプルだけどグッとつかまれて虜にさせてくれるゲームの登場を願っています。


posted by media_aidem at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。