2007年08月25日

ライブドアHD、「弥生」を売却

 ライブドアホールディングス(ライブドアHD)は8月24日、100%子会社の弥生を売却することを発表した。MBKパートナーズが運用するファンド「MBK PARTNERS, L.P.」が全額出資する特別目的会社のMBKP1に対して、保有する弥生株をすべて譲渡する。売却金額は710億円で、株式譲渡の完了日は9月28日を予定している。

 ライブドアHDではインターネット事業に注力する方針を掲げており、ノンコア事業については整理を進めていた。弥生は企業向けに会計ソフトなどを開発、販売している企業で、業績も安定していることから多くの買収打診があったという。ライブドアHDでは国内外の買い手候補に打診し、数回のオークションを経て「最良の条件を提示した」(ライブドアHD)MBKパートナーズを譲渡先に決めた。

 なお、ライブドアHDはこの株式譲渡に先立ち、弥生から特別配当として30億円を受け取る予定。MBKパートナーズへの譲渡額はこの特別配当の実施を前提とした金額という。ファイナンシャルアドバイザーはUBS証券が務めている。

 弥生の2006年9月期における業績は売上高が87億4612万円、営業利益が37億3807万円で過去最高益となった。ライブドアHDの業績に占める割合は売上高の6.3%だが、利益面では大きな柱の1つとなっていた。

 弥生は2004年12月にライブドアの完全子会社となった。現在ライブドアHDの代表取締役社長を務める平松庚三氏も弥生の出身だ。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20355083,00.htm?ref=rss

初めて”弥生”を手にしたとき、パッケージには「インテュイット」の社名がありました。その後「弥生株式会社」と社名を変更し、ライブドアの子会社になったかと思ったら、今度はMBK パートナーズですか・・・。


弥生株式会社からの発表では、経営陣や従業員に変更はないとのことなのでとりあえず一安心ですが、過去にユーザ情報が流出したり弥生会計にログイン情報が漏洩する脆弱性がみつかったりと、なんだかまた周辺がざわついているような印象を受けます。


個人的に使っているアプリケーションの中ではかなり優良な部類に位置するので、できればこんなざわつきはなくなって欲しいです。
posted by media_aidem at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年08月22日

ついにYouTubeに新広告フォーマット

 GoogleがついにYouTube向けの広告フォーマットを展開する。これは、以前に他社が挑戦しては失敗してきた広告分野でもある。

 米国時間8月21日の発表によれば、Google傘下のYouTubeが取り扱う広告の手法は、テレビ放送局が長年採用してきたモデルに似たものになるという。テレビ視聴者は、番組を見ているときに、スクリーンの下の方にDavid Letterman(米国のコメディアン)などの有名人がプロモーションのために現れても驚かない。YouTubeではこれに似た手法が採用された。

 Flashアニメーションで作られたYouTubeのミニコマーシャルは、ビデオの下の方に透けるように表示され、10秒間で消える。広告が表示されると、ユーザーはこれをクリックし、再生中の動画を一時停止することができる。その後ユーザーは「プレーヤー内プレーヤー」に誘導され、広告主のコンテンツに接することができる仕組みだ。広告の外部をクリックすれば、ビデオ再生がまた始まる。

 Googleによれば、YouTube向けの新広告フォーマットのテストは、少数の広告主を対象に既に始まっているという。

 動画広告と言えばこれまで、動画本体の前か後ろに付けるという2つの選択肢しかないと考えられてきたが、ウェブ広告で地位を築き上げてきたGoogleはこの殻を打ち破ろうとしている。

 新しいコマーシャルは22日より登場する。アナリストたちは、このたびの動きについて、Googleがついに約束を実現したと口を揃える。 Googleはこれまでずっと、利用者の動画視聴エクスペリエンスが損なわれないとの確証が得られない限り、広告フォーマットをローンチして広告主に YouTubeを利用する1億3000万人に露出する機会を与えるようなことはしないと述べてきた。

 Jupiter ResearchのアナリストJoe Laszlo氏は「これは、視聴者に広告を提供する方法としては控えめである。非常に配慮のある手法だ。視聴者離れを防ぐには、彼らにとって邪魔にならないオーバーレイを作り、希望に応じてこれを取り除けるようにしなければならない」と述べる。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20354891,00.htm?ref=rss

YouTubeへ飛んでいくつか動画を閲覧してみましたが、引用文にあるような広告にはあたりませんでした。実際に文字で理解するよりも現物の広告フォーマットを体感したほうが早いと感じたのですが。


他社が挑戦しては失敗してきたという広告スタイル。
満を持してYouTubeに投入しましたが、良くも悪くも結果が出るのはしばらく先の話でしょう。

さて、どうなりますやら。
タグ:google YouTube
posted by media_aidem at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年08月21日

オープンソースとパッケージソフト

 Adobe Systemsはこれまで、いくつかの製品にオープンソースソフトウェアを採用してきたが、同社の主力製品である「Creative Suite」シリーズは今後もプロプライエタリのままとなりそうだ。

 Adobeのクリエイティブ製品担当幹部のJohn Loiacono氏は、米国時間8月19日付けのブログへの投稿の中で、オープンソース製品について歯に衣着せぬ率直な意見を述べた。オープンソース製品は無料で入手可能である一方、クリエイティブプロらが時間の浪費を余儀なくされるという欠点がある。この点についてLoiacono氏は、書き込みの最後で「時は金なり」と述べている。また同氏は、Eric Vreeland氏のブログへの投稿にリンクを張っている。Vreeland 氏はその中で次のように述べている。「最近、あるオープンソースソフトウェアをインストールしたが、そのソフトのデバッグに膨大な空き時間を浪費した。費やした時間を時給換算すると、同等の商用ソフトウェアのカタログ価格を上回る、かなりの金額になる」Vreeland氏は2500ドルのCreative Suite Master Collectionを選んだ。同製品には、Photoshop、Premiere、Illustratorなど、12種類のAdobe製品がバンドルされている。

 Loiacono氏は、Sun Microsystemsのソフトウェア担当幹部として成し遂げたオープンソース分野での実績についてもきちんと述べている。同氏は、Sunの Solaris OSをオープンソースソフトウェアとしてリリースする業務の大半を監督した。しかし、今回のケースでは、Loiacono氏の論理はやや安定性を欠いている。

 Loiacono氏は、「言うまでもなく、私はAdobeのクリエイティブ製品戦略にオープンソースが必要か考えた。しかし、設計者らが必要としているのは、強固に統合されたワークフローと細かい設定なしにすぐに得られる高い信頼性だ。よって、真に重要な問題はユーザーにどのような影響があるかという点だ」と述べた上で、次のように結論付けた。「オープンソースソフトウェアは完璧なソリューションとなりうる。ただ、すべての物に適しているわけではない。また、すべての人に適しているわけでもない。例えば、締め切りに追われている、あるいは統合より革新を好む多くのクリエイティブプロらには向かない」

 物事をユーザーの視点から見るのは結構だが、今回のケースでは、それでは誤った二項対立につながる。Loiacono氏は、InkscapeやGimpなどのオープンソース製品は検討の対象から外しているようだ。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20354837,00.htm?ref=rss

個人的にはオープンソースの恩恵をたくさん受けているので、ちょっと見逃せないなと思い取り上げました。


元々はマカなわたくし。Photoshopはバージョン5の頃から、Illustratorにはバージョン8の頃から触れています。それでも今はPhotoshopよりもGimpを分野は違いますがExcelよりもOpenOfficeを愛用していますし、また知り合いにも薦めています。なぜなら出来上がりの違いに遜色がないから


どこかのオープンオフィスプロジェクトに参加したなら、デバックに費やした時間を云々いったりしないだろうし(Eric Vreeland氏)、第一高額なパッケージを揃えなくても同等の完成物ができるのならそんなコストははなからかける必要性も感じません。


パッケージソフトとオープンソースの差が、なにかしら明確につけばパッケージソフトに手を伸ばしますが、今はこの差を感じることができません。サポート?そんなものにアドバンテージがあると思っているんなら、ターゲットは初心者だけになっちゃいますよ。
タグ:Photoshop GIMP
posted by media_aidem at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。