2007年08月09日

アップデートではなく初期不良の対処

 Microsoftが、「Windows Vista」向けの2件のフィックスをウェブサイトで密かにリリースした。同社はまだこれらを「Windows Update」経由ではWindows Vistaユーザーに提供していない。また、これら2つのパッチは、Microsoftが開発している「Windows Vista SP1」のリリースと関係しているといううわさも流れているが、これについてMicrosoftはコメントを避けている。

 片方のパッチ「KB938979」はパフォーマンスアップデート。このアップデートは、キヤノン製「EOS 1D」および「EOS 1Ds」のRAWデータ写真を編集できない問題をはじめ、メディアや写真関連のさまざまな問題に対処している。

 もう1つのパッチもメディア関連のものだが、こちらの「KB938194」は、プリントスプーラに関連した不具合や、Point-to-Point Protocol(PPP)接続中にWindows Vistaマシンがスリープしたときに発生する問題にも対処する。

 Microsoftのある関係者はCNETへの電子メールのなかで、「2つのアップデート(KB938194およびKB938979)は、 Microsoftのダウンロードセンターから既に入手可能となっており、近い将来はWindows Updateからも入手可能になる」としている。この「近い将来」については、次の月例パッチ公開日の8月14日を指すとの意見が大半を占める。

 MicrosoftはWindows Vista SP1について、「Windows Vistaの発売以来、対応するデバイスや、互換性のあるアプリケーションを拡大するべく、パートナーと作業を進めてきた」と述べたものの、それ以外についてはコメントしていない。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20354443,00.htm?ref=rss

引用した記事を一読していただければわかるとおり、これではアップデートではなく初期不良の対処。パッチなんて呼んでいますが、製品として出荷する時点で備えていなければならない部分のように感じます。

例えばLinuxを個人的に導入したとして、それまで使っていた手持ちの周辺機器が動かなければディストリビュータの対応を待ったり、ユーザフォーラムなどで質問をすると思います。ケースとして有償でサポートを受けているわけではないですから。

でもWindows Vistaって買っているんですよね?
それなのに対応してなくて動かないってどういうこと!?と考えるのはおかしいでしょうか。その初期不良に対処したことすら大々的にアナウンスしないって変だと思いませんか。

こんなおかしなニュースが流れるたびに、Microsoftへの不信感はどんどん膨らみます。
タグ:Windows Vista
posted by media_aidem at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

新型iMac&MacminiとLeopardのジレンマ

 最近になって、Windowsマシンの主要メーカーは、揃ってデスクトップPCのデザイン改良を行った。だが、米国時間8月7日に発表された新デザインの「iMac」を見ると、Appleはライバル各社をさらに突き放したと言えるだろう。スリムでスマートになったiMac、なかでも新しいキーボードは、Dell、Gateway、Hewlett-Packard(HP)、ソニーから2007年に登場したどのPCと比べても、実にすっきりした外観を誇っている。

 だが、見た目はもちろんだが、価格も重要だ。Appleは今回の新型iMacで、競合他社を価格面でしのぐというこれまでの定評を、悪い意味で覆してしまったようだ。使用されているコンポーネントごとに比較すると、特にDellやGatewayが提供している構成は、Appleの新ラインアップに価格面で勝っているはずだ。ただし、そうした従来型のWindowsマシンは、見た目の美しさでiMacに数歩遅れをとっており、さらに、iMacに付属する強力なソフトウェアスイート「iLife '08」が付いてこない。iLife '08の機能を考えれば、Windowsマシンの価格優位性は無に帰してしまう。

 また、さまざまな仮想化アプリケーションやAppleによる「Boot Camp」の登場で、Macを選ぶとAppleのエコシステムに閉じこめられるという主張も通らなくなった。新しいiMacもオールインワン設計で、ハードウェアの拡張性が乏しいという問題を解決できていないが、これが主流のコンピュータ購入層の多くに影響することはまずないだろうと、われわれは考える。むしろ気になるのは、2007年秋に登場が予定されている同社の新OS、Mac OS X「Leopard」へのアップグレードがどうなるかということだ。新OSへのアップグレード時に、新しいMac所有者やすでにMacを持っている人は新たにOS購入費用が必要になるのか、Appleは明らかにしていない。この点が、今の段階で新しくMacを購入することに二の足を踏ませる要因になるだろう。あと数カ月待てば、数カ月待てばOSのアップグレードにかかる129ドルを節約できる可能性があるとわかっているからだ。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20354410,00.htm?ref=rss

Apple Store(Japan)
新型iMacの登場はユーザにとってとてもうれしいニュースですが、ソフトウェアとハードウェアのどちらも手がけるAppleにするとLeopard発表が予定されている10月までのタイムラグは苦渋の選択になるのかもしれません。

当初のタイムスケジュールでは、春にLeopardを発表。新入学シーズンにLeopardを搭載した新型のiMacとMacminiを投入という青写真を用意していたのでしょうけれど、iPhoneを優先させたツケがまわってきてしまった感がありますね。

パソコンはソフトもハードも速い速度で進化していますから、「欲しいときが買いどき」と良く表現されます。Appleのサイトや店頭で欲しくなったならきっとそれが買いどきなのだと腹を括りましょう。
タグ:apple 新型iMac
posted by media_aidem at 16:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年08月07日

今日は新型iMacのエックスデー?

 Appleは米国時間8月7日のイベントで新しいiMacを発表すると見られるが、「.Mac」サービスのアップグレードも密かに予定している可能性がある。

 Mac Rumorsは、 Appleの.Macサービスが太平洋夏時間午前10時から12時までメンテナンスに入ると報じている。ちょうどその時間帯に、カリフォルニア州クパチーノにあるApple本社では「製品のプレゼンテーション」が行われる。(太平洋夏時間午後2時47分更新:10時から12時までの間ずっとサービスの停止が続くわけではない)。.Macは、電子メールアクセス、データストレージ、ウェブパブリッシングツールなどを年間99ドルで提供するサービスである。 Appleは7日のイベントをMacに焦点を当てたものだとしているが、だからといって、.Macのアップグレードを同時発表される可能性は否めない。

 Intelへの移行や「iPhone」など、ここ数年でAppleが行った多くの事柄に隠れて、.Macサービスは影が薄くなってしまった。同社の最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏は、2007年に入ってから2度、株主総会と、The Wall Street JournalのWalt Mossberg氏によるD: All Things Digitalカンファレンスのインタビューで、.Macに埃が積もりつつあることを認めている。

 Appleは新製品発表直前にオンラインストアを停止するのが常である。7日のクパチーノでは、新iMacのデビューなどが予想される。新機能追加のために.Macサービスのメンテナンスが必要になった、ということも考えられる。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20354252,00.htm?ref=rss

日本時間8月7日16時現在、アップルのトップページはいまだにLeopardの表示(ちなみにApple本家のトップページはiPhone)になっています。今日が近づくにつれて高まってきている新型iMacの噂ですが、まだ明らかにされていないようです。

新型iMac。スペックはともかく、発表されるとしたらどんな形なんでしょう?ちょっと緊張しちゃいますね。
タグ:leopard iMac
posted by media_aidem at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。