2007年07月14日

Cloud OS アナウンスのタイミング

 デンバー発--Microsoftは今週、基盤インターネットサービスのほぼすべてのシリーズを開発者に公開する計画の初期段階にあることを明らかにした。

 Microsoftは、メールやインスタントメッセージングなどの既存サービスの公開に加え、開発者が基盤にするストレージやアラートといった核となるインフラサービスの構築も行っていく。これは「Cloud OS」と呼ばれていた機能セットだが、Microsoftは公の場でこの名称を使いたがらない。

 Windows LiveのゼネラルマネージャーBrian Hall氏は、「Cloud OSだとネット上でしか動作しないように聞こえるため、Cloudセントリックといった方がおそらく聞こえがよい。大量のデータ、多数のアプリ、多くの興味深いものは末端にある。これらはPC上、Xbox上、そして携帯電話上にある」と語っている。

 だが、専門用語を巡る理屈はさておき、Microsoftは今週、同社がインターネット上でも今日のデスクトップ上と同じ役割を果たす、つまり、自社開発アプリケーションや、開発者が製品開発に利用する基盤部品やツールを提供していきたい考えを明確にした。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)、Steve Ballmer氏は、当地で開催中のWorldwide Partner Conferenceでパートナー向けに講演し、開発者プラットフォームの最初のバージョンに関する情報を2007年中に開発者に伝えることを約束した。その部品のいくつかは現在ベータテスト中。Hall氏は、Windows Liveや基盤のインフラを支える技術の大半について、Microsoftがオープン化を目指しているとするメッセージを繰り返し伝えた。

 Hall氏は聴衆に向かい、「われわれのものは、みなさんのものだ」と語りかけた。 (後略)


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20352753,00.htm?ref=rss

Googleのたどった道をいまさらながら”天下のMicrosoft”がトレースすることを声高に発表している・・・うがった見方をしなくても、ただそれだけのことを何をおおげさに言ってんだかというのが正直な意見であります。

Web2.0では完全に出遅れ、Google躍進をアシストする形になり(アシストしなくても今のように躍進していたでしょうけれど)、近頃ではプログラマーがアプリケーション開発のプラットフォームをWindows環境からLinux環境へとシフトする自体。

尻に火がついてようやくオープン化したように見えてしまうのは、仕方がないことのように感じてしまいます。今後どのように発展するのか、しっかり見てみたいですね。
タグ:Cloud OS
posted by media_aidem at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年07月13日

Ubuntuから派生 Gobuntuリリース!

 Canonicalは、Ubuntu Linuxソフトウェアからプロプライエタリなソフトウェアを除外した「Gobuntu」の最初のテストバージョンをリリースした。

 Canonicalの最高経営責任者(CEO)であるMark Shuttleworth氏はブログで今週、このバージョンがリリースされたことを明らかにした。Gobuntuのテストバージョンは、10月にリリースされるUbuntuの「Gutsy Gibbon」バージョンに基づいており、Ubuntuのウェブサイトからダウンロードすることができる。

 通常のUbuntuには、3Dグラフィックの描画速度を高速化するビデオドライバといったプロプライエタリなソフトウェアが含まれている。 Shuttleworth氏はプログラマーらに対して、Gobuntuが1バージョンとして独自の地位を築けるよう手を貸してもらいたいと呼びかけていた。

 「これは、ファームウェアやコンテンツ、オーサリングインフラを含めた、コンテンツとコードの自由が持つ限界を押し上げることに興味を持っている開発者への呼びかけだ。チームに加わり、Gobuntuに存在すべきではない、標準のUbuntuビルドから切り出すべき部分を特定することに手を貸してほしい」(Shuttleworth氏)


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20352705,00.htm?ref=rss

半年毎にリリースをするUbuntu Linux。現行の7.04(Feisty Fawn)ではデスクトップ用途として使うのに256MBのメモリと3GBのハードディスク(インストール時)が必要です。

Windows98では64MB、MEは128MBの搭載メモリのモデルがゴロゴロありますから、Microsoftのサポートが切れた古いPCにLinuxを載せて再生するといった使いかたにはあまり適していないのかもしれません。

もちろんメモリの搭載量が少ないPC用にUbuntuをインストールするために、Alternate版が用意されていますがテキストインストールで、ちょっと前のLinuxをインストールするには敷居が高かったころを思い出させます。

それらのことを考えあわせるとUbuntu Linuxを使ってみたい潜在ユーザはGobuntuに期待を寄せるのではないでしょうか。個人的にこの試みには大いに期待をしています。
タグ:ubuntu Gobuntu Linux
posted by media_aidem at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年07月12日

ソースネクスト "ZEROシリーズ"第3段は「筆王ZERO」


icon
icon
 ソースネクストは7月9日、はがき作成ソフト「筆王ZERO」を2007年9月7日に4980円で発売すると発表した。

 「筆王ZERO」は、同社が2006年7月に発売したウイルス対策ソフト「ウイルスセキュリティZERO」、2007年6月29日に発売した携帯電話メモリ編集ソフト「携快電話ZERO」に続く「ZERO」シリーズの第3弾となる。
松田憲幸氏 「筆王ZERO」を披露するソースネクスト社長の松田憲幸氏。

 ソースネクスト、代表取締役社長の松田憲幸氏は、ZEROシリーズの第1弾となった「ウイルスセキュリティZERO」のユーザー数が2007年7 月現在で370万人となり、セキュリティソフトパッケージのベンダー別本数シェアにおいて、当初の目標としていた35%を6月の段階で突破したことを報告した。

 今回発表された「筆王ZERO」は、前出の2製品と同様、マイクロソフトによるWindowsの公式サポート期間中(Windows Vistaであれば2017年まで)であれば、データアップデートおよびバージョンアップを無料で受けられる。筆王ZEROにおいては、イラストデータ、郵便番号、電話番号辞書、フォントなどがネットを通じて無料で更新できる。

 松田氏は、同社が行ったアンケートに基づいて、はがき作成ソフトのマーケットは約3000万世帯あると試算。一方で、年間に売れているパッケージソフトは約100万本であると指摘した。同社が行ったユーザーアンケートによる「はがき作成ソフトを買い換える(バージョンアップする)理由」としては、「新しい干支のイラスト・素材が欲しい」が67.0%、「市町村合併などの新しい住所データが欲しい」が33.8%と高い割合を占めたとし、これらの更新が無料で行える筆王ZEROは、「パッケージソフトの市場をさらに拡大するもの」(松田氏)であるとした。

 ソースネクストでは、今後もZEROシリーズの製品ジャンルを拡大し、同シリーズで年間100億円の売上を目指すという。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20352565,00.htm?ref=rss

ウイルスセキュリティZEROicon携快電話ZEROiconと発売してきたソースネクストは「ZEROシリーズ」の第3段として、筆王®ZEROiconのリリースを発表しました。

今後も「ZEROシリーズ」を増やしていくようで、ユーザにとっては低価格でランニングコストのかからないソフトウェアが増えるのは歓迎ですね。ちなみにソースネクストで販売しているソフトウェアのランキングがありましたので、ご紹介します。


  • 1位 ウイルスセキュリティZERO
  • 2位 ゼンリンデータコム デジタル全国地図
  • 3位 速PACK 2007
  • 4位 Paintgraphic 2 PACK
  • 5位 ホームページ・ビルダー 11 半額キャンペーン版

この売れ筋商品からZEROシリーズが生まれるのか、それともその他豊富な商品郡の中からなのか、いまのところはわかりませんが、第4段を楽しみに待ちましょう。

などと書いてみましたが、わたくし個人的には年賀状ソフトは推奨しておりません。(→参照ページ
パソコンは使うけれど、できるだけ手作り感を大切に宛名以外はグラフィックソフトでと考えています。下手に年賀状作成ソフトを使って誰かの年賀状とかぶるのもかっこ悪いし、なにより自作すればオリジナルですから。

宛名面はプリンターメーカーのサイトからダウンロードしたものを使うとコストもかかりませんからお得です。って年賀状の話をするにはかなり時期が早いですな。

【関連ページ】

SOURCENEXT
posted by media_aidem at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。