2007年07月04日

LinuxベースのPalm OS、リリース順延

 Palmは先週、Linuxベースの「Palm OS」は2008年までリリースできないという見通しを明らかにした。

 Brighthandによると、2007年中にリリースされるだろうというこれまでの予想からずれこむことになるという。Palmは4月、ACCESS(旧PalmSource)で同様のプロジェクトが進行中であるなか、LinuxベースのPalm OSを自社開発していると発表していた。

 Palm OS(現在は「Garnet OS」)は、「Windows Mobile」を始めとする新しいモバイルOSや話題のiPhoneなどと比較すると、かなり古くなっているように見える。Palmは、旧Palm OS用アプリケーションのサポートを維持しつつGarnet OSとLinuxコアを融合させたい意向だが、プロジェクトには予想よりも時間がかかるようだ。

 これによりPalmは、iPhoneなどの競合製品に、何年もアップデートされていないGarnet OSで対抗しつづけることになる。Windows Mobile搭載機器も提供するPalmは、iPhoneに関する懸念を認め、iPhoneの盛り上がりの影響で2007年第3四半期に損失が出る可能性があるとして、先週出資者に予告した。同社は先ごろ、非公開株投資会社のElevation Partnersと株式売買を行い、今後大きな動きがあるのではないかと目されている。その大きな動きというのが「Foleo」のことなのかどうか、記者には断言できない。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20352100,00.htm?ref=rss

こんなところにもiPhoneの影響が出ています。
ドッグイヤーなどと評されるほど時間の流れが早いネットの世界ですから、LinuxベースのPalm OSのリリース順延はかなり消極的なイメージを受けます。

palmユーザにしてみれば古くからのアプリを引き継ぐというサポートはうれしいと思いますが、どこかの段階で一度線引きをして切り捨ててしまわないと、斬新なリニューアルは見込めないんですよね。この点はベンダーの判断のしどころだと思います。

順延が悪い結果を引き起こすのではなく、すばらしいものになることを期待しています。
posted by media_aidem at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年07月03日

ミクシィ謹製の検索エンジンへ

 ミクシィは7月2日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」内の検索機能をgooから自社開発の検索エンジンに切り替えた。

 今回の検索エンジン移行により、mixi内における日記やコミュニティの検索機能はすべて自社開発の検索エンジンによって提供される。

 この検索エンジンは「文字 N-gram」をいう手法を用いたもので、従来の検索エンジンに比べて検索漏れが少ないという。mixiの日記には、辞書に掲載されていない文字が見られたり、文字がきちんと並んでいなかったりする。こういった場合に効率よく検索できる技術として文字 N-gramによる検索エンジンを導入したという。

 同時に、ウェブ検索のエンジンも「Yahoo! Search Technology」(YST)に移行した。この検索エンジンはヤフーでも採用されている。

 オーバーチュアは今回のYST導入を機に、mixi のコミュニティ検索、日記検索、トピック検索、Web検索の各検索結果ページに検索連動型広告「スポンサードサーチ」を掲載開始した。なお、コミュニティ欄のカテゴリーページには2006年8月よりオーバーチュアのコンテンツ連動型広告「コンテンツマッチ」が掲載されている。

 mixiは自社開発の検索エンジンに移行した理由について、「自社のシステム強化を図るため。なるべく他社に依存しないシステムを目指している」としている。なお、ウェブ検索への自社開発検索エンジンの導入は現在のところ未定だという。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20352009,00.htm?ref=rss

mixi検索
ミクシィの検索窓なんて使ったことすらありませんでしたから、gooだろうがYahooだろうが、ましてや自社開発だろうがあまり気にしてはいませんでした。

元記事を読んで試してみると、確かにオーバーチュアの広告が表示されています。(サムネイルをクリックして実際にご覧ください)

Gooの検索画面でヒットしたサイトのキャッシュを見てみるとGooはGoogle提供の検索エンジンを使っていることがわかるのですが、なんで今更GoogleからYahooなのでしょうね。

もすこし突っ込んでみると、mixiのURLを見るとPerlで書かれていることがわかります。Perlのスプリクトでサイト内検索を書いてみるのは、実は意外と簡単です。精度やスピードをアップさせている部分は敬意を表しますが、そんなに難しいことをしているわけではないのです。実際のところ、ウェブ検索まで手を伸ばすのならすごいと思いますが・・・。
posted by media_aidem at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

AMDのBercelona 8月発売

 Advanced Micro Devices(AMD)は、同社の4コアOpteronプロセッサ(開発コード名:Barcelona)を8月に発売する。これはIntelの現行製品に対抗するためのモデルだが、一段と激しい競争に直面することになるだろう。

 AMDはBarcelonaの正式名を「Quad-Core Opteron」とし、当初の動作周波数が最大2GHzとしている。標準版と低消費電力版の2モデルを発売する予定だ。また、標準版およびスペシャルエディションである高消費電力版の両方を高速化にしたモデルも第4四半期に登場する、と同社は語っている。一方、同チップを採用した最初のサーバは9月にリリースされる計画となっている。

 AMDのサーバおよびワークステーション部門担当コーポレートバイスプレジデントであるRandy Allen氏は声明で、「AMDが低消費電力版と標準版の両製品の製造を優先したのは顧客と周辺環境の要求からだ。Quad-Core AMD Opteronプロセッサの投入により、これまでで最高レベルのワットあたりの性能を達成する約束を果たせる確信がある」と述べた。

 AMDは、64ビットOpteronプロセッサファミリーのリリースにより、IntelのXeonを性能と消費電力の両面で上回り、デュアルコアデザインへの移行を早めることでシェアをのばし、サーバ市場における特定分野を独自に開拓することに成功した。

 しかし、Intelも2006年に反撃に出た。同社のデュアルコア「Xeon 5100」モデル(開発コード名:Woodcrest)は、同年半ばに性能の問題を修正した。そして、このデュアルコアチップ2つを1つのパッケージに詰め込むことにより、2006年末には4コアモデルである「Xeon 5300」(開発コード名:Clovertown)が登場した。

 AMDのBarcelonaは1枚のシリコンに4つのコアを搭載している。AMDではこのアプローチを「ネイティブ4コア」と呼んで、 BarcelonaはXeon 5300を性能面で上回る、と主張している。ただ、唯一問題なのは、このような比較がもうすぐ時代遅れになることだ。

 Intelの第2世代4コアサーバプロセッサ「Harpertown」(開発コード名)も、45ナノメートル製造プロセスのおかげで高性能、低消費電力、そして低製造コストを見込んで2007年に登場する予定だ。同プロセッサは「Penryn」ファミリーに属するサーバ版チップである。一方の AMDでは、65ナノメートル製造プロセスへの移行を開始したばかりである。

 これまで長い間、一般的にコンピュータ用プロセッサは、1つの処理エンジンしか持っていなかったが、ここ10年の間に、電力をあまり消費せず、発熱量をほぼ同等に抑えたまま性能向上を目指し、2つの処理エンジンを搭載したデュアルコアモデルが登場し始めた。現在は、チップメーカー各社が4コアや8 コアモデルへの移行を進めている。Sun Microsystemsでは2008年に16コアの「Rock」チップをリリースする計画だ。

 だが、複数のコアを1つのチップに搭載してもそれがすぐに効果があるわけではない。1つには、ソフトウェアをそのチップに適用させるのが難しく、PC用のソフトウェアでは特に困難であるためだ。

 もう1つ、4コアチップの方が2コア搭載の同等モデルより消費電力が多いため、マルチコアチップは一般的に動作周波数を落とすことで消費電力を抑える必要があるためだ。現行のデュアルコアOpteronチップの最高動作速度は2.8GHzとなっている。

 クロック周波数が高いとプロセッサがタスクをより高速に実行できるが、コアが複数あると一度により多くの作業を実行できる。

 AMDはまた2007年中に、PC向けの4コアプロセッサのリリースも計画している。この4コアプロセッサとハイエンド向けデュアルコアモデルは、「Phenom」というブランド名でリリースされるという。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20351988,00.htm?ref=rss

個人的には応援したいAMD。
デュアルコアから4コアへとすんなりシフトするわけではなく、ソフトウェアの対応が遅れているためデュアルコアの恩恵すら事実上まだ享受できていないのですからチップばかり増やしてみてもどうなのかと感じます。

来年には16コアなんて計画もあるようですし、どうなっちゃうんでしょうな。

posted by media_aidem at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。