2007年06月30日

サーバOSの導入時期

 Microsoftが次世代サーバOSのカギを握るベータテスターを獲得した。Microsoft自身だ。

 同社はここ数週間で、Microsoft.comを運用する80台のサーバのうち79台をまだテスト中のサーバOSの新バージョン「Windows Server 2008」に切り替えた。また、バージョン同士の比較のため、同社では意図的に既存サーバOSの「Windows Server 2003」を運用するマシンを1台残している。

 Microsoftの技術製品マネージャーEric Woersching氏は自身のブログに、「パフォーマンスや信頼性を損なうことなく新しいOSと新しいウェブサーバをこのような環境に導入するのは相当な大仕事だ」と書き込んでいる。

 Microsoftの切り替えアプローチに強い関心がある人々のために、同社はWoersching氏と2人のMicrosoft.com運用マネージャーが話をしている38分のビデオを公開している。

 Microsoftは、同ソフトウェアのベータ版第3弾を4月にリリースしており、今週も、テスト版のアップデートを技術ベータテスターに提供している。同社によると、コードは2007年中の最終承認を目指すが、同製品の正式な発売は2008年にずれ込むかもしれないという。

 ウェブサーバを監視するNetcraftでは、Microsoft.comの切り替え作業に今週気付いていた。同社のまとめでは、既に約2600カ所のサイトがWindows Server 2008を運用しているという。

 Netcraftは自社のウェブサイトに「Windows Server 2008を運用中のサーバの一部はMicrosoftのものだが、大部分は他社のものだ」と書き込んでいる。同社の指摘によると、Microsoftには、本番サイトでベータソフトウェアを利用できるようにする「Go Live」というプログラムがあるという。

 Netcraftによると、早いスタートを切ってはいるが、Windows Server 2008がそれほど早急にウェブサイトの標準になるとは思えないという。

 Netcraftは、「Windows Server 2003のインストールベースがWindows 2000のそれを上回るまでには数年かかっており、今でも500万カ所のサイトがWindows 2000を運用している」と語っている。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20351878,00.htm?ref=rss

とあるシステム系のベンダーでは今夏Windows Server 2003に切り替えが行われます。個人ユースのVistaやXPと比べても熟成が必要なサーバOS、世代交代の前年の導入は時期としてどうなのでしょう?

何度も動かしている様子を見せてもらって感じたのは、そのシステムが持っているサーバOSの圧倒的な支配力でした。クライアントOSは本当にぶら下がっているだけの状態、そんなシステムの構築やOSに隙がなくなるまでの「熟成期間」を考えると、時期としてはちょうどいいのかもと考えさせられました。

あえて名称はあげませんが、日本国内ではかなりの数を占めるメジャーなシステムです。

サーバOSの分野でMicroSoftは圧倒的なシェアを掌握しているわけではないので、2000 → Server 2003 → Linux とユーザがシフトしないように気をつけないといけませんね。まずは自分たちで使ってみようというところでしょうか。
posted by media_aidem at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年06月29日

キーボードもカスタムの時代? リベルタッチ登場!

 富士通コンポーネントは、キー荷重を調整できるカスタマイズ性を備えたキーボード「リベルタッチ(Libertouch)」FKB8540シリーズの販売を開始した。

 打鍵したときのキーと指の一体感にこだわった高級志向のキーボードで、ピーク荷重、荷重の減少率、入力される位置の3項目を最適化したという。実売価格は1万8000円前後の見込み。
“計3種類の交換ラバーで好みのキータッチに調節できる 計3種類の交換ラバーで好みのキータッチに調節できる

 購入時には、すべて標準の入力荷重となる約0.44N(約45g)の設定となっているが、標準より軽めの約0.34N(約35g)、標準より少し重めの約0.54N(約55g)と、荷重の異なる2種類の交換ラバーが各15個付属する。すべてのキーの交換はできないが、たとえば小指で使う「a」のキーは軽めにしたい、など好みにあわせてカスタマイズできるのが特徴だ。カスタマイズには、専用のキートップ引き抜き工具を使用する。

 カラーは、白と黒の2種種類で、108キー、USBインターフェース(USB1.1)を1ポート装備している。今後は、キー配列やインターフェースなどラインアップ拡充するほか、カスタム対応にも対応予定という。

 富士通コンポーネントは、OEMを中心に30年以上のキーボード開発実績があるという。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20351846,00.htm?ref=rss

インターネットの環境設定で個人宅を訪問したり、メンテナンスやパソコンの使いかたを指導してみたりと、以前から自分で所有する以外の様々なパソコンに触れてきました。トータルして考えてみるとデスクトップ機の場合はキーボードが独立しているので重めが、ノートパソコンの場合はリストレスト部分があるためか気持ち軽めが使いいいように思います。

指ごとに分類すると、個人的には薬指の打鍵が弱いのでその部分がカスタマイズできたらいいかな・・・っと、リベルタッチかなり欲しいかも。1つ1つのキーをカスタマイズというのがちょっぴり煩わしいかもしれませんが、けっこう売れそうな予感がしますね。
posted by media_aidem at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年06月27日

Macのうれしいニュース

 多くのユーザーがiPhoneに目を向けているなか、AppleはMac部門について良い知らせを得た。2007年5月の市場シェアが増加したという。

 NPDによると、4月に11.6%だったMacの市場シェアが、5月には13%まで伸びたという。ただし、NPDは米国の小売市場のみ調査している。 Best BuyやCircuit Cityなどで販売されたPCは含まれているが、直販は含まれていない。そのため、Dellの販売数は除外されている。

 それでも、シェアが落ちるよりは伸びた方がよい。ノートPC部門におけるAppleのシェアは現在14.3%で、4月の12.5%から上昇している。デスクトップのシェアはわずかな伸びで、4月の10.2%から10.4%になった。Appleは第3四半期の新学期商戦に先立ち、5月に新「MacBook」の、6月に新「MacBook Pro」を発表した。例年Appleは、この時期に好調である。


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20351560,00.htm?ref=rss

たとえ直販を含まなくても4月の調査と同条件で調べたのならシェアアップには異論はないでしょう。

iPodが巷を席巻しても発売までカウントダウンが始まったiPhoneがいくら騒がれても、やっぱり主軸はMacでほしいと思います。
タグ:MacBook ipod iPhone
posted by media_aidem at 08:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。