2007年06月20日

YouTubeが多言語化 YouTube Japanスタート!!

 YouTubeは6月19日、インターフェースなどを日本語化した「YouTube Japan」を開始した。日本語だけではなく、ブラジル、フランス、イタリアなど、10カ国語に対応した。

 正式に日本語でタグが扱えるようになったほか、困ったときの「ヘルプ」ページや、動画を撮影するためのノウハウなどが説明された「動画ツールボックス」ページなども日本語になっている。

 また、スカイパーフェクト・コミュニケーションズの番組の一部が視聴できるSKY PerfecTVのサイトも開設した。

 今回は、各国の言語を利用できるようすることを主な目的としたが、将来的には動画、チャンネル、カテゴリー、コミュニティの内容なども各国、地域に合わせていく予定だ。

 YouTube共同設立者兼CEOのChad Hurley氏は、「動画は世界の誰でもが、コミュニケーションやアイデアを交換するツールとして利用いただけると思います。これからは、それぞれの地域に合わせたサービスも提供することで、これまで以上に役に立つものになるはずです。数カ月の間には、他の国々のユーザーの方々にもサービスを提供できるようにしたいと考えています」と、他国への一層の広がりを示唆した。

 さらに同社では、各国版の展開にあたっては、BBC、France 24、Spanish Antena 3、Cuatro TV、the Portuguese RTP、the Dutch VPRO、NPOなどの放送局や、Chelsea FC、AC Milan、Barcelona FC、Real Madridなど欧州のサッカーチーム、グリーンピース、Friends of the Earth、UNHCER、Medicins du Mondeのような非営利団体など、数多くの海外の大手コンテンツパートナーと契約を結んだとしている。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20351120,00.htm?ref=rss

アプリケーションやサービスが日本語にローカライズされるのは、通常うれしいのですが、YouTube日本語化に対してはちょっと複雑です。

それは、個人的にYouTube関連ブログをいくつか運営しているから。
いままでも日本語のタグが使えたり、日本語で検索ができていましたがそれだけではヒットしない動画が多数存在していました。そこから”お宝”を探し出す作業が楽しかったんですけどねぇ。

かなりアクセスされていたブログだったので、とりあえず何か対策を考えないと・・・。
posted by media_aidem at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連

2007年06月19日

Lunascape 4.3.0登場!世界ではじめてリカバリ機能とリセット機能を標準搭載

 Lunascapeは6月18日、ウェブブラウザ「Lunascape」の最新正式版となる「Lunascape 4.3.0 正式版」を公開した。

 Lunascapeは、RSSリーダー機能を搭載し、同社が開発した国産のタブブラウザー。最新版では、“リカバリ”機能と“リセット”機能を世界ではじめて標準搭載したのが特長。

 リカバリ機能では、お気に入りやデザインスキンなど13項目から選択した設定内容を何度でもバックアップすることが可能で、いつでも任意の時点の設定状態に復元できる。また、Lunascape liteシリーズ以外の、過去のLunascapeシリーズからの設定の移行にも対応した。また、リセット機能は、Lunascapeをインストール時の初期設定まで設定内容をリセットすることが可能だ。

 そのほか、RSSを取得する際に発生するスレッド数に上限を設けてCPUリソースの利用状況を軽減する仕様の追加や、最新版のFlash Playerでマウスジェスチャーが動作するよう改善を行うなど、旧版から約20点の機能改善・不具合修正が施されている。

 また同時に、「Lunascape」独自プラグインとして、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)“Twitter”に対応した「Twitterプラグイン」をリリース。ユーザーは他のウェブページを閲覧しながら、プラグイン上で定期的(最短で3分ごと)に更新情報を確認でき、プラグイン上から記事を投稿することも可能だ。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20351053,00.htm?ref=rss






精力的にバージョンアップを続けるLunascape。
確か以前は国産のウェブブラウザであることと、ヘビーカスタマイズがウリだったはず。今度のバージョンではアプリケーション単体でリカバリやリセットができるようになったというから驚きです。

ウェブアプリが増えてきてブラウザさえあれば様々な作業ができるようになってきていますから、リカバリ機能やリセット機能は未来を先取りした機能なのかもしれませんね。


【関連サイト】

ルナスケープ
タグ:twitter Lunascape
posted by media_aidem at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年06月18日

共存?

 Microsoftでは、先週発表したLinspireなどLinuxベンダー各社との一連の提携を、相互運用性推進に向けた全社レベルの幅広い取り組みの一環としてとらえている。

 これは、Microsoftの相互運用性・標準担当ゼネラルマネージャーTom Robertson氏と、相互運用性およびXMLアーキテクチャ担当ゼネラルマネージャー(そしてオリジナルのXML標準の生みの親の1人)Jean Paoli氏の言葉だ。両者は米国時間6月15日に公開書簡を公表し、Office Open XMLドキュメントフォーマットを公平な目で標準として再度評価するよう業界に呼びかけた。

 両者は14日に行われたCNET News.comとのインタビューのなかで、オープンソース企業各社との技術および法関連の提携には2つの目的があることを明らかにした。

 第一に、このような提携はMicrosoftが自社製品と他社製品との互換性を改善する道を確立する。これらは、特許と知的財産の保護を強く支持するMicrosoftが、オープンソースが当たり前の世界でビジネスを展開していくための法体系も確立する。

 Robertson氏は、「市場における共存の問題だ。われわれは、知的財産や相互運用性の問題への対処法を見つけ出す必要がある」と語っている。

 同氏によると、顧客はオープンソース製品が原因で法的問題に追い込まれることは望んでいないし、ベンダー各社の製品を連動させる手間もかけたくないとの考えだという。

 Paoli氏は、「われわれはIP(知的財産)の価値を信じており、革新はIPから生まれると信じている」と語っている。

 Microsoftは11月、物議を醸している特許共有および相互運用に関する提携をNovellと結んだ。これに続き、LinuxディストリビューターのXandrosやLinspireとも同様の提携が結ばれたが、これらはいずれもここ2週間の間に発表されている。

 Microsoftは、同じくLinuxディストリビューターであるRed HatやUbuntuとも話し合いを重ねているが、いずれとも提携には至っていないと、Robertson氏は語っている。

 Red Hatの幹部らはMicrosoftとNovellが提携を発表した際、Microsoftに「技術革新税」は収めない、と語っていた。 (後略)


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20351015,00.htm

ずっと”デフォルトスタンダード”の道を歩みつづけているMicrosoft。ひとりのプログラマが始めたちいさなコミュニティから育ったオープンソースのLinux。個人的には共存するのは”今だけ”で、いずれMicrosoftはなくなっちゃうのかもしれないなと考えています。

このブログでお伝えしているニュースでも、従来のパッケージソフトと同等の機能を持ったオープンソースのアプリケーションやウェブアプリについてお伝えしてきました。

もうアプリケーションのためにコストをかける必要がなくなりつつあります。そしてLinuxにするとOSにコストをかける必要も・・・。

そんな状態にシフトしている様子をみて焦ったMicrosoftが生き残りをかけて最後の拠り所である著作権にしがみついている、そんな印象を受ける記事ですね。

こんな状態になったのにもかかわらず、まだ主導権を握っているつもりのMicrosoft。いつまで中心にいるつもりなんでしょう?
posted by media_aidem at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。