2007年06月18日

YouTubeとAdobeのコラボ? ウェブベースの編集ツール登場

 YouTubeでウェブベースの編集ツールが利用できるようになったが、ツールの提供元はAdobe Systemsのようだ。

 Adobeのロゴを伴ったこのツール「Remixer」は、ビデオクリップ、写真、音楽、グラフィックスなどのメディアを継ぎ合わせることでプロのような動画の作成を可能にする。

 YouTubeとAdobeの関係者からは、米国時間6月16日午前の段階ではコメントを得ることができていない。

 YouTubeは、同様のツールを提供するという点において、PhotobucketやYahoo Videoといった競合サービスの後に追っている。例えば、Photobucketは、Adobeブランドの編集ツールを2月に発表している。また、 Yahooは、インターネットベースの編集ツールのパイオニアであるJumpcutを2006年9月に買収している。

 このサービスでは、保存領域におさめたメディアをタイムライン上にドラッグ&ドロップする。再生コントロール機能を使ってカットが作成できる。

 完成した動画は、ボタンひとつでYouTubeに投稿できる。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20350991,00.htm?ref=rss

動画編集ソフトというとAdobe PremiereやAfterEffects(MacだとiLife)がまず浮かびますが、そのAdobeからウェブベースの編集ツールが登場です。

ウェブ上をいろいろと調べてみると、動画編集が可能なフリーウェアも結構出回っているようで、使っているパソコンのスペックが向上するのに伴って、マルチメディア面も個人に普及してきているのだなと感じました。

中にはこんなソフトも・・・

YouTubeダイレクト投稿機能搭載の動画編集ソフト
「PowerDirector6 Vista」


目のつけどころは良かったんですけどねぇ。
かなり前のバージョンではありますが、AfterEffectsをかじった経験があります。手元に動画がないので、すぐにというわけにはいきませんが、YouTubeのRemixerちょっといじってみようかなと考えています。
posted by media_aidem at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連

2007年06月16日

Yahoo!グルメを活用しよう

 ヤフーは6月15日、全国約60万件の飲食店情報を検索できる「Yahoo!グルメ」にて、「コール課金」を8月から開始すると発表した。

 コール課金は、ユーザーからの入電数に応じて課金されるシステム。コール課金に申し込むと、Yahoo!グルメ内に店舗独自のページを、初期費用無料で掲載でき、店舗の詳細ページには「予約専用番号」が設置される。

 店舗情報の掲載は、実際の成果に基づいた従量課金となっており、予約専用番号を通じてユーザーからの入電があった場合に、はじめて課金される仕組み。なお、予約専用番号を利用するユーザーの通話料は無料となっている。

 ヤフーでは、ウェブサイトを持たない店舗でも、Yahoo!グルメ内に独自の詳細ページを設置できるため、情報掲載による予約数増加が期待できるとしている。また、追加料金なしで「Yahoo!クーポン」への掲載も可能になるため、クーポン利用による来客促進につながるとしている。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20350955,00.htm?ref=rss

以前、とある飲食店からウェブサイト構築の依頼を受けて、キーワードや同業他社の競合状況を調べたことがありました。

人が集まるコンテンツなので,Yahoo!グルメもひととおり調べたのですが,地方にあるちいさな飲食店までも見事に網羅していて驚かされた記憶があります。

元記事では、ただの飲食店データベースに留めておくことなく新たな付加価値を生み出そうとしています。いい宣伝にもなりますが、ちいさな飲食店では自前のウェブサイトを持つのは大変かもしれません。Yahoo!グルメ、活用しない手はないのでは?



【関連サイト】

Yahoo!グルメ
タグ:Yahoo!グルメ
posted by media_aidem at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

mixi すべてのユーザに“フォトアルバム”機能を提供

 ミクシィは6月15日、同社が運営するSNS「mixi」内ですべてのユーザーを対象に“フォトアルバム”機能の提供を6月27日から開始すると発表した。

 フォトアルバムは、これまでプレミアムユーザーのみに限定されていた機能。投稿した画像をアルバムとして保存し、友人と共有したり、コメントをつけることができ、フォトアルバムを中心に、mixi内でのコミュニケーションが可能だ。また、アルバムの公開レベルを、“全体に公開”“友人まで公開”“非公開(認証キーにより閲覧可能)”に設定できる。

 同サービスのフォトアルバムの容量は、プレミアムユーザーが1Gバイト、非プレミアムユーザーが100Mバイト。ファイル形式はJPEGに対応している。

 また、携帯電話向けの「mixiモバイル」では、日記での動画の閲覧が14日から対応している。日記に貼り付けられている“動画”リンクをクリックすると、ダウンロード、もしくはストリーミングを選択し、動画を携帯電話で再生できる。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20350952,00.htm?ref=rss


mixiプレミアム
いままでは月額315円を支払わないと使えなかったプレミアムサービスでしたが、容量の制限はあるもののフォトアルバム機能が、一般ユーザにも開放されます。

個人的には、名前を登録しただけの幽霊会員。サービスが充実してきたのを機に、積極的に参加してみようかな。

posted by media_aidem at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。