2007年06月01日

Office 2007対応 「いきなりPDF Professional 3」リリース

 ソースネクストは5月29日、「いきなりPDF Professional 3icon」を2007年6月29日に発売すると発表した。

いきなりPDF Professional 3icon」は、PDF文書ファイルの変換、およびページ編集、注釈の付加を行うソフト。マイクロソフトのWordやExcel、PowerPointの文書ファイルを、ワンクリックでPDFに変換できる。また、PDFファイルにコメントを付けたり、ページにしおりを挟むなどの編集も可能だ。

 セキュリティー対策機能には、米国でAES(Advanced Encryption Standard)として規格化された共通鍵暗号方式を採用。高度な暗号機能により、文書ファイルの閲覧や編集、印刷権限を設定できる。

 PDFのサイズは、A0サイズまでに対応。作成の際には、「サイズ優先」や「品質優先」など、リストから用途を選択し、作成ボタンを押すだけで、目的に合ったPDFを簡単に作成できる。さらに、ウェブ用に最適化したPDFファイルの作成が可能だ。

 今回の新バージョンからは、「WindowsVista」、および「Microsoft Office 2007」に対応したほか、新JIS規格(1万1233字)の利用も可能になった。

 また、同ソフトとスキャナーで読み込んだデータからPDFファイルの作成や、PDFからOffice文書に変換できる「いきなりPDF to Data Professional 2」をパックにした「いきなりPDF Platinum」を併せて発売。

 価格は、「いきなりPDF Professional 3」が2970円、「いきなりPDF Platinumicon」が3970円。


http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20349861,00.htm?ref=rss


icon
icon

icon
icon
ソースネクストからPDF関連商品2種類が発売されます。
対応機種はWindows 2000・XP・Vista。それぞれどのような処理が行えるのかは、ソースネクストのサイトに一覧がありましたので、そちらでどうぞ。

各種レポートやプレスリリースなどで目にする機会が多いPDFですが、低価格で手軽に作れてしまう環境がここにあります。

元記事にある今回の新バージョンからは、「WindowsVista」、および「Microsoft Office 2007」に対応したほか、新JIS規格(1万1233字)の利用も可能になった。という説明は、それぞれのソフトがMS-Officeのプラグインとして動作するためのようです。

機能の詳細を見てみると編集制限や、閲覧制限・印刷制限がかけられたり、簡単な画像のレタッチまでできてしまうので、値段の割には高機能だったりしてちょっと驚きました。


【関連ページ】

ソースネクスト・ドットコムへ
posted by media_aidem at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年05月31日

AppleTVでもYouTube

All Things Digital(D5)カンファレンスで、Walt Mossberg氏がSteve Jobs氏に対するインタビューを行っている。ビジネスに関する興味深いトークが展開されたほか、Jobs氏は本当の意味でのニュースになるような情報も提供してくれた。

 Jobs氏は「リビングルームでYouTubeが見られたら素晴らしいと思わないだろうか?」と参加者に質問を投げかけた。6月からApple TVに「YouTube」という新メニューが加わると言うのである。

 また今後、ほかのビデオソースも追加される可能性があることをJobs氏は示唆している。

 くしくも先週、ある開発者らがAppleTVでYouTubeの動画を再生できるプラグイン「A Series of Tubes」を独自に作成していた。

 Apple.comでは、新しいプラグインを用いたQuicktimeのデモをすでにアップデートしている。

 Appleはまた、保存容量がより大きくなったApple TVを31日より発売することも明らかにしている。Apple TVの現世品は299ドル(日本では税込み3万6800円)で販売されていて、40Gバイトのハードディスクを搭載している。31日に発売されるバージョンは、160Gバイトのハードディスクを搭載し、399ドルで購入できる。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20349877,00.htm?ref=rss

Apple Store(Japan)


日本のサイトではまだのようですが、Apple.comでは、新しいプラグインを用いたQuicktimeのデモをすでにアップデートしているとのこと確認することができます。

叩かれても絶大な人気を誇るYouTubeですから、コンテンツのひとつとして活用しない手はないですからね。

新製品発売にあわせるように、なにかしらのサプライズを用意しているApple。今後も目が離せません。


【関連ページ】

Quicktimeのデモ
posted by media_aidem at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(2) | IT関連

Google Gears オフラインでもウェブアプリ

 Googleは、ウェブブラウザの機能を拡張する技術「Google Gears」の提供を開始する。ネットワークにつながっていないPCでもブラウザ上でウェブアプリケーションが使えるようにするもの。第一弾として、5月31日にフィードリーダー「Google Reader」をGoogle Gearsに対応させる。

 Google GearsはJavaScriptを利用して、オフラインでもブラウザ上でウェブアプリケーションが動作できるようにしたもの。仕様はオープンソースで公開し、第三者が無料で利用できるようにする。

 Googleはブラウザ上でワープロ文書や表計算シートが作成できる「Google Docs & Spreadsheets」など、これまでに多くのウェブアプリケーションを無料で提供してきた。ただ、これらのサービスはネットワークに接続していないと利用できないという大きな弱点があった。Google Gearsはこの弱点を補う技術だ。この技術により、Docs & SpreadsheetsはMicrosoftのWordやExcelに対するの競争力を高めることになるが、GoogleではDocs & SpreadsheetsがGoogle Gearsに対応するかという点については明らかにしていない。

 Google Gearsに対応したウェブアプリケーションはデータをクライアントPC側に保存し、定期的にサーバと同期する。このため、地下鉄の中などネットワークが切れやすい環境であっても常時接続しているのと同じような感覚でウェブアプリケーションが利用できるようになるという。

 「Google Readerの開発者はバスで通勤しており、ネットワークがつながらない環境でもGoogle Readerを使いたいと思っていた。このため、Google Gearsの開発のうわさを聞きつけて真っ先に対応した」とGoogleの担当者は裏話を明かす。

 Google GearsのプロダクトマネージャーであるOthman Laraki氏によれば、「現在Ajaxを使って提供されているウェブアプリケーションであれば、大きく設計を変えることなくGoogle Gearsに対応できる」という。Google Readerの場合、「担当者が業務外の時間を使って、1カ月弱で対応した」とのことだ。

 ブラウザはInternet Explorer、Firefoxに、OSはWindows、Linux、Macに対応する。Opera、Safariについては今後対応していくという。

 GoogleではGoogle Gearsを標準仕様にしていきたい考えで、MozillaやOpera Software、Adobeとパートナー関係を築く方針。とくにAdobeは「Apollo」と呼ばれる、オフラインでもFlashなどを動作させられるプラットフォームを開発していることから、Google GearsとApolloと連携させるべく共同開発を進めていく考えだ。FirefoxやOperaについては次期バージョンでGoogle Gearsを標準搭載するよう働きかけていくものとみられる。

 Google Gearsの詳細な情報はhttp://gears.google.com/で公開される予定だ。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20349834,00.htm?ref=rss

常時接続環境になってしまうと意識する必要がないけれど、モジュラージャック経由でネットを利用していたころは、接続している時間を常に意識していたのを思い出しました。

発表されたGoogle Gears、ナローバンドでの利用ではなくネットへの接続が途切れるような環境に適したサービスのようですね。ウェブブラウザさえあれば、なんでもできちゃう時代がすぐそこまで近づいてきている気がします。
posted by media_aidem at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。