2007年05月17日

NTT東日本の通信障害、原因判明

 NTT東日本は5月16日、5月15日から16日にかけて発生した「フレッツサービス」および「ひかり電話」の通信障害に関し、最終報告を発表した。

 これは、5月15日18時44分から16日1時35分にかけて、フレッツサービスおよびひかり電話が利用できない状況になったというもの。影響は23区を除く東京都をはじめとする14都道県におよび、約239万契約のフレッツサービス利用者がサービスを利用できなくなった。

 NTT東日本によると、同社ビル内にあるルータのハード故障に伴うパッケージ交換工事を実施しており、この際に同社IPネットワーク内に処理能力を超えるルート情報が発生したことが原因だという。この結果、多くのルータが連鎖的に処理能力オーバーとなり、処理を停止した。

 ルート情報は、IPパケット通信を行う際に、その通信経路を決定する情報を指す。通常、ルータの工事を行った際には、各ルータのルート情報は、その都度、自動的に書き換えられる。

 NTT東日本では、同社ビル内にあるフレッツサービスとひかり電話用のルータの送受信部分をリセットすることにより、サービスを回復した。また当面の緊急措置として、安定運用が図れるようにルート情報の数を減らす処置を実施している。

 今後の対策として、ルート情報の自動書き換えを含む処理能力向上のため、ルータのソフトウェア変更を早急に実施していくという。なお、今回の通信障害の間に、ひかり電話対応機器の電源を操作したユーザーは、サービス回復後に再度電源の切/入操作を行うよう呼びかけている。


http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000056021,20348941,00.htm?ref=rss

地域的にも加入しているサービスもドンピシャだったのですが、なぜか通信障害はなく,ニュースで知って驚きました。かなりの広範囲で障害があったようですね。

別のニュースソースを調べてみると・・・

 地域別では、千葉、埼玉、神奈川は通じているが、それ以外の北関東と北海道、東北、甲信越14都道府県で障害が起きている。東京は23区以外のユーザーの一部に影響が出ている。ITmedia


というわけで拠点を持たなくても平気なんて言われるインターネットでありますが、思いのほか脆いものだということがわかりました。通信障害にあってしまわれた方は、ネットにはつながらないわ確認したくても電話は通じないわでさぞやパニクられたことでしょう。起きてしまったことはしかたないですから事実を真摯に受け止め、再発防止をよろしくお願いしたいものです。
posted by media_aidem at 08:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

Longhorn 正式名称決まる

 マイクロソフトは5月16日、開発コード名「Microsoft Windows Server“Longhorn”」と呼ばれていた次期Windowsサーバオペレーティングシステム(OS)の正式名称を、「Microsoft Windows Server 2008」(Windows Server 2008)とすることを発表した。

 同時に、IT技術者向け情報サイト「TechNet Windows Server TechCenter」において、約2000ページにおよぶWindows Server 2008の技術資料(機械翻訳による日本語対訳付き)を提供すると共に、ユーザー同士の情報交換を行う「TechNet Windows Server 2008フォーラム」を公開した。

 この発表は2006年5月15日より、ワシントン州シアトルで開催されている第16回「Microsoft Windows Hardware Engineering Conference(WinHEC)において発表されたもの。Microsoft会長であるBill Gates氏が、次期サーバOSの正式名称をMicrosoft Windows Server 2008とすることを発表している。

http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000056022,20348899,00.htm?ref=rss

Windows Server 2008ですか・・・正式名称より開発段階のコードネームの方が、ずっとカッコいいというのもなんとも言えませんな。
98、有名な粗悪品Me、2000、XP、Vespa(だっけ?)とクライアント系のOSは西暦表記が途中からとっちらかっちゃいましたが、サーバの名称はカッチリ年号を守っています。

Vista発売前後に大量に放出された中古品にWindows2000がありますが、俗に言われる9x系(95・98・Me)とNT系(NT・2000・XP・Server 2003・Vista)のどちらに分類されるのか、きっちり追いかけていないとわからなくなりそうですな。まぁ、好きじゃないから別にマイクロソフトなんてどーでもいいんですけど。

ちなみにWikipediaによると、・・・「Windows .NET Server」となり、そのまま決まりかけたが、直前にマーケティング上の理由でキャンセルされて2003サーバになったとあります。しかし今回の2008については神の声で決められたようですね。
posted by media_aidem at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年05月16日

新MacBook Core 2 Duo搭載で発進!

 アップルは5月15日、ノートブックの「MacBook」に、2.0GHzから2.16GHzのIntel Core 2 Duoプロセッサを搭載した新製品3機種を発表した。本日より発売される。

Apple Store(Japan)
 MacBookは、Intel Core 2 Duoプロセッサの搭載をはじめ、1Gバイトメモリの内蔵、各機種80Gバイト、120Gバイト、160GバイトのHDDを採用している。802.11n ワイヤレスネットワーク機能を装備するほか、iSight、iLife'06といった独自アプリケーションを付属する。

 画面サイズは、すべて13型となり、2.0GHz、2.16GHzのホワイトモデルと2.16GHzのブラックモデルを用意する。

 詳細なスペックは下記の通り。
2.0 GHz、13インチMacBook(ホワイトモデル)、13万9800円

* 13.3インチクリアワイドスクリーン1280×800ディスプレイ
* 2.0 GHz Intel Core 2 Duoプロセッサ
* 667 MHzフロントサイド・バス
* 1GBの667 MHz DDR2 SDRAM(2GBまで拡張可能)
* 80GB (5400 rpm) シリアルATAハードディスクドライブ、緊急モーションセンサー付き
* スロットローディング式、コンボドライブ (DVD-ROM/CD-RW両用ドライブ)
* Intel Graphics Media Accelerator 950
* Mini DVI出力(DVI、VGA、コンポジット/S-Video出力変換アダプタ別売)
* Intel Graphics Media Accelerator 950
* iSightビデオカメラ内蔵
* Gigabit Ethernetポート
* AirMac Extreme 802.11nワイヤレスネットワーク機能およびBluetooth 2.0+EDR内蔵
* 2基のUSB 2.0ポートと1基のFireWire 400ポート
* 1基のオーディオ入力ポートと1基のオーディオ出力ポート(それぞれオプティカルデジタルおよびアナログ両対応)
* スクロールトラックパッド
* 赤外線式Apple Remoteコントローラ
* 60ワットMagSafe電源アダプタ

2.16 GHz、13インチMacBook(ホワイトモデル)、159,800円

* 13.3インチクリアワイドスクリーン1280×800ディスプレイ
* 2.16 GHz Intel Core 2 Duoプロセッサ
* 667 MHzフロントサイド・バス
* 1GBの667 MHz DDR2 SDRAM(2GBまで拡張可能)
* 120GB (5400 rpm) シリアルATAハードディスクドライブ、緊急モーションセンサー付き
* スロットローディング式、2層記録対応の8倍速SuperDrive (DVD+R DL/DVD±RW/CD-RW)光学式ドライブ
* Intel Graphics Media Accelerator 950
* Mini DVI出力(DVI、VGA、コンポジット/S-Video出力変換アダプタ別売)
* Intel Graphics Media Accelerator 950
* iSightビデオカメラ内蔵
* Gigabit Ethernetポート
* AirMac Extreme 802.11nワイヤレスネットワーク機能およびBluetooth 2.0+EDR内蔵
* 2基のUSB 2.0ポートと1基のFireWire 400ポート
* 1基のオーディオ入力ポートと1基のオーディオ出力ポート(それぞれオプティカルデジタルおよびアナログ両対応)
* スクロールトラックパッド
* 赤外線式Apple Remoteコントローラ
* 60ワットMagSafe電源アダプタ

2.16 GHz、13インチMacBook(ブラックモデル)、179,800円

* 13.3インチクリアワイドスクリーン1280×800ディスプレイ
* 2.16 GHz Intel Core 2 Duoプロセッサ
* 667 MHzフロントサイド・バス
* 1GBの667 MHz DDR2 SDRAM(2GBまで拡張可能)
* 160GB (5400 rpm) シリアルATAハードディスクドライブ、緊急モーションセンサー付き
* スロットローディング式、2層記録対応の8倍速SuperDrive (DVD+R DL/DVD±RW/CD-RW)光学式ドライブ
* Intel Graphics Media Accelerator 950
* Mini DVI出力(DVI、VGA、コンポジット/S-Video出力変換アダプタ別売)
* Intel Graphics Media Accelerator 950
* iSightビデオカメラ内蔵
* Gigabit Ethernetポート
* AirMac Extreme 802.11nワイヤレスネットワーク機能およびBluetooth 2.0+EDR内蔵
* 2基のUSB 2.0ポートと1基のFireWire 400ポート
* 1基のオーディオ入力ポートと1基のオーディオ出力ポート(それぞれオプティカルデジタルおよびアナログ両対応)
* スクロールトラックパッド
* 赤外線式Apple Remoteコントローラ
* 60ワットMagSafe電源アダプタ


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20348867,00.htm?ref=rss

ついにMacにもインテルの”Core 2 Duo”が載りました。
RAMも1ギガということでVistaも走るよということでしょうか。アップルのサイトをチェックしてみたら、やっぱり欲しくなっちゃいますね。

スペックを見ると、それぞれの製品に黒と白が用意されているわけではないようで、黒が最上級モデルのようであります。もし買ったとしてもLinuxとデュアルブートにして、そしてほとんどMacOSは起動しないと思いますので、わたくしには無用の長物になりそうです。

でも速くなったMacBook、買いだと思いますよ。
posted by media_aidem at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(6) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。