2011年06月03日

携帯電話と発がんの因果性

携帯電話と発がんの因果性は、だいぶ以前から語られていました。
世界保健機関からのアナウンスということで、かなり信ぴょう性が高まったことになりますね。

まずは聴神経腫瘍を調べてみると、

聴神経腫瘍(聴神経鞘腫とも呼ばれます)とは、良性の脳腫瘍で、聴神経の周りを鞘のように被っているシュワン細胞と呼ばれる細胞から発生する腫瘍のことです。この腫瘍は良性の腫瘍で、非常にゆっくりとしたスピードで大きくなります。


とあります。次に神経膠腫については

神経膠腫(グリオーマ)とは、脳に発生する悪性腫瘍で、原発性脳腫瘍の約30%を占めます。


とのこと。悪性というもじがある分、こちらの方が恐ろしいイメージがあります。


国内での携帯電話普及率はすでに90%を超えていて、いまさら発がん性があると言われても・・・というのが正直な感想だったりします。


すでに生活の一部に組み込まれている携帯電話。便利さをとるか健康をとるか・・・という問題ではなく、どう上手に付き合っていくかが鍵になりそうですね。個人的には電話としての機能よりももっぱら目覚まし&デジタルカメラ代わりに使っていますが・・・発生リスクはどんなものなのでしょう?


「携帯電話で発がんリスク」 WHO指摘に広がる波紋

 携帯電話の電磁波とがん発症の関連性について、世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(本部フランス・リヨン)は5月31日、「聴神経腫瘍(しゅよう)や神経膠腫(こうしゅ、脳腫瘍の一種)の危険性が限定的ながら認められる」との調査結果を発表した。WHOが携帯電話に関して発がん性を指摘したのは初めて。

 国際がん研究機関は危険性の数値化はしておらず、「(最終的な結果を得るためには)今後、携帯電話の長時間使用について調査を続ける必要がある」としている。同機関の分類では、電磁波による発がんの危険性について得られている証拠の確実性は、鉛やコーヒーと同じ部類に入るという。

 当面の対策としては「(耳に触れずに)携帯電話のメールを使うなど直接電磁波に触れないような使用方法が重要だ」と指摘。なるべく携帯電話本体に触れる時間を短くするよう提案した。

 国際がん研究機関は、1日30分間、10年以上使用を続けている場合、神経膠腫の発症危険性が1.4倍になるとした過去の研究結果を紹介。

 発がん性の評価については(1)臨床的に十分な実証がある(2)臨床的には限定的な実証しかないが、動物実験では十分な実証がある(3)動物実験でも実証はあるが、その実証は十分とはいえない−といった5段階の段階分けをしており、今回は(3)に分類されるという。
posted by media_aidem at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2011年05月31日

祝20周年記念 Linux 3.0 RC1リリース

今はなきMKLinixを皮切りにHolon、Vine、Ubuntu&PuppyLinuxと使ってきました。
使用期間の短いものも含めるとよく覚えていないくらいたくさんのディストリビューションを試してきましたが、Linuxの生みの親であるリーナス・トーバルズ氏はなんだか遠い存在に感じます。


Macを使っている時のスティーブ・ジョブスやWindowsのビル・ゲイツは近くに感じたのに・・・。メディアや雑誌などでそんなに露出していないせい?とも思ったのですが、きっとディストリビューションでワンクッションおいてる為かもしれせん。


使ってるディストリビューションのバージョンや、その上で走るアプリケーションについて調べるのにリーナス・トーバルズ氏を絡めて検索したりしませんからね。


しかし、いくら遠くても”Linuxの父”から発信されたカーネルがこちら側に届いているのはまぎれもない事実。恩恵に預かれることを感謝しつつ20周年を祝いたいと思います。



Linux 3.0 RC1リリース――「20周年記念」とトーバルズ氏

 LinuxカーネルのRC(リリース候補)が「3.0-rc1」となった。Linuxカーネルの生みの親でLinux Foundationのフェローを務めるリーナス・トーバルズ氏が5月29日、Kernel Mailing Listで発表した。アーカイブが公開されている。

 直近の正式版は5月19日にリリースされた2.6.39であり、3.0というのは大きなバージョンアップになるが、トーバルズ氏によると仕様には特に大きな変更はなく、大幅なバージョンナンバーの変更の理由を強いて挙げれば「20周年」だから、と説明する。同氏は最初のLinuxカーネルを1991年の8月26日に発表している。

 主な変更点は、ARMサポートの拡張、MicrosoftのKinectのサポート、IntelおよびAMDのプラットフォームへの最適化、仮想マシン関連の修正など。通常のリリースサイクルで、6〜7週間後に安定版をリリースする見込み。

 バージョンナンバーをめぐっては2.6.39リリース後、2.8にするか3.0にするかでメーリングリスト上で議論がなされていた。トーバルズ氏は、「自転車置き場に番号がついていなかったら困るだろう? だから、リーダーとしてとにかく番号を付ける。気に入ってもらえると思う」と語っている。
posted by media_aidem at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2011年05月25日

次期OS Windows 8は2012年に登場・・・の予定

Windowsは98---○、Millennium Edition---☓、XP---○、Vista---☓、7---○という系譜(?)を辿っているので、2012年登場予定の次期OS「Windows 8」にはいろんな意味で期待が高まっております。確かリボンインターフェースを採用するとか・・・。


Windows Vistaを購入した方にExcelを教えに行って、その様変わりっぷりに困惑。あまり役に立たなかったというほろ苦い記憶が蘇りました。


UIが変わったといえば先月リリースされたUbuntuもGNOMEからUnityへと変更されました。
今までは支障なくできていたことなのに、作業中に手が止まることがしばしば。きっと1ヶ月もすれば体が慣れてしまうと思われますが、使い始めた直後はかなり困惑しました。


個人的にはGNOMEからUnityへのシフトは”進化”とは考えていません。
果たして従来のインターフェースからリボンへの変更はどうなんでしょうね。


最新OS「Windows 8(仮)」は2012年登場、「Windows Phone」スマートフォンも年内に日本市場でリリースへ

マイクロソフトのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・バルマー氏が先日東京で行ったデベロッパー向けカンファレンスによると、同社は現在提供しているスマートフォン向けOS「Windows Phone 7」について、非常に注力しているそうです。

「Windows Phone 7」は昨年11月にリリースされましたが、バルマー氏は新たに500の機能を追加した新バージョンをリリースするつもりであり、日本市場でもWindows Phoneスマートフォンを年内に発売する予定であることを明言。日本で発売するキャリアや端末メーカーなどについては、マイクロソフトがまもなく開催する予定のイベントで明らかになるとのこと。

また、顧客満足度を向上させるためにユーザーインターフェースを刷新するなどした「Windows 7」を搭載したパソコンの売れ行きは好調で、今年だけでも少なくとも3億5000万台の販売を予定。次期OS「Windows 8」はパソコンだけでなくタブレット端末など、さまざまなフォームファクタをサポートするとしています。
posted by media_aidem at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。