2007年04月20日

Appleの考え、Sling Mediaの策略

 ラスベガス発--Sling Media(本社:カリフォルニア州サンマテオ)の最高経営責任者(CEO)であるBlake Krikorian氏は米国時間4月17日、「iTunes Store」で販売される楽曲や動画をまもなく登場するAppleの「iPhone」にストリーム配信するという同社の野望をAppleに伝えたことを明らかにした。しかし、この計画にAppleがどのような反応を示しているかは明らかでない。

 Krikorian氏は、National Association of Broadcasters(NAB)カンファレンスで開催されたパネルディスカッションに参加した後にこのような見解を示したが、話し合いの詳しい内容や、Appleが計画を歓迎したのかどうかについては明かさなかった。ただし同氏は、Sling MediaがiPhoneを「ぜひサポートしたい」との考えは明らかにしている。

 Krikorian氏はAppleについて、「彼らには、(iPhoneを)どのように展開していくのかという問題があると思う。デバイスをオープンにするのかクローズドにするのか、あるいは段階的な展開を考えるのかという議論は何度かあった。だから、(ストリーミングの)実現がいつになるのかは彼ら次第だと思う。しかし、これ以上はコメントできない」と述べた。

 19日午前時点でAppleの関係者からコメントを得ることはできなかった。

 CNET News.comは先週、Sling Mediaが「Slingbox」をApple TVに対応させる作業を進めていることを伝えた。Slingboxはセットトップボックスからウェブ対応デバイスにデジタルメディアを転送するデバイス。 Slingの話が実現すれば、iTunesユーザーが携帯端末から自分の楽曲ライブラリにアクセスできるようになる可能性もある。

 AppleのiPhoneは、6月に発売される予定であるため、Appleファンは当然のごとく、同携帯電話がこのような機能を搭載するかどうかについて推測をめぐらせている。

 これを実現するには、PCからApple TV、Slingboxへとコンテンツをストリーム配信し、それからiPhoneに渡す必要がある。このシステムは複雑であるだけでなく、 Slingbox、Apple TV、そしてiPhoneのすべての製品を購入する必要があるかもしれない。

 しかし、アナリストとAppleファンらは、Appleの技術力を持ってすればより低コストでより洗練された解決策を考えだすことができると確信している。Sling Mediaが、こうした取り組みに対してAppleから助けを求められる可能性があるだろうか。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20347429,00.htm?ref=rss

元記事を読むと、一方的なSling Media側のコメントだけでなんとなく今後に含みを持たせるようなニュアンスにとれます。
でもAppleフリークは知っています。MacにMacOS、eMateにNewton(最近のマカはご存じでないかも ^^;)そしてiPod。Apple謹製のハードウェアはApple謹製のオペレーティングシステムで動いていて中核を担う部分も同様のケースが多いんです。iTunes Storeとかね。

その中核部分を外部に依存するとは、とうてい考えられないんですよね。”Leopard”のリリースを延期するくらいですから、「iPhoneの中身」についても着々と形が整いつつあるはず。

Sling MediaのCEO、Blake Krikorian氏の鼻息はいまは荒いけど、いつの間にか忘れられてしまうニュースのひとつなのかもしれません。
posted by media_aidem at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年04月19日

YouTube子供に踊らされる

 この話はもう耳にしている人もいるかもしれない。Google傘下のビデオ共有サイトYouTubeに、オーストラリア放送協会(Australian Broadcasting Corporation:ABC)を名乗る署名入りの警告文が届いた。内容は、YouTubeに対し、ABC Televisionの番組「Chaser's War on Everything」からのビデオクリップをすべて取り除くよう求めるものだ。そこでYouTubeは、Viacomなど名の知れた企業から著作権絡みの圧力を受けて過敏になっていたのか、この求めに応じた。ChaserのクリップはあらかたYouTubeから姿を消し、この番組のコンテンツをアップロードしたユーザーは、削除しなければアカウントを打ち切るという内容の警告文を受け取った。

 だが、これには落とし穴があった。削除を求める書面は偽物だったのだ。Mashableによれば、書面を出したのはオーストラリアのパースに住む15歳の子どもだったという。落とし穴はもう1つあった。オーストラリア放送協会は、話題になれば良い宣伝になるので、ChaserのクリップがYouTubeで流されることを本当は歓迎しているのだ。(後略)


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20347380,00.htm?ref=rss

まったく関連性のない話からはじめます。個人的にいくつかウェブサイトを運営していて、その中のひとつに無料で広告も出さずにウェブスペースを提供してくれるサービスがありました。トンガのドメインだったせいか、目を離すと設置した掲示板に外国人による書き込みがたまってしまう程度で、かなり快適に使わせていただいていました。

無料で使えることをいいことに一部の心無いユーザによる悪用が原因で、昨年暮れからいくつか存続の道を模索していたようですが今年の2月末にサービスが終了してしまいました。”普通に使っていれば”いまも変わらずに利用できているはずだと思うのですが・・・。

著作権の絡んだいざこざが絶えず、Google側も過敏になっているのがなんとなく気がかりですね。「もうや〜めた」なんてことにならないことを切に望んでいます。
タグ:YouTube
posted by media_aidem at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

ミクシィ 業績予想を上方修正

 ミクシィは4月18日、2007年3月期(2006年4月1日〜2007年3月31日)の業績予想を上方修正した。ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」のローテーションバナー、ブランディングバナー、タイアップ広告の好調が要因となった。

 同社が2007年1月に発表した予想では、売上高47億8900万円、経常利益17億1900万円、純利益9億8600万円だった。今回の修正により、売上高が4億1100万円増の52億円(前期比174.6%増)、経常利益が3億8100万円増の21億円(同130.2%増)、純利益が1億 1400万円増の11億円(同90.9%増)となった。

 なお、2006年3月期実績は売上高18億9300万円、経常利益9億1200万円、純利益5億7600万円だった。

 ミクシィによれば、今期の売上の半分以上はmixiによるものだという。上方修正の理由として、mixi動画などの新機能の追加や携帯電話向けサービス「mixiモバイル」の機能強化により、ユーザー数およびページビューが順調に増加したことを挙げた。この結果、ローテーションバナー、ブランディングバナー、タイアップ広告といった広告販売が伸びたようだ。(後略)


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20347371,00.htm?ref=rss

mixiのバナー広告?そんなにあったかなぁというのが正直な意見です。
それでは広告を意識して眺めてみると・・・ログインページは広告の塊でした。小さなサイズのバナーが並んでいたりgifアニメーションでちかちか動いていたりすると目につくのですが、逆にドドーンと大きすぎて気がつきませんでした。

つぎにログインしてみると、ヘッダにバナーがあり、左側のサイドバーにもサイズの小さなバナーやテキストリンクがみえます。自然に溶けこませるように配置してたんですね。

このように配置しているのにも関わらず業績を上方修正する程、収益を上げているとは、ミクシィ恐るべし。
(クリック率をあげたり、誘導したりする努力はしているようであります。詳しくは元記事をどうぞ。)


【関連ページ】

mixi
posted by media_aidem at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。