2007年04月12日

てのひらサイズのPDA PalmOSからLinuxへシフト

 Palmの最高経営責任者(CEO)Ed Colligan氏は米国時間4月10日、ニューヨークで開催したアナリストや投資家向けのカンファレンスで、Palmがスマートフォン「Treo」シリーズ向けに新しいLinuxベースのプラットフォームを開発していることを明らかにした。

 Colligan氏によると、このLinuxプラットフォームは「Palmの新しい基盤」になり、Palmとユーザー、開発者にさらなる柔軟性を提供するという。

 同プラットフォームは「何年も前」から開発が進められてきた、と同氏は話しているが、Palmがまだ「Palm OS」をサポートし、今後も同プラットフォームベースの製品を出荷し続けることを繰り返し強調した。

 同氏はそのほかの詳細を一切明らかにしていない。

 Palm OSを開発したPalmSourceを2005年に買収したACCESSは、2006年にPalm OSの永続的ライセンスをPalmに提供した。ACCESSはその後、Palm OSの名称をGarnet OSに変更している。またACCESSは独自にACCESS Linux Platformを開発している。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20346836,00.htm?ref=rss

興味はあったものの、ペンデバイスをなんとなく敬遠していたので、結局NewtonにもPalmにも触らず、ちょっと大きめのモバイルギアを購入したのを懐かしく思い出しました。

さて本題に入ります。永続的なライセンスが提供されるといっても、実際のところ核となるOS部分を買収されてしまったのですから、代替を用意していずれそちらにシフトしていくのはしかたのないことかもしれません。

モバイルギアは拡張性のあるMS-DOS6.2から、いじるにはおもしろみのないWindowsCEに変更になってしまい購入したのが後者だったため、悔しい思いをしました。

PalmOSからLinuxへのシフト・・・。
これからPDAを購入しようという方は後悔のないようじっくり選んでくださいね。
posted by media_aidem at 07:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年04月11日

個人でも簡単にできるSEO?

 トゥルースは4月10日、WebサイトのSEOを個人でも簡単にできるサービスを強化した。従来サービスと比べ、より簡単にSEOの実施結果を確認できる機能などを追加。より明確に費用対効果を示すことで、利用者の拡大を狙う。

 検索エンジンに最適化したWebサイトを個人でも作成できる「Self SEO」は、検索順位を上げたいURLをフォームに入力するだけで、自動的にそのサイトにあったSEOを施すシステム。ASPにより、すぐにSEO済みのファイルをダウンロードできる。また、検索エンジンが認識しているキーワードを表示したり、競合サイトのチェックなどもできる。

 今回追加したのは、エンコード前のプレビュー確認と、結果を定期的に自動チェックする機能。これにより、検索エンジンのランキングや被リンクの確認が簡単にできるようになった。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20346749,00.htm?ref=rss

自分でもいくつかウェブサイトを運営しているので、SEO(検索エンジン最適化)はやっぱり気になるし、愛用のウェブブラウザFirefoxにもSEO関連のアドオンをたくさん取り込んで使っています。

そこで”SEOを売る会社”トゥルースについてチェックしてみました。
まずはオーソドックスにググってみると表示順位は7番めでページランクは3でした。(ちなみにトップはソープランド ^^;)Firefoxで見たトップページは文字が重なってしまっていて、ついでに申し上げるとMcAfeeSiteAdvisorでは未検査でWebDeveloperのHTML診断はマイナス27点。

テクニックに走るSEOよりユーザビリティを重視したページをつくることに心がければ、良好な結果が得られます。Googleのアルゴリズムと対峙してもかなうわけないんですから。Self SEO=¥9800〜果たしてこの投資は高いか安いか・・・。
タグ:SEO
posted by media_aidem at 11:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | IT関連

"第2の生活”の楽しみ方

 「仮想世界の本質は、“ウェブでできることはするな”ということ」――仮想世界「Second Life」に進出しようとする企業に対して、メルティングドッツ代表取締役の浅枝大志氏はこう警告する。

 メルティングドッツは、Second Life内でサービスやプロモーションを展開する企業を支援するベンチャー企業。2006年11月に創業し、企画立案から3Dコンテンツの制作、空間の運営までを請け負う。

 Second Lifeはユーザーが3D空間上で他のユーザーとコミュニケーションできるだけでなく、自由にものを作れたり、米ドルと交換可能なリンデンドルという貨幣を使ってものの売買ができたりすることから、次世代のインターネットサービスとして注目されている。しかしその一方で、参加したユーザーからは「何をしていいのかわからない」などという声が上がっている。

 これらの声に対し、浅枝氏は「Second Lifeはそもそも世界中のすべての人にとって今すぐ役に立つようなサービスではない」と指摘する。Second Life内のコンテンツ自体がまだ充実しているような状況ではなく、それらのコンテンツを簡単に探して使えるようなツールも揃っていない。このような状態では、不満が出るのは当然のことというわけだ。


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20346785,00.htm

日本からはトヨタ・日産・マツダなどの自動車メーカー、セシール、東芝EMI,ブックオフなどがすでに店舗展開しているようです。海外では仮想不動産取引で実際の利益をあげたなんて話も。

記事を読んでみると、まだ第2の生活の舞台となる仮想エリアは発展途上のようですね。Second Lifeのサイトでも日本語版は未公開である旨の告知が見えます。

今のうちにサインアップして「第2の生活」を先取りしておくのも楽しいかもしれませんね。

【関連ページ】
Second Life
タグ:Second Life
posted by media_aidem at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。