2007年04月10日

また一歩前進! グーグル、AFPと提携

 通信社のAgence France-Presse(AFP、本社:パリ)がGoogle(本社:カリフォルニア州マウンテンビュー)とライセンス契約を交わした。これにより、「Google News」へのAFP記事掲載を巡る両社の論争が終結した。

 米国時間4月6日に発表されたこの契約により、Googleは、ニュース記事や写真を含むAFPのコンテンツを自社のGoogle Newsアグリゲーターを含む各種サービスに掲載可能になる。いずれも、それ以上の詳細や金銭面の諸条件については明らかにしていない。

 AFPは2005年3月、ヘッドライン、写真、要約記事がGoogleのニュースサイトに無断で掲載されていると主張し、1750万万ドルの損害賠償支払いを求めて著作権侵害でGoogleを提訴した。だが、AFPは6日の契約締結を受けて訴訟を取り下げた。 (後略)


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20346651,00.htm?ref=rss

「大通りに店を出す」のがインターネットで成功するための大前提なのですから、AFPのくだした判断にはうなずけます。ゴネつづけて問題を大きくしてしまうよりずっといい結果になるでしょうね。

この記事、注目すべき点は

「AFPのオンライン配信ニュースが革新的な新しい方法によって劇的向上を果たす」

「新たなコラボレーションにより、Google Newsを中心にGoogleの各種サービスでAFPの独自の報道活動や速報が確実かつ容易に見つけ出せるようになる」

というGoogle広報の言葉。具体的な部分はまだ見えてきませんが、どんなサプライズが用意されているのでしょう?注目しつつ待つこととしましょう。
posted by media_aidem at 07:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2007年04月09日

マイクロソフトのヨーロッパ政策・・・難航

 Microsoftが、特許権使用料(ロイヤリティ)をほとんど、あるいは全く受け取ることなく、極めて重要な技術情報を競合他社に提供しなければならなくなる可能性があることが、ある新聞の報道で明らかになった。

 Microsoftは、欧州委員会との和解の一環として、競合企業に特許を保有する特定のルーチンを販売している。Microsoftは当初、同社が特許を保有する特定のルーチンを使ったソフトウェアに対して5.95%のロイヤリティの支払いを求めていた。


http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20346606,00.htm?ref=rss

独禁法による係争以来、ずっとマイクロソフトの対ヨーロッパ政策は難航しているようです。VistaにしてもMedia Player関連をバンドルしない「Home Basic Edition」と「Business Edition」の「N」バージョンなんて”特別版”まで用意したのに、まだ許してもらえないんですな。

基本的に根っ子は”マカ"ですし、個人的なスタンスとしてはMicrosoft嫌いなので

もっと頑張れ欧州委員会


なのですが、さすがにちょっと”可哀想”側に傾きつつある今日このごろ・・・どうしたもんでしょうな。

まったく話は変わりますが、Technoratiの検索がやっぱり使いにくいのでGoogleに変更しました。ブログ内検索もスムーズですので、是非ご利用くださいな。
posted by media_aidem at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

日本語 ”世界一”の座を奪還

 ブログ検索のTechnoratiが発表したレポートによると、2006年第4四半期は日本語が第2位の英語を抑え、ブログ投稿数の多い言語の第1位に再びランクインしたという。

 State of the Live Webというこのレポートには「言語別のブログ投稿数を集計した最新の調査結果により、日本語が再びトップに返り咲いたことが明らかになった。日本語のブログ投稿数は全体の37%を占める(2006年第3四半期は、日本語のブログの割合は33%だった。2位につけた英語は第3四半期の39%から第4四半期は36%へと低下した)。またトップ10に入った言語の中では、イタリア語がスペイン語を抜いて4位につけるという動きも見られた。3位につけたのは中国語だった」と書かれている。(後略)


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20346610,00.htm?ref=rss

アプリケーションの開発技術が優れているわけでもないのに、そして他言語と比較して読みものとしてもきっと秀でているわけでもないと思いますが、それでも世界一ってなんだかうれしいですな。

自分の文章を棚上げして書いちゃいますが、一昨年あたりはいろんな人のブログを読ませていただいて簡明を受けたものですが、最近はとんと読まなくなりました。なんだか蛋白すぎる気がして・・・。ウェブサイトを運営して、ウェブページ上で意見や主義を述べている方は、わたしにとってはちょっと濃すぎるし(^^)。

テキスト量にしても蘊蓄にしてもちょうどいい濃さのブログ。これからはそんなブログが人気出そうな気がします。

話は変わりますが、”厳選!今日のITニュース”ではTechnoratiの検索窓をつけていますなぜか日本語に対応していません。世界一なのにねぇ・・・。
タグ:Technorati
posted by media_aidem at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。