2011年04月09日

Ubuntu 11.04の近況

いくつかあるニュースソースで筆者がいちばん信頼を置いている技術評論社のサイト。
Ubuntuを含めたLinux関連のニュースはほぼここから取得しています。


20110409.png
最新のUbuntu Weekly Topicsでは、プロプライエタリなドライバについての対応状況について説明されていました。記事を半ばまで読んだ時点で、おもむろに確認してみるとメインマシンがバッチリ合致。ひょっとしてシステムを組み直さないと使えない(実質新たに1台組むことになる?)のかと考えながら読みすすめると、Ubuntu 11.04の正式リリースまでには、クリアされそうな様子で安心することができました。
・・・もっともクリアされていない部分は記事にもならないかもしれませんが。


リリースまであと20日を切ったUbuntu 11.04。
初遭遇となるUnityもちょっとだけ楽しみに感じてきました。


fglrx for Natty

Nattyでは,X.orgのバージョン更新・Kernel 2.6.38への更新が行われ,最新世代のX環境が用いられるようになっています。これにより,各種ハードウェアのサポートの強化・パフォーマンスの向上などといった面でメリットが得られるのですが,一方で「新しいXやKernelにあわせ,ドライバをリビルドもしくは改変しないと動作しない」という問題も引き起こします。一般的なオープンソースドライバが存在するグラフィックチップであれば大きな支障はなく,単にリビルドするだけで良いのですが,いわゆるプロプライエタリドライバについては,ベンダが対応しない限り,動作するドライバは得られません。NVIDIAの“GeForce Driver”とAMD/旧ATiの“fglrx”が該当します。

NVIDIA・AMDともに,オープンソース実装のドライバを利用することで,ある程度の性能を引き出す(2D機能と基本的なアクセラレーションだけを動作させる)ことは可能なのですが,チップ本来の性能を発揮させるにはプロプライエタリドライバが不可欠です。

Nattyフェーズでは,このうちfglrx(AMD/旧ATiのグラフィックチップ向けドライバ)が問題になりました。端的には,fglrxは最新世代のXに対応するドライバが存在せず,Natty上でfglrxを利用する方法が存在しない,という状態で,関係者をやきもきさせていました。

ひとまず3月末に無事にfglrxパッケージがリリースされています。このドライバはAMDからドライバは正式にリリースされていない時点でパッケージができている「特別な」ものではありますが,少なくともXとの互換性の面では問題はなく,リリース上クリティカルではなくなっています。このドライバを用いてもUnityの動作には若干の問題はあるのですが,リリース時点までには改善される見込みです。


こんなニュースも
3年の時をかけ… GNOME 3.0が正式リリース
posted by media_aidem at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2011年04月08日

マイクロソフトの作る車で湧いたイメージ

ひょんなことから発売して間もないメルセデス・ベンツを運転できる機会に恵まれました。
約2時間ほどのドライブで感じたのは、静粛性と乗り心地の良さ・扱いやすさでした。ドライバーのことを細やかにサポートしてるなという、かなりの好印象でありました。


さて、トヨタとマイクロソフトが「未来の車」を作るべく業務提携を結んだというニュースであります。
例にあげたメルセデス・ベンツとは逆に扱いやすいなどとこれっぽちも感じたことのないマイクロソフト・・・個人的なイメージとしては・・・

20110408.jpg


こんなアラートを多発して、最後はブルースクリーンになるのではないかという危惧しかありません。まぁ、トヨタ車には乗りませんけど。


トヨタとマイクロソフト、ITで提携発表「未来の車」つくる

トヨタ自動車と米マイクロソフト(MS)は6日、IT(情報通信)事業で提携したと正式発表した。トヨタは高い技術力を持つMSと提携することで、自動車のIT戦略推進を鮮明に出す。MSも自動車業界大手のトヨタと組むことで、今後拡大が見込める次世代自動車向けシステムの分野を強化する

 同日、米ワシントン州のMS本社で、インターネット経由による両社の共同会見が行われた。トヨタの豊田章男社長は「業界大手の2社の協力で、どんな未来の車ができあがるか楽しみだ」と述べた。MSのスティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)は「トヨタはMSと組むことで自動車のIT化を170カ国で進めることができる」と強調した。

 トヨタとMSは、トヨタ子会社のトヨタメディアサービス(名古屋市)が7月までに実施する10億円の資本増強に応じる。出資割合などは今後詰める。トヨタは2012年に市販予定の電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)に、情報を配信するMSのソフトを採用する。

 トヨタによると、運転者が機械に向かって声で指示するだけで渋滞情報や周辺店舗の情報などを入手できる機能や、EV充電施設までの効率的なルートを検索できる機能などが想定されている。
posted by media_aidem at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2011年04月02日

Google Fiber もっと速い回線でできること

20110402.png
モデムをつないだダイヤルアップ接続の頃にインターネットを始めた筆者にとっては、現在のつなぎっぱなしで使え、しかも高速な光回線でもかなりの恩恵を受けているような気がしますが、Googleはもっと先を見据えているようです。


最大1Gbpsの超高速光ファイバー”Google Fiber”。
1Gbpsというとフレッツ光の5倍の速度。具体的な用途としてどんなものが考えられるか調べてみると、大容量のデータ通信をする際にかなり有利とのこと。普段使うにはストレスを感じない速度でも重いページを開いたり画像・動画のアップロードを実際にしてみると、やっぱり時間がかかります。この速度が短縮されるだけでもメリットは大きそうですね。


映画1本分のデータも数秒でダウンロード!そんな環境も夢のお話ではないようです。



いよいよGoogleが最大1Gbpsの超高速光ファイバー「Google Fiber」のサービス展開へ

Googleの公式ブログによると、同社が昨年2月に発表した、平均的なアメリカのインターネット回線の10倍以上の速度で通信できる最大1Gbpsの超高速光ファイバーサービス「Google Fiber」について、アメリカ全国から1100近い自治体がGoogleとの提携を申し出たそうです。

そして発表から1年以上が経過しましたが、検討の結果Googleはカンザス州のカンザスシティーで同サービスを実施することを決定し、現地時間の2011年3月30日にカンザスシティーとの開発協定に署名したとのこと。

なお、Googleは2012年に「Google Fiber」のサービス開始を予定しており、この10年間でブロードバンドが普及したことにより、音楽販売サービスや動画共有サービス、テレビ会議サービスといったさまざまなサービスが普及しましたが、さらなる広帯域通信を実現することでどのような新たなサービスが生まれることになるのかを見いだすつもりであるとしています。

ちなみに今回の発表を受けて、選考漏れした一部の自治体から落胆の声が上がっているとされていますが、Googleはこの試みについて「ここで終わるのでなく、ここから始まるものであり、我々は今後数ヶ月にわたって他の自治体との間でサービス実現の可能性について話し合う予定である」と述べていることから、サービス提供地域が今後拡大する可能性も十分見込まれます。

すでに関西電力系のケイ・オプティコムが提供する「eo光ネット」をはじめとして、1Gbpsの高速通信サービスが各社から提供されており、2012年には下り最大330Mbpsを実現する無線通信規格「WiMAX 2」を用いた超高速モバイル通信サービスが展開されるなど、日本でも高速通信サービスは着実に普及しつつあるわけですが、日本から超高速通信を用いた新しいサービスが生まれるのかどうかについても気になるところです。
posted by media_aidem at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。