2007年02月05日

今度はステルス型?

 ネットセキュリティ関連のソニックウォールはこのほど、メールにまつわる被害に関する2006年の調査結果を発表。2006年はスパムやフィッシングの手法を複合化する動きが拡大し、手法がより巧妙になり、ウイルスやスパイウェアの不可視性が高まったことにより、被害が広範に渡るようになったことが明らかになった。(後略)


http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20342239,00.htm?ref=rss

先日もフィッシング詐欺が増加しているという内容の記事を書きましたが、ウイルスも負けてないようですな。

知らない(気がつかない)間にポットネットに組み込まれて、スパムやDOS攻撃などの“加害者”になっちゃうケースがある点もなんだか……ホントに乗っ取られるということを実感してしまいます。

このウィルス、対策ソフトが古いと検出できないし、パソコンを破壊するような動作はしないため、感染者が気づき難いことも問題。いいように操られちゃうんですな。ちなみにポットネットのポットはロボットが語源だとか。あなたのパソコンどこかにいる悪意のユーザのロボットになったりしてませんか?

万全のセキュリティ対策で、あなたのPCも寒さを乗り切ろう!(≧∇≦)

「ウイルスセキュリティZERO」を買ってプレゼントをGET!

シマンテック2007新発売!!セキュリティソフトならコレに決まり!!

posted by media_aidem at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連

2007年02月03日

マインドマップもグループウェアに

 ネオテニーベンチャー開発はこのほど、マインドマップツール「MindManager」をTypePadやMovableTypeなどのブログツールと連携させるアドイン「ブログにホイ!」の提供を開始したと発表した。公式サイトから無償でダウンロードすることができる。(後略)


http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20342237,00.htm?ref=rss

いままでもマインドマッピングをモニタ上で実現するアプリケーションはあったけれど、”共有”という使いかたが出来なかったようです。
グループウェアと呼ぶにはちょっとおおげさかもしれませんが、「これは画期的!」と感じる方も多いのでは?ブログにホイというネーミングもなんだか和めるし……

マインドマッピングをご存知なかった方も、このブログを読んでいただいたのを機会に触れてみてはいかがでしょう?

【 関連ページ】
マインドマップとは
posted by media_aidem at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT関連

Office製品を買う前に読んでみて

 キングソフトは2月1日、「キングソフトオフィス2007」の発売を開始した。Microsoft Office 2003バージョンのワード、エクセル、パワーポイントに、操作性やファイル互換性を最大限に近づけたという。

 ワープロソフトの「Writer(ライター)」、表計算ソフトの「Spreadsheets(スプレッドシート)」、プレゼンテーションソフトの「Presentation(プレゼンテーション)」の3つで構成され、Officeのユーザーならば新たに学習することなく操作できるという。 (後略)


http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20342230,00.htm?ref=rss

例えばVBAを駆使したスプレッドシートが業務上欠かせないなどの”足かせ”がなければ、充分乗り換えを検討するに値する製品でしょう。ただ互換性は高めていただいてけっこうなのですが、別に操作性まで近づけなくても……。

わたくし業務の簡略化を命題に、関連子会社13社の試算表を連結させるシステムをアクセスを使わずエクセルだけで、しかも表上につくったボタンをクリックするだけの簡単操作でできあがるように構築したことがあります。
こんな特異な作業をしないのならば、上記のキングソフトオフィス2007は買いです。

個人的にはExcelと並行してオープンソースで提供されているOpenOfficeを愛用しています。実際にExcelで作ったBVAが組み込まれていない表なら、見劣りもないし互換性も考慮する必要ないです。
もちろん開発に参加した方々には敬意を払って使っていますが、不思議な話ですね。4万円前後するソフトの対抗馬として5千円のソフトが話題になり、同程度の機能を有する無料で使えるものも存在する……どんなにコストをかけても出来上がった成果物は遜色ないんですけどねぇ。

MSOfficeにするかキングソフトオフィス2007にするか、はたまたオープンオフィスを選ぶにしてもネット上ではさまざまな口コミ情報を拾うことが出来ます。コストの比較だけでなく、そんな口コミを参考にしながら選んでみるとはずれが少ないかもしれません。


posted by media_aidem at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。