2011年01月13日

MicrosoftのH.264サポート終了に伴う対策?

米GoogleがChromeブラウザでのH.264サポート終了を発表したという事実をまずは受け止め、早速筆者のシステム(Ubuntu10.10 + 自作PC)で検証をしてみました。
まずは普段使っている動画編集アプリケーションのPiTiViで動画を編集し、WebM形式の拡張子.webmでエンコード。PiTiViは v0.13.5と数値だけ見るとまだプロトタイプのような印象を受けますが、WebM形式にも対応しており無事書き出すことができます。


Ubuntu標準の動画プレイヤー”Totem ”でもVLCメディアプレーヤーでも無事再生ができ、動作確認は滞りなく完了・・・ということでほぼ影響がないことがわかりました。


ちなみにこれだけの作業をする間、サブマシンとして使っているWindowsXPが走るノートパソコンは、となりで「月例パッチ」を当てる作業だけで手一杯の様子。


公式ブログのパロディなんてしてる間にもっとやることあるんじゃないのと、毎度のことながら呆れてます。


GoogleのH.264排除は公用語をエスペラントにするようなもの−−Microsoftがパロディで批判

 「英語が会話に占める役割は大きいが、オープンなイノベーションというわれわれの目標のために、今後この国で英語をコミュニケーション手段として使うことを禁じる」−−米GoogleがChromeブラウザでのH.264サポート終了を発表したことを受け、米Microsoftの公式ブログに1月12日(現地時間)、Googleの公式ブログのパロディが投稿された。

 Googleは昨年5月、HTML5のビデオコーデックのH.264はオープンではないとして、オープンソースのビデオコーデックを推進するプロジェクトWebMを立ち上げ、Microsoftもこれに賛同している。だが現在ネット上にはH.264でコーディングされたコンテンツが多数存在し、 WebMに賛同しない米Appleは自社ブラウザのSafariでH.264のみをサポートしている。

 Microsoftのパロディは、このような状況でH.264のサポートを打ち切ってWebMとTheora(オープンソースのコーデック)のみの利用を強要することを、米国の大統領が国民に向かって英語の利用を禁じ、人工的に作られた言語であるエスペラントを公用語に制定するというシナリオに書き換えたものになっている。

 ブログにはH.264、HTML5といった用語はいっさい出てこないが、エスペラント、クリンゴン(スタートレックで宇宙人が使う架空の言語)、英語にそれぞれWebM、Theora、H.264の公式サイトへのリンクが張ってある。最後は「この決定の実施は2カ月後になるが、エスペラント以外の言語を使っている国民に世界の図書館(のコンテンツ)を翻訳する期間を与えるために今発表した」と結ばれており、「世界の図書館」の部分にはH.264が Web動画の66%を占めているという2010年5月のTechCrunchの記事へのリンクが張られている。


関連記事
Google、SafariとIE9向けWebM対応プラグインをリリースする計画を発表
タグ:WebM ubuntu
posted by media_aidem at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2011年01月07日

美女Linux 美女と一緒にコマンドを使いこなそう!

システムをLinuxに統一してからすでに二年以上経過しています。
以前から使い続けている会計ソフトや、作成したウェブデザインをIEで確認するなどの兼ね合いから、ほんの少しだけWindows環境も残していますが、普段使いのデスクトップやファイルサーバなどはすべてLinux。


インストール時にネットワークの自動設定までしてくれるディストリビュータも多く、近頃はLinux環境への乗り換えの敷居がかなり低くなりました。コマンドなんて知らなくてもLinuxが使えてしまう状況になっています。


筆者はへそ曲がりなので「だからこそコマンドを」とことあるごとに訴えてきましたが、ココへ来て強い援軍が登場しました。うれしはずかし美女軍団であります。サイドバーにブログパーツを貼ってみたのですが、微妙に切り替えが速かったり・・・記事はそっちのけでブログパーツばかりに来訪者の目が行ってしまうのは悔しかったりと心境はちょっと複雑。


でも作業によってはマウスでクリックするよりもコマンドの方がずっとスマートな作業もたくさんあるんです。UbuntuやFedoraその他ディストリをお使いの方、この機会にコマンドにも触れてみてください。きっと目から鱗が落ちるかもしれませんよ。


「美女Linux」オープン 「Linuxコマンドをもっと素敵に身近に」

 Linuxのコマンドを書いたボードを美女が掲げる画像を多数公開する「美女Linux」というサイトが12月24日にオープン。美人時計のような雰囲気で、「難しく思われがちなLinuxコマンドを楽しく習得していただくことが可能」としている。

 ブログパーツやデスクトップガジェット、iPhone/iPadアプリなども公開予定。IT関連の教育・研修を手がけるLinuxジャパンが運営している。
posted by media_aidem at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2010年12月15日

Chrome OSは第3の選択肢になれるか?

ランニングコストの軽減化と使いやすさでLinuxに乗り換えて数年。
第3の選択肢はLinuxだと個人的には考えていましたが、ホンモノの登場が秒読み段階となってきたのかもしれません。


元記事を読む限り、ネットワークを通じて端末機から作業をするUNIXのような感覚で(ただしUCIではなくGUI)捉えればいいのでしょうか?すでにChrome OSを搭載したテスト機は配布が開始されたようで、その使用感はChromeブラウザと変わらないとのこと。個人的にはかなり期待が高まってきています。


今まではウェブブラウザを使用する対比がFirefox対Chromeで8:2だったのを4:6くらいにしてChrome OSの正式リリースに備えておりますが・・・浮かれすぎでしょうか?



「Chrome OSはクラウドを実現する」−−GoogleのシュミットCEO

 米Googleは「Chrome OS」でクラウドへの注力をさらに強化する考えだ。同OSはNetbook用のWebプラットフォームで、Googleのエリック・シュミットCEOによると、信頼性の高いネットワークとディスクレスマシンの利用を基本とするという。

 Microsoft WindowsベースのPCおよび米AppleのMacは、ローカルハードウェア上に置かれたソフトウェアに大きく依存するのに対し、Googleは Chrome OSによってChromeブラウザ用のWebアプリケーションの普及を促進する考えだ。

 Chrome OSでは、ユーザーがソフトウェアをダウンロードしたりデータをマシン本体に保存したりすることはない。データはGoogleのクラウド内に置かれ、全世界のデータセンターに配備された多数の並列サーバで管理される。

 開発者が作成したアプリは「Chrome Web Store」に置かれ、ユーザーは同ストアで提供されるアプリを利用する形になる。Chrome Web StoreはGoogleが最近立ち上げた無償・有償アプリ用のアプリストアで、Chrome OS搭載Netbookからアクセスできる。

 シュミット氏によると、Debian LinuxをベースとするオープンソースプラットフォームであるChrome OSは、Microsoft Windows PCとAppleのMacマシンと並ぶプラットフォームとして第3の選択肢を提供するという。Linuxが勢力を伸ばせなかったことを考えれば、これは大胆な発言だ。

 「以前はクラウドコンピューティングという選択肢が存在しなかった。だが今では、強力なプラットフォームをサポートするのに必要な安定性と拡張性に優れた高速な製品が存在する」とシュミット氏はブログに書いている。「コンピュータサイエンティストたちは長い間、この可能性を追求してきたが、これまではそれを実現するための技術が存在しなかったのだ」と同氏は付け加えている。
posted by media_aidem at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。