2010年10月15日

Ubuntu10.10 インストールガイドの補足(^_^)

Ubuntu10.10がアナウンスどおり10日(国内向けには11日)にリリースされました。
バージョンを重ねるごとにインストーラも易しくなり、すでにインストールガイドなど必要としないくらいだと思うのですが、そのガイドがZD−NETにアップされていました。


他のOSとデュアルブートで使おうとするのなら、注意する箇所はインストールガイドの2〜3ページあたり、いきなりこの説明を読んだだけでサックリできるほど簡単ではないと思われます。パーテーションを割り当てながらインストールする方法については姉妹サイトを参照していただくとわかりやすいかもしれません。


加えてこれから初めてUbuntuをインストールしてみようと考えているなら、明日(10月16日)リリース予定の日本語 Remix CDを待ってからの方がいいと思われます。
最後に厳選!今日のITニュースではパソコンユーザの脱Windowsを応援しています・・・頑張ってください。


Ubuntu 10.10インストールガイド

 いまや有数のLinuxディストリビューションに成長した「Ubuntu」が半年ごとの定例アップデートを実施し、「Ubuntu 10.10」(コード名:Maverick Meerkat)がリリースされた。それでは早速、そのインストール手順を紹介してみよう(以下略)
posted by media_aidem at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

ポメラについていたらいいなと思う機能

キングジムから”ポメラ”が発売されたときに、筆者の中の”物欲魔神”が激しく躍動したのを覚えています。通信機器はいらない、メモをとることに特化した機能、17ミリのキーピッチそして機動性・・・どれも素敵に映ったものです。


でもよくよく考えてみたところ、モバイルギアがあれば”ポメラ”はいらないことに気づきました。乾電池で稼働すること、持ち運びにそれほど邪魔にならないこと、起動時間についてもほぼ匹敵するし、環境が整っていればインターネットへのアクセスも可能。幸いモバイルギアを1台所有していたので、ポメラ発売時は物欲魔神をなんとか抑え込むことに成功しました。


改めてポメラの開発経緯を読んで、またもやウズウズし始めました。
オフィシャルサイトを覗いてみると、いろいろなカラーの商品や由良拓也氏デザインの限定品など非常に惹かれます。最初のモデルがリリースされてからある程度時間が経過しているし、IMもさぞかし熟成されてきているのではないでしょうか?


USB経由やmicroSDでパソコンとデータ交換もできるようなので、プレーンテキストだけじゃなく、せめてマインドマッピングができたら即効で購入しちゃうんですけど・・・。開発の方々、その辺なんとかならないでしょうか。


時代に逆行 シンプル機能に思い込める キングジム「ポメラ」

キングジム「ポメラ」の特徴は「メモをとる」というシンプルな使い方に機能を絞った点にある。時代に逆行するかのような製品がヒットとなり、今や就職希望の学生からの問い合わせも増えているという。

 老舗事務用品メーカー、キングジムの文庫本サイズの電子メモ帳「ポメラ」の特徴は、「メモをとる」というシンプルな使い方に機能を絞った点にある。より高い機能や付加価値を追い求めるデジタル時代に“逆行”するかのような背景には「自分が欲しいものを作りたい」という開発者らの思いが詰まっている。(抜粋)
posted by media_aidem at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2010年10月14日

OperaがアップグレードでVer10.63へ

opera1063.pngUbuntuやFedoraと比べると筆者の環境ではあまり生産性が高くないため、ほとんど使わなくなってしまったWindowsXP。以前から使っている会計ソフトを立ち上げるときの他には、月に一度の修正パッチが当てられたニュースをみつけたときくらいしかスイッチを入れないメンテナンスモードみたいな使い方になってしまっています。


そんなWindows環境ですが、少し前にウェブブラウザをFireFoxからOperaに乗り換えたところです。試用してみるとなかなかしっくりくるので継続して使うようになって以来、今回が初めてのバージョンアップとなります。引用文の最後にも書いてあるとおり、Operaを起動させると勝手にアップデート作業に入りました。


搭載メモリが多くないとかCPUのクロックが遅いといった理由で、軽いソフトを手探りで探しながら使っているといったエンドユーザにはOperaはオススメ。思いのほかキビキビと走ります。インターフェイスもIEやFirefoxとはまた違って、新鮮に感じます。


メインの環境ではFirefoxのアドオンに依存してしまっている部分が多く、簡単に乗り換えることができないでいます。たまに灯を入れるサブマシンだから遊べるのかもしれませんが、Operaは最近のお気に入りです。


「Opera 10.63」リリース--複数のセキュリティホールを修正

 米国時間10月12日、「Opera 10.63」がリリースされた。セキュリティホールが修正されたほか、安定性が向上している。

 Opera 10.63で修正されたセキュリティホールは、クロスドメインのチェックがバイパスされることによりデータ盗難が可能になっていた問題や、サイトアドレス詐称につながる不具合、なりすましやクロスサイトスクリプティングを許すリロードとリダイレクトの問題、プライベートビデオストリームが傍受される恐れがあるというMicrosoftから報告された問題、一定の手動操作を介した後にJavaScriptがセキュリティ上好ましくない動作をする脆弱性など。同バージョンはWindows、Mac、Linuxに対応する。

 その他に修正された問題としては、起動時にOpera Linkがフリーズする問題、Opera Unite Messengerがロードしない問題、バックグラウンドタブを開くとスタートバーの内容が表示されない問題、Opera起動時にCPU使用率が100%になってしまう問題がある。

 Operaの自動アップデート機能を有効にしている場合、特別な操作なしにバージョン10.62からアップグレードされる。
posted by media_aidem at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。