2010年08月25日

Yahoo!+Bing > Googleの図式は変わらず

去年から伝えられているYahoo!の検索エンジンに、MicrosoftのBingが採用されるという方向で話は進んでいました。筆者もこのセンでほぼ決定と考えていたのですが、蓋を空けてみれば、なんとYahoo!Japanの検索エンジンには、宿敵であるGoogleエンジンが採用される事になりました。

アメリカでの検索エンジンのシェアはGoogleが71.31%とダントツの状態です。
日本国内のシェアは別物ですから、またYahooとYahooJapanを別物と考えればこの「パートナーの選択」はそんなに不自然ではないような気もします。むしろYahooJapanの下した英断は見事といえるのかもしれませんね。


筆者自身が運営しているブログやウェブサイトのアクセス解析を見ると、YahooJapanよりGoogleからの来訪が圧倒的に多いので、YahooJapanの英断はむしろ歓迎。そして検索の分野でも占有を狙ったMicrosoftのあたふたぶりが目に浮かぶ楽しいニュースとなりました。

MicrosoftのYahoo買収騒動があったのが、2008年05月。
ニュース自体には衝撃を受けましたが、あの時点ですでに検索分野での隆盛は決定的で楽観視していました。今更両者が提携してもねぇ・・・(^^ ;)。



ヤフーがマイクロソフトの検索に移行完了 日米でねじれ

 米インターネット検索大手のヤフーは24日、米国とカナダでの検索サービスについて、ソフトウエア最大手、米マイクロソフト(MS)が提供する検索エンジンへの移行を完了したと発表した。ヤフーとMSは提携により、米インターネット検索大手、グーグルに対抗する。

記事本文の続き ただ、日本のヤフーは米ヤフーの方針に反してグーグルの検索エンジンを採用すると表明しており、日米ヤフー間で“ねじれ”が生じる事態となっている。MSは、日本でヤフーとグーグルの提携が競争を阻害するとして、日本の公正取引委員会に異議を申し立てる計画。

 米ヤフーとMSは今後、検索サービスの統合を世界規模で拡大、ネット検索連動広告についても協力する。(共同)
posted by media_aidem at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2010年08月16日

radiko期間延長の嬉しいニュース!

クリアな音でパソコンに向かっている時間が長い筆者にはもはや必須なアプリとなったradiko。このまま試験放送から本放送にしていただいてもまったく構わなかったりもしますが、とりあえず期間延長は嬉しいニュースであります。

自動車で外出するときもラジオを聞くのですが、radikoに慣れてしまうと以前は気にならなかった”電波のラジオ”の雑音が非常に気になったりして・・・。

次のradikoに関するニュースは試験放送の終了と本放送開始のお知らせであることを強く希望しながら待ちたいと思います。


「radiko」試験期間を3カ月間延長

 AM・FMラジオを放送と同時にネット配信する「radiko.jp」を運営するIPサイマルラジオ協議会は8月13日、試験配信サービスを11 月末まで3カ月間延長すると発表した。週間延べ聴取者数が300万人を超える人気サービスに育っており、試験期間を延長して実用化に向けた課題に取り組む。

 同サービスは今年3月15日、在京民放7局と在阪民放6局の地上波ラジオ放送を、CMを含めて同時にネット配信するサイマルサービスとしてスタート。4月に公開したガジェットは約95万回ダウンロードされ、5月10日リリースのiPhoneアプリは約65万、7月27日リリースのAndroidアプリは約2万のダウンロードがあった。

 都市部を中心としたラジオ聴取環境の悪化対策としてスタートしたサービスだが、同協議会は「radikoをきっかけにしてラジオに対する関心の高まりが感じられ、新たなラジオリスナーも開拓できている」と手応えを感じている。

 8月末までの試験サービスとし、9月以降の実用化を目指すスケジュールだったが、現在でも週間延べ300万人が聴取し、また99%がサービス継続を望んでいるというアンケート結果もあることから、試験配信期間を3カ月間延長し、その間に実用化に向けた課題に取り組むことを決めたとしている。
タグ:radiko
posted by media_aidem at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2010年06月06日

日立製作所のサーバ仮想化機構「Virtage」にSymantecの認定

パソコンが起動しなくなった、壊れた・・・。
そんなとき一番のダメージは作成したデータです。できればしたくない経験ですが、実際に喰らわないとその重要性が実感できないというのも事実。完全にプライベートユースでもデータが飛んでしまうのは痛い経験ですが、これが仕事で使っているデータだったら・・・。積み上げていたものが根底からガラガラと崩れていくような気がしますよね。逆にデータのバックアップが取れていれば、パソコンはただの容器です。いくらでも替えが効きます。

クラウドコンピューティングということばをよく耳にします。
なんとなくイメージはできても、個人で使っているとなんとなくピンとこないというのが正直なところ。”雲の中”は見通しが悪くて手探りの状態です。日立のVirtageというサービスも、どういった形で提供されるのかわかりません。きっとエンドユーザというよりも企業向けに提供されるのでしょうね。

ただバックアップを複数とっておけば、安心度も増すというもの。”雲の中”だけでなく、実体の見えるDATなどテープメディアにバックアップを持つことに妙な安心感も生まれます。よく考えれば画期的な技術ではなく、オンラインストレージを使えているユーザなら普通にしていることのように感じますが・・・。


日立の「Virtage」、テープ装置へのバックアップも可能な仮想化環境と認定

 日立製作所は6月2日、同社の統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」で提供している独自開発のサーバ仮想化機構「Virtage」が、Symantecの認定を受けたと発表した。

 この認定は、Symantecのデータ保護ソフトウェア「Symantec NetBackup」を使用したテープ装置へのデータバックアップを可能とする仮想化機構として、Symantecの技術情報文書で公開されたというもの。今回の認定で両社は、Symantecの評価や技術検証支援、コンテンツ開発を行う組織でVirtage上の論理サーバにSymantec NetBackupを使用したバックアップサーバを構築し、共同で評価、検証を実施した。

 認定を受けたことで、Virtage上の論理サーバにテープ装置接続向けのバックアップサーバを構築できる。これにより、夜間はバックアップサーバ用の論理サーバが利用するプロセッサコアやメモリなどを、昼間は別業務用の論理サーバが利用できるなど、柔軟で高効率なシステム運用がディスク装置だけでなくテープ装置へのバックアップでも可能となる。日立は、今回認定されたシステム構成の「Harmonious Cloudセンタ」への導入や、プライベートクラウド向けソリューションとしての提供などを検討し、ユーザー企業システムの設計や構築を容易にする提案、導入を積極的に進めていくとしている。
posted by media_aidem at 05:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。