2010年03月18日

新しいIEはXPをサポートせず。まだIEを使いますか?

IE関連のニュースというと、脆弱性やセキュリティホールといった内容が大半だと思っていましたが、今回は新しいIE9リリースのニュース。


OS_lanking_201003.png
個人的な感覚ではすでにChromeやOperaからはぶっちぎられてはるか後方にいるというイメージがありますが、このブログを訪れてくださるユーザさんの大半はIEを使っているという結果をサムネイルが示しています。


使い慣れたXPの使い慣れたウェブブラウザがバージョンアップするとサポートがなくなるというのは、きっとショックな出来事だと思います。ただこのタイミングでFirefoxやGoogle Chromeに乗り換えてしまうのは、きっと良い判断なのではないでしょうか。


ちょうど春だし、心機一転新しいブラウザで!というのはいかがでしょう。
そして夏くらいには脱ウィンドウズも達成できていたりして。



IE9、Windows XPでは利用できず

 米Microsoftが次期版WebブラウザInternet Explorer(IE)9を披露したが、Windows XPユーザーは同ブラウザを使えないという。

 同社が3月16日に公開したIE9の開発者用プレビュー版は、Windows VistaとWindows 7にしかインストールできない。プレビュー版のFAQによると、IE9はWindows 7に搭載された新技術を活用したGPUアクセラレーション機能を備えており、この機能はVistaにのみ後方移植が可能という。この機能がVistaで導入されたディスプレイドライバモデル技術に依存しているからだ。

 また米メディアによると、MicrosoftのIE担当ジェネラルマネジャー、ディーン・ハチャモビッチ氏はMIXカンファレンスで、IE9は XPをサポートしないと認めたという。
タグ:microsoft
posted by media_aidem at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2010年03月16日

別にGoogleが日和ったわけではないと思う

郷に入っては郷に従うということわざが、ふと思い浮かびました。
中国で検索サービスを展開している間、つまり撤退が決定するまでは中国側のいうことを聞いておこうということなのでしょうね。


きっと彼の国のことですから、グーグルが服従したような語調で報道したんだろうけれど、最初に触れたように郷に従っただけ。別に日和ったわけではないのでしょう。


しかし自国の情報を、そこに住んでいる国民が知ることもできないって・・・まさに「インターネットの敵」ですな。

グーグル中国、検閲を継続 中国紙が報道

 16日付の中国英字紙チャイナ・デーリーによると、米インターネット検索大手、グーグルの中国現地法人の広報担当者は、中国政府の要求に従って検索結果の検閲を現在も継続していることを明らかにした。

 また、業務は正常に継続しており、米国の本社から撤退の命令は受けていないという。

記事本文の続き 検閲問題をめぐるグーグルと中国政府の協議は双方が譲歩せず暗礁に乗り上げているとされ、グーグルが中国から撤退するとの観測が強まっている。(共同)


 Reporters Without Borders(国境なき記者団)によると、中国とイランは、インターネットにおける自由に制約を与える世界最大の「インターネットの敵」に含まれるという。しかし、オーストラリアや韓国のような民主主義的な国家においても、懸念が高まっている。

 国民がオンラインで閲覧できるコンテンツを検閲し続け、それに抵抗する組織を押さえつけようとする国が存在する中、自由の制約を巡る戦いがインターネット上でますます頻繁になっている。検索結果のフィルタリングをめぐって繰り広げられているGoogleと中国の間の論争は、その1例にすぎない。

CNET Japanより
posted by media_aidem at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

radikoがついに開局

テレビ嫌いなため、視聴者ではなくどちらかというと聴取者である筆者。
パソコンで作業をしていても映像のない音声だけならば手が止まることもないので、「radiko」が開始される前は主にポッドキャストを活用していました。


パソコンでラジオが聴けるソフトには「kikeruツールバー」というのも以前からあるのですが、動作環境がWindowsでIE8には対応していないという見方によっては危険なアプリです。
仮にWindowsを起動したとしても、IEは使わないので利用する機会はないなと思っていました。


「radiko」はポッドキャストのコンテンツに入っていたCMを通して知りました。視聴可能地域に住んでいることもあり昨日の”開局”を心待ちにしていました。ただUbuntuでも使えるマルチプラットフォームなのかという疑念が最後までありましたが、ふたを開けてみれば余計な心配でした。


「radiko」の音質は思いのほかクリア。実際にラジオで視聴するのと比べて格段にいいです。


ちょっと心配なのが試験配信期間は8月31日までという部分。その後はどうなんでしょうね?
試験放送を終えて本放送に移行するのか、それとも実際に聴取したリスナーの反応をみるのでしょうか。


個人的にはありがたく、非常に気に入っているサービスなので続けて欲しいところなのですが・・・。


ネットでラジオが聴ける「radiko」がスタート

 IPサイマルラジオ協議会は3月15日、IPサイマルラジオの実用化試験配信を開始した。ウェブブラウザから「radiko.jp」にアクセスし、放送局を選ぶとラジオ番組を聴ける。利用は無料で、ユーザー登録などの必要もない。

 配信地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県。放送エリアに準じた地域で、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI 、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE、朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKAのラジオ放送がCMも含めた状態で配信される。

 試験配信期間は8月31日までを予定している。
タグ:radiko
posted by media_aidem at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。