2010年02月19日

Firefox 3.0.x系にも修正パッチ

Windows環境を使っていた頃に比べて、Linuxでは利用しているアプリケーションのバージョンにそれほど神経質になることがなくなりました。それこそapt-getのコマンド一発で解決してしまうという意識が強いです。


ソースをダウンロードしてコンパイルしてインストールする以外は、リポジトリで管理されているので無頓着でいられるんですね。依頼を受けてWindowsのシステムメンテナンスをすると、脆弱性を含んだままの危険な状態で使い続けている方も稀に見受けられますが・・・。


サポート終了のアナウンスのあったFirefox3.0.x系ですが、今回は修正パッチがリリースされたようです。きっと特例というか異例のことだと思われますので、Firefoxのアップデートはしておきましょう。


Widnows環境以外ではβの文字がとれませんが、Google Chromeも快適です。この際に比較してみるのも楽しいかもしれません。



 Mozillaが旧バージョンの「Firefox」脆弱性5件に対応するパッチを公開したが、セキュリティ企業Secuniaは、Firefoxの最新バージョンに存在するゼロデイ脆弱性について警告している。

 Mozillaは米国時間2月17日、「Firefox 3.5.8」と「Firefox 3.0.18」のパッチをリリースした。1月に、「Firefox 3.0」のサポートを終了すると述べていたが、Firefox 3.0.18のパッチはリリースしたわけだ。

 セキュリティアドバイザリの中でMozillaは、「Firefox 3.6」ではこれらの脆弱性がすでに修正されていると述べている。Firefox 3.6は1月21日にリリースされた。

 Mozillaが修正した5件の脆弱性には、同社が重要度を「最高」と評価した3件の脆弱性も含まれている。これら3件の脆弱性は、メモリ領域不足の処理におけるバグ、「Gecko」レンダリングエンジンの安定性に関するバグ、MozillaのWebワーカー実装でポストメッセージの処理方法におけるバグによるものだという。Webワーカーは、ユーザーインターフェースでの処理負荷を軽減する形でスクリプティングタスクを実行するのに利用される。

 これら3件の脆弱性はいずれも、任意のコードを実行してユーザーのシステムを乗っ取るのに悪用される恐れがある、とMozillaは述べている。

 残り2件の脆弱性は重要度がそれより低いが、攻撃者による悪意のあるJavaScriptコードの実行を可能にする恐れがある。

 Firefox 3.5.8とFirefox 3.0.18のセキュリティアップデートには、Windows版、Mac OS X版、Linux版がある。Mozillaのウェブサイトか、ブラウザに内蔵されたアップデートシステムから入手できる。

 これとは別にSecuniaが18日、最新バージョンのFirefox 3.6に存在する未修正のバグについて報告している。Firefox 3.6にはユーザーのシステムで悪意あるコードを実行するのに利用される恐れがあるバグが含まれている、とSecuniaは警告した。

 Secuniaによると、このゼロデイ脆弱性はImmunityの侵入テストソフトウェア「Canvas」用アドオンモジュール「VulnDisco Pack」の一部として公開された。VulnDisco Packを開発したIntevydisは問題のバグに関する詳細を明らかにしていないが、Secuniaは脆弱性の深刻度を「非常に緊急」としている。
タグ:Firefox 脆弱性
posted by media_aidem at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2010年02月17日

Google 日本語でもリアルタイム検索が可能に!

google_realtime.png
ニュース記事ではなく、明らかにターゲットはTwitterなのだろうなと思われるGoogleのリアルタイム検索です。

筆者はUbuntuを使っていてTwitterクライアントにはPeraPeraPrvを利用しているのですが、タイムラインを拾ってくるにはメニューで設定するか手動でやるかのどちらかとなっています。

Googleのリアルタイム検索を試してみると、そのまま”全自動”で更新されたツイートを拾ってくるというのは結構お手軽な気が。


半面、新しく立ち上げたウェブサイトをサイトの登録しておいても以前に比べてなかなかインデクスされなくなってしまった気もします。こちらは速度を測ったわけではなくて、あくまでもイメージですけれども。


なんにしてもGoogleは日常的に使う検索サービスなので、新しい機能が付加されていくのはうれしい限りなのです。

米グーグル、日本語でリアルタイム検索を可能に

 米グーグルの日本法人(東京都渋谷区)は16日、数分前に更新されたばかりのネット上の情報について検索ができる「リアルタイム検索」の日本語版サービスを始めたと発表した。新聞社などが発信する最新ニュースに加え、日本でも昨年から流行するミニブログ「ツイッター」のつぶやきなども瞬時に検索できるようにした。同社では「世界の検索サイトで初の機能」と強調し、ヤフーなど競合検索サイトとの差別化を図る。


記事本文の続き 同社のリアルタイム検索は昨年12月に英語版でサービスを開始。今回、新たに日本語版とロシア語版の提供が始まった形だ。更新されたばかりのネット情報を検索結果として求める利用者のニーズ(需要)や利便性に応える狙いもある。

 検索結果が反映されるスピードは、昨年段階で「(更新から)24時間以内」が速い水準だった。しかし、今回の新機能で「数十秒から数分以内」(同社日本法人の徳生健太郎・製品開発本部長)という水準まで検索技術を向上させたとしている。
posted by media_aidem at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2010年02月16日

巣ごもり消費とTwitter

巣ごもり消費という言葉があります。
不況のせいで外出せずに、ネットショップで買い物する人が急増しているそうで楽天などは調子がいいようです。


巣ごもりでもネットで買い物するのですから、価格調査はかっちりしているようです。お目当ての商品を購入した消費者のレビューや口コミサイトもアクセスが集まっているのだとか。


ここのところ筆者が注目しているTwitter。
消費者レビューや口コミサイトよりも即効性があって、文字数に制限があるのでクリアなツイートが飛び交っています。モノによってはかなり濃い意見も交換されているのですから、利用しない手はありませんね。


読み物のご紹介です(^^ ;)
Twitterマーケティング
Twitterの衝撃


ユーザー数を1000万人にまで増やす
とりあえずアカウントは1人で複数とれてしまうので、純増でどれだけ増やせるのかはわかりません。アカウントを取得しなくても検索や関連ツールが利用できたりもしますし・・・。

Twitter、かなり大きなうねりになってきた気がします。

Twitterは1月から収益に寄与、年内1000万ユーザー目指す--デジタルガレージ2Q決算

 デジタルガレージの2010年6月期第2四半期(7〜12月)決算は、本業のもうけを示す営業損益が4億4300万円の赤字(前年同期は6億9100万円の黒字)となった。黒字企業のカカクコムが、子会社から持ち分法適用会社になったことが影響した。

 2月15日に開いた決算説明会では、代表取締役兼グループCEOの林郁氏が、注目を集めているTwitter事業について、「2010年1月から売り上げが立ち始めた」とコメント。さらに「年内に(国内)ユーザー数を1000万人にまで増やす」との目標を掲げた。

 売上高は前年同期比79%減の38億5400万円だった。カカクコムの事情に加え、広告関連のDGコミュニケーションズが連結除外となったことも響いた。また経常損益は2億6100万円の赤字(前年同期は5億6300万円の黒字)、純損益は2億4700万円の赤字(同12億5500万円の赤字)となった。

 部門別の営業損益では、EC決済のイーコンテクストカンパニーなどを含む「ハイブリッド・ソリューション」部門が8400万円の黒字(前年同期は 3300万円の赤字)に改善した。イーコンテクストカンパニーが収納代行会社として日本で初めてPayPal決済サービスを導入したり、ゲーム関連事業を拡大したりするなど積極的な取り組みで、景気低迷が続く中、取扱高は前年比横ばいを確保した。

 「ベンチャー・インキュベーション」部門は5400万円の赤字(前年同期は1億8300万円の赤字)に赤字幅が縮小した。Twitter関連事業を含む「メディア・インキュベーション」部門はカカクコムが抜けたことで7400万円の赤字(前年同期は14億4700万円の黒字)に落ち込んだ。

 1月以降はTwitter関連の売り上げが立ってきたという。林氏は「2月のインプレッションはモバイルなどを含めて月間9億〜10億(ページビュー)とみている。グループのCGMマーケティングが取り扱う広告について言えば、4〜6月は在庫がすべて出る(売れる)という手ごたえだ。企業向けのマーケティング支援ツールの売り上げも効いてくる」などと話し、中長期の収益成長に自信を見せていた。

 「年内ユーザー数1000万人」の根拠となる現在のユーザー数については明言しなかったが、「世間で言われているのは500万人ほど」(林氏)としており、この数字から大きく外れていないことを示唆した。
posted by media_aidem at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。