2009年12月16日

web新聞の有料モデルは生き残れるか?

「インターネットなら欲しい情報が多いし、なにしろ無料!」
そんな価値観が先行しているためか、利用している有料コンテンツはほとんどありません。そして今のところ積極的に利用する気持ちもないというのが実状です。


でも考えてみると戸配の新聞は料金を支払いつつ未だ継続しているんですよね。ちょっと変な気分です。


ADSLを経て光回線へとブロードバンドが太くなるにつれて、テレビはほとんど観なくなりました。そして継続してはいますが新聞を開いて読むことも。個人的にはインターネットがあればテレビも新聞もいらないものへとグループ分けができてしまいます。


テレビ・ラジオ・新聞。3大メディアの中で、いちばん最初に淘汰されるのは新聞ではないかという記事を数年前に書きました。その意見は今でも変わりありません。印刷して出荷するという工程はネットの即効性に比べればタイムロスでしかないのですから。


北日本新聞の配達区域外は一部コンテンツを除き有料という課金のしかたをするそうです。そしてウォール・ストリート・ジャーナル日本版のサイトへ飛んでみると、インデクスされているニュースのリスト全体の中の有料コンテンツはごく一部。


今後この比率がどう変動するのかはわかりませんが、無料コンテンツがスタンダードのネット上でどの程度成功を収められるのか・・・前途は芳しくないのではないでしょうか。




 ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン(WSJJ)は12月15日、「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版」(WSJ日本版)を正式に開設した。

 WSJJは、2009年6月18日に資本金2億円、資本準備金2億円で設立され、Dow Jones& Companyが60%、SBIホールディングスが40%出資している。WSJ日本版は、「The Wall Street Journal」(WSJ)に毎日掲載される200本ほどの記事の中から30本程度を翻訳して掲載する。WSJの有料(年間購読料103ドル)購読者数は107万人で、月間平均UUは2152万、月間平均PVは2億2000万。

 WSJ日本版の記事の購読は無料と有料があり、有料の記事にはタイトルに鍵マークが付いている。料金は1カ月で1980円、6カ月で9960円、1年で1万6560円となっている。有料会員は金融情報週刊紙「BARRON'S」(週に10本程度)も読める。また、無料会員でも、記事タイトルと記事本文の一部を読んだ後、続きを読みたければ記事単位での購入も今後可能になる。なお、英語版のWSJの有料会員に対するWSJ日本版の割引などは現在予定してない。
posted by media_aidem at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2009年12月10日

Google Chrome β For Linux & Mac がついに登場!

GoogleChromeForLinux.png
長らく待ち望んでいたLinux版のGoogle Chromeがついに登場しました。
筆者愛用のLinux環境であるUbuntuではリポジトリーの追加などの手間もなく、Googleのサイトからダウンロード→ダブルクリックでインストールがあっけなく完了。


サブとして使っているWindowsXP上で利用しているようなチョロメのカスタマイズはまだまだこれからですが、まずは魅力的なChromeの速度を体感しております。


起動速度もリンク先へとジャンプする速度も、いくつもプラグインを入れているFirefoxと比較すると当然素早く嬉しくなります。


試してみるとLinux版Chromeでは、まだ実装できない機能拡張が多い様子。まだβ版ですから、年明けに予定されている安定版に期待しましょう。まずは、Chrome for Linuxのファーストレビューでした。

グーグル、MacおよびLinux対応「Google Chrome」ベータ版をリリース

 Googleは米国時間12月8日、Mac OS XおよびLinuxに対応する「Chrome」ブラウザのベータ版をリリースした。

 Chromeは、これまでMacおよびLinux向けには開発者プレビュー版としてのみ提供されていたが、8日にベータ版がリリースされた。Chrome担当プロダクトマネジャーであるBrian Rakowski氏は「当初の予定よりも長い時間がかかったものの、待った甲斐が十分にあったと思っている」と、公式ブログへの投稿に記している。

 Windows搭載機ほどではないものの、Macは幅広く使用されているOSであり、ChromeのMacバージョンを求める声がテクノロジ業界から根強く上がっていた。一方、Linuxは一般的なコンピュータユーザーに普及しているわけではないものの、「Chrome OS」の基盤となっていることからも、(ChromeのLinuxバージョンのリリースは)独自の重要性を帯びている。Chrome OSはブラウザベースのOSであり、Googleは、同OSが2010年にネットブック上で人気を博すようになることを期待している。

 「Chromium」プロジェクトの進展を示すカレンダーによると、(MacおよびLinuxに対応したChromeの)ベータ版は1月12日に「安定版」として次なる成熟段階に達する予定である。Windows向けのChromeは、ちょうど約1年前にベータ版から安定版へと進んだところである。
posted by media_aidem at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2009年12月09日

「Gboard」 Gmail専用キーボードが登場!

ラベルやフィルターを駆使すると、かなりヘビーユースが可能なGMail。筆者は何年もお世話になっています。


ふと思いついて確認してみると、保存してある一番古いメールには2006年9月の日付がついていましたからもう3年以上使っていることになります。


速度もアップして使い勝手がいいGMailに専用キーボードが登場したとか。その名も「Gboard」。
GMailをショートカットで操ったことがないせいか、Gboard自体とても新鮮に感じました。調べてみるとGMailで使える多くのショートカットキーがあることも確認。


Gboardに手を出す前に、とりあえずいくつかのショートカットをマスターしたいと思います。きっとその頃には日本でもGboardが入手可能になっているのではないでしょうか。

超大量のメールをさばく最終兵器となるか、Gmail専用キーボード「Gboard」が発売中

グーグルのウェブメールサービス「Gmail」は無料ながら現時点で7GB以上という鬼のような保存容量と、ラベル付けによる柔軟な分類で人気をよんでいます。

さらに、高い操作性も魅力の1つ。グーグル自身がキーに貼るためのラベルを無料で配布していたこともあるほど充実したキーボードショートカットが用意されているのですが、これを120%活用するためのサードパーティ製専用キーパッド「Gboard」が発売されました。目を通して返信しなければならないメールが山のように溜まっている人にはうってつけのアイテムではないでしょうか。
タグ:Gboard keyboard
posted by media_aidem at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。