2009年09月25日

Google Chrome Frame の是非


かなり早い段階でIEを使わなくなっている筆者は、現行のIE8とか件の「Google Chrome Frame」もよく知らないのですが・・・。

IEのバージョンを上げろというMSに対して、より近代的で標準に準拠したブラウザを使うべきだというGoogle。懸命なユーザーならばどちらを選ぶべきかは決まっているのではないでしょうか。

パソコンは使いこなせば便利な道具なのですから、仕事で使うアプリケーションは別としてもいろんな種類がリリースされているウェブブラウザくらいは、いろいろといじってみて手に合うものを選びたいものです。

それにIEといえばPCを買うと”ついてくる”ようなソフト。最高級品ではありませんよね?
Google Chrome Frameをプラグインとして実行すること云々じゃなく、もうIEに完全に見切りをつける時期なのかもしれません。



MS vs グーグル:IEプラグイン「Google Chrome Frame」をめぐり舌戦



 Microsoftは米国時間9月24日、「Internet Explorer(IE)」のレンダリングエンジンをGoogle製のものに置き換えるIEプラグイン「Google Chrome Frame」を激しく非難した。

 Microsoftは声明で、最新技術を欲するユーザーはChrome Frameを使うよりも、新しいバージョンのIEに移行した方が良いと述べた。

 「われわれはInternet Explorer 8で、重要な機能強化や更新を追加し、顧客がブラウザをより安全に使用できるようにした」とMicrosoftは述べた。「プラグイン全般、そして『Google Chrome』が抱えるセキュリティ上の問題を考えると、Google Chrome Frameをプラグインとして実行することにより、マルウェアや悪意あるスクリプトの攻撃対象となる領域は2倍になる。われわれは、こうしたリスクがあるものを友人や家族に勧めたりはしない」(Microsoft)

 しかし、自らも複数のプラグインを提供しているにもかかわらずプラグインを批判したMicrosoftに対して、非難の声を挙げる人もいた。

 例えばMozillaのDion Almaer氏は「Microsoftはプラグインのセキュリティを恐れている。今すぐ、『Silverlight』をアンインストールしよう」とTwitterに投稿している。

 Googleが「Chrome Frame」を発表したのは22日。IE6とIE7、IE8をサポートし、ウェブページのレンダリングやJavaScriptプログラムの実行に利用できる。Chrome Frameが機能するには、ユーザーの側でプラグインをインストールするだけでなく、ウェブ開発者側でChrome Frameに対応するためのコードを1行ウェブサイトに挿入する必要がある。

 太平洋時間午後12時35分更新:筆者は、IE担当ゼネラルマネージャーであるAmy Barzdukas氏と話をする機会を得た。

 Barzdukas氏は、自身が呼ぶところの「ブラウザ内ブラウザ」を実行することに伴うセキュリティリスクを繰り返し指摘し、さらに、Chrome Frameの使用はIE8に内蔵されているプライベートブラウジングや閲覧履歴消去機能にも干渉すると述べた。

 「この点は、明らかにされていない」とBarzdukas氏は述べた。「顧客がしっかりと目を見開いて判断すべきトレードオフだ」(Barzdukas氏)

 さらに、Chrome FrameはいまだにIE6を使っているユーザーに有効な選択肢を提供するとの意見も、Barzdukas氏は否定した。

 「IE6を使っている人は、ほかのアドオンをインストールするのではなく、IE6から離れるべきだ」とBarzdukas氏は述べた。「(アドオンは)問題を複雑にするだけだ」(Barzdukas氏)

 太平洋時間午後3時20分更新:Googleは独自の声明を発表し、Chrome Frameの狙いを説明した。

 「オープンソースのプラグインであるGoogle Chrome Frameは現在、初期の開発者向けリリースの段階にある。これは最初からセキュリティを念頭に置いて設計している」とGoogleは述べた。「われわれはユーザーに対し、プラグインではなく、『Firefox』や『Safari』『Opera』、Google Chromeといったより近代的で、標準に準拠したブラウザを使うことを推奨している。Google Chrome Frameは、これらのブラウザを使っていないユーザーのために、すべてのバージョンのIEを対象として、より高度な性能や強力なセキュリティ機能、開発者およびユーザーに対するもっと多くの選択肢を提供するために設計された」(Google)
 Google Chrome Frameが攻撃対象領域を拡大するのは事実だが、Googleによれば、同プラグインは、とりわけIE6ユーザー向けに、独自のセキュリティ機能を提供するという。「Google Chrome Frameを使ってサイトにアクセスすると、Google Chromeのセキュリティ機能がIEユーザーにもたらされ、フィッシングおよびマルウェアに対する強固な保護(IE6には未搭載)や強力なサンドボックス技術、月単位ではなく日単位で公開される新興のオンライン脅威からの防御が提供される」とGoogleは述べた。
posted by media_aidem at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2009年09月14日

Microsoftがオープンソースへ参入?

製品をとにかく生み出して販売しないと存続できない会社ですから、Googleのような広告収入
を上げつつサービスは自由にという形からは最も遠い位置にいる会社と認識していました。


CodePlex Foundationの設立によってその見方が変わったわけではなく、逆に何か搦め手を打ってきそうな嫌な予感がしますね。
具体的にはどんな動きをしてくるのでしょう?
ちょっとだけ注意しながら注目したいと思います。



MS、非営利のオープンソース財団「CodePlex Foundation」を設立




 Microsoftは米国時間9月10日、オープンソースコミュニティーとソフトウェア企業との間の交流促進を目的とする非営利財団CodePlex Foundationを立ち上げた。

 CodePlex Foundationは、商用ソフトウェア企業とその従業員がオープンソースにあまり参加していない現状を引き合いに出し、特定のプロジェクトに協力してオープンソース界と商用ソフトウェア業界との間の溝を埋めることを目指すとしている。

 MicrosoftはCodePlex Foundationに100万ドルを寄付し、役員や諮問委員に多数のMicrosoft関係者を送り込んでいる。その中には、Microsoftを退社した元オープンソース責任者のSam Ramji氏も名を連ね、同財団の暫定プレジデントに就任している。

 CodePlex Foundationは、Mozilla FoundationやGNOME Foundationなど他のオープンソース財団とは異なり、あらゆる領域のソフトウェアプロジェクトに取り組むつもりであることを自らのウェブサイトで言明した。
posted by media_aidem at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2009年09月04日

ツカエル経理2010 登場! 次の確定申告ををにらんで乗り換えを考慮中

特にマニュアルを読まなくても直感で使える点が気に入って愛用している弥生会計。バージョンアップに伴っていろいろと機能が付加されましたが、そろそろ他の選択肢も視野に入れて乗り換えてみようかなと思案中の今日この頃です。



多年度にまたがるような業績比較をする際に、データをCSV形式で書き出してExcelやOpenOfficeで整えて使っていますが、どうもこのあたりが手間だったり・・・。


価格的にはお手頃感のある「ツカエル経理」、サイトを見てみると無料体験版も用意されている様子でした。
乗り換えを考えつつ、ちょっといじってみようかなと考えています。



ビズソフト、見積・請求書等を簡単に作成できる販売管理ソフトを4200円で

ビズソフトは9月3日、新タイトルの販売管理ソフト「ツカエル見積・納品・請求書」と、最新バージョン2010年版の経理ソフト「ツカエル経理2010」全3タイトルを発売した。

 「ツカエル見積・納品・請求書」は、見積・納品・請求書の発行から売掛管理まで、簡単な販売管理を1本で行えるソフト。請求書の作成では、締日ごとに売上を集計した合計請求書や、源泉徴収業種に対応する。

 また、出力する帳票は、会社のロゴ印刷や送付メモの内容など、細かな書式のカスタマイズが可能。5色のカラーとモノクロに対応した印刷ができ、専用用紙にも対応する。

 作成したデータは、同社の経理ソフト「ツカエル経理」、会計ソフト「ツカエル会計」、青色申告ソフト「ツカエル青色申告」へ取り込むことも可能。価格は4200円で、製品サポート期間は6か月間。

 一方、「ツカエル経理」は、販売管理、出納帳、給与事務、資金繰りを1本でカバーするソフト。2010年版では、得意先の締日で売上を集計した合計請求書や、源泉徴収業種に対応するなど、請求書関連の機能を強化した。

 ラインアップと価格は、通常版の「ツカエル経理2010」が1万5750円、ガイドブック付きの「ツカエル経理2010+ガイドブック」が1万 6800円。ともに製品サポート期間は6か月間。また通常版に、売上集計表、支払集計表など経営分析に役立つ10種類の集計表が使える「集計表オプション」、給与額を入力するだけで厚生年金、健康保険、所得税などの計算ができる「給与計算オプション」、スキャナなどから名刺に記載された情報を取り込むことができる「名刺管理オプション」が付いた「ツカエル経理2010 PRO」が2万7300円。こちらの製品サポート期間は12か月間。
posted by media_aidem at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。