2012年05月07日

Microsoft 5月の定例パッチを公表

普段使いのLinux Mint。とりあえず起動したら”apt-get”するのが日課になっています。
それに比べてWindowsの月例パッチは、なんとなく煩わしさを覚えます。どうでもいいことかもしれませんが、なんで予告するんだろ?

ちょっと気になったので調べてみたところ、次のような掲載を見つけました。

事前通知では、セキュリティ情報 ID として、「セキュリティ情報 x」という形式を使用しています。マイクロソフト セキュリティ情報の公開時までセキュリティ情報 ID を発行していないためです。事前通知を 4 月のセキュリティ情報に置き換える際に、「セキュリティ情報 x」をマイクロソフト セキュリティ情報 ID (MSyy-xxx 形式) に置き換えます。


・・・なんだか意味がわかりません。
深刻度が緊急ならばリポジトリを作って、出来上がったパッチから順に放り込んでおけばいいように思うのですが、なんなのでしょうね。
ともかく5月9日に更新されるようなので、忘れずにアップデートしておきましょう。

Microsoft、7件の月例セキュリティ情報公開を予告

 米Microsoftは5月の月例セキュリティ情報7件を5月8日(日本時間9日)に公開し、WindowsやOfficeなどに存在する計23件の脆弱性に対処する。4日の事前通知で明らかにした。

 7件のセキュリティ情報のうち、Microsoftの4段階評価で深刻度が最も高い「緊急」レベルは3件となる。Office、Windows、.NET Framework、Silverlightの各ソフトウェアに存在する深刻な脆弱性に対処する予定。いずれも悪用された場合、リモートでコードを実行される恐れがある。Windowsの脆弱性はサポート対象の全バージョンが深刻な影響を受ける。

 残る4件の深刻度は上から2番目に高い「重要」レベル。OfficeおよびWindowsに存在するリモートコード実行や特権昇格の脆弱性に対処を予定している。
posted by media_aidem at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2012年04月26日

Windows 8 Release Previewは6月にお披露目

Windows 8の正式リリースは、やはり今年の暮れだそうです。
Release Preview・・・バグの可能性をいくつか残してのリリースが6月で正式版が年末と、仕上げの作業に実に半年以上もかかる計算になります。UbuntuやFedoraといった速いサイクルでリリースされるLinuxのディストリならバージョンは2つ上がるのに。

オープンソースではなくて有料ですから、このくらいのスピードが丁度いいのでしょうか?

Windows 8の「Release Preview」版は6月第1週に公開

 米MicrosoftのWindows担当社長、スティーブン・シノフスキー氏が4月24日、都内で講演し、Windows 8の正式リリース前の最新版となる「Release Preview」(RP)版を6月第1週に公開する予定を明らかにした。

 同OSは2月29日(現地時間)に「Consumer Preview」版が一般公開されている。RP版はさらに一歩製品版に近づいたバージョンで、「RTM」(製造工程向けリリース)の前の段階となる。従来は「Release Candidate」(RC:リリース候補)と呼んでいたバージョンを新たにRPという名称にしたようだ。

 シノフスキー氏は「Windows Developer Days」に合わせて来日。「重要な発表を日本で行うことが大好きだ」とRP版の公開スケジュールを明らかにした。

 このほど「Windows 8」が正式名称と決まり、同OSは今年の年末商戦向けに発売されるとみられている。
posted by media_aidem at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2012年04月17日

Windows 8 正式名称として採用

今更感がありますが、Microsoft謹製の次期OSの名称がWindows 8となったそうです。
「7の次なんだから8だろ?」というのはこちら側の安直な意見で、実際にはネーミングを決めるに際して相当ひねり出したのでしょうか?

Windows 8 のリリース時期については、公式には未定としているところと今年の暮れ(2012年の第3四半期)と具体的に明示しているところがあります。毎度のことながら実際に店頭に並ぶまではわかりませんが・・・。

筆者の身近な人は、ほとんどWindows7を購入して落ち着いちゃった感がありますので、残念ながら発売されても当分触れてみる機会はなさそうです。

Microsoftの次期OSの正式名称が「Windows 8」で確定、全4エディションを発売

3月1日にConsumer Previewがリリースされたマイクロソフトの次期OS「Windows 8」の正式名称が、そのまま「Windows 8」となりました。

Windows 7の後継OSであるWindows 8では、まずx86プロセッサ用搭載のPCやタブレット向けに「Windows 8」と「Windows 8 Pro」の2種類のエディションが発売されます(32ビット版/64ビット版)。多くのユーザーが購入することになるのは「Windows 8」で、中国や新興市場向けには現地語のみをインストールしたタイプも用意されます。「Windows 8 Pro」は技術者やビジネス用途向けとなり、暗号化、仮想化、PC管理やドメイン接続、Windows Media Centerなどの機能が搭載されます。

「Windows 7 Starter」「Windows 7 Home Basic」「Windows 7 Home Premium」からは8と8 Proの両方へのアップグレードが可能、「Windows 7 Professional」「Windows 7 Ultimate」からは8 Proへのアップグレードが可能です。
posted by media_aidem at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。