2009年06月30日

Firefox3.5は明日未明にリリース!

指折り数えて待っていたFirefox3.5ですが、日本時間で7月1日の深夜にリリースが決定しました。
Ver3.5から新しく付加された機能よりも、やはりVer3.0で使っていたアドオンの対応待ちを優先しながら様子見をしようと考えているのですが・・・。


2ちゃんねるで情報収集してみたところ、アドオンの対応バージョンが合わなくても”Nightly Tester Tools”というアドオンを入れておくとインストールが可能なのだとか。


アドオンが増えるのは現時点でストレスを感じているFirefoxの起動速度にもいい影響を及ぼさないだろうし、やっぱり新しいブラウザに触れてみたいという気持ちも強くちょっと揺らいでいます。


このブログの記事で次にFirefoxに触れるときは、きっとVer3.5にアップデートが済んでいるはず。とりあえずはどっちつかずで揺れながらMozzilaサイトから快適にダウンロードできるまでは待とうかなと・・・。この記事にアクセスしてくださった皆さんはどうしますか?


Firefox 3.5のリリース日は7月1日:ウェブ標準技術への対応進める

 有限責任中間法人Mozilla Japanは6月29日、次期ウェブブラウザ「Firefox 3.5」(開発コードネーム「Shiretoko」)を米国時間6月30日早朝に公開すると発表した。Mozilla Japanによれば、日本時間7月1日の深夜に提供が始まる予定だという。

 Firefox 3.5はプライベートブラウジングモードや位置情報通知機能といった新機能を備えるほか、HTML5のvideoタグとaudioタグ、CSS3のダウンロードフォント(Web Font)などに対応する。

 Mozilla Japanは6月24日、Firefox 3.5 リリース候補版 v3を公開していた。
posted by media_aidem at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2009年06月26日

Firefox 3.5 ・・・もうしばらくお待ちください?

そろそろFirefox 3.5(正式版)がリリースされるんじゃないかなと思い、昨日あたりからモジラサイトを何度も覗いてみています。


変化があったのはRC2がRC3になったことでしょうか。
正直、こんなにひっぱられるとは思いませんでした。個人的には週明けではなく、週末にリリースしてもらった方が何かと都合が良かったりするのですが・・・。


Firefoxばかりに目を奪われがちでしたが、Thunderbirdも”3”のベータ版が登場。
ウェブブラウザと比較すると地味に映るメーラーですが、こちらも着実に進化しているようです。


モジラ、「Firefox 3.5 RC3」を公開

 Mozillaは当初、「Firefox 3.5」のリリース候補版を1度だけ公開する考えだったが、今回、3度目となる「Firefox 3.5 RC3」をWindowsとMac、Linux向けに公開した。

 RC2からの変更は小規模なもので、Mozillaは、ユーザーフィードバックを基に変更を加えた、と話すにとどめた。これまでのFirefoxの更新の歴史から判断すると、変更点は安定性とセキュリティ面での修正である可能性が高い。

 Firefox 3.5 RC3の公式リリースノートも公開されている。
タグ:Mozilla Firefox
posted by media_aidem at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2009年06月22日

Firefox3.5リリース! 秒読み開始

次期Firefoxのリリースは6月中!とアナウンスがありました。
あれから数日、6月も残すところ約1週間です。リリースされたのがRC2ということですでに慎重を期しているのが伺えますね。
Mozilladではすでに秒読み段階に入っていることと思われます。


筆者の環境(Ubuntu8.04 on 自作機)では、動き出してしまえば快適なのですが、アドオンを詰め込みすぎているせいかFirefoxの起動が若干もたつく感じがします。実効速度は文句ないので、個人的にはこの起動速度を改善してほしいなと思っています。


あと数日か・・・なんだか盛り上がってきたなぁ(^^ ;)


「Firefox 3.5 Release Candidate 2」ダウンロード開始--正式版は6月中を予定

 Firefoxのベータビルドを熱心に試している人は、Windows、Mac、Linux向けの「Firefox 3.5 Release Candidate 2」(RC 2)がダウンロード可能になった。最新のこのビルドでは複数のバグが修正されているが、MozillaのFirefox担当Mike Beltzner氏によれば、これらの修正は安定性に関わる軽微なもので、RC 1リリース後に施されたという。

 Beltzner氏はさらに、Firefoxベータ版の命名規則について80万人ものベータユーザーの間で生じている混乱にも言及した。同氏によれば、ベータがRCモードに移行した後は、問題が発覚しなければRC版がそのまま正式版になるので、最終版の名称を用いるという。

 Beltzner氏は先週、米CNETのインタビューに応じ、正式版は6月中にリリースされるとの見込みを示した。6月末まで1週間と少ししか時間が残されていないが、先週RC版が2回もリリースされたことから、正式版は今週の前半にリリースされてもおかしくはない。
タグ:Firefox Mozilla
posted by media_aidem at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。