2008年10月29日

日本国内の検索エンジンシェアに変動あり?

GoogleよりYahooが強いという”特殊”な環境下にある日本。
本家Yahooと切り離したYahooJapanの日本向けに特化したサービスや営業努力が躍進に貢献しているなんて記事をどこかで読んだ気がします。

筆者の個人的になってしまいますが、Googleの検索結果の方が欲しい情報にダイレクトに到達できるケースが多いので、「Yahooは使いづらい」という感覚が強いため、なんでまだYahooなの?と感じています。

トップページからしてごてごてといろんな情報を詰め込んであるため、ユーザの滞在時間が長い理由はうなづけますけれどね。

ただ折れ線グラフで見たときの乱高下はあるにせよ、今後とも順位は変わらなそうですね。気分的に1番よりもトップを目指す2番手の方が好きですし。


「GoogleがYahoo! Japanの寡占状況を変えつつある」--ネットレイティングス

 ネットレイティングスは10月28日、インターネット利用動向調査「NetView」の2008年9月データを発表した。

 調査では、企業が所有するすべてのドメインを束ねたプロパティランキングにおいて、Googleが対前年同月比120%、対前々年同月比で180%訪問者を伸ばしたことがわかった。Googleプロパティの訪問者は3090万人にのぼる。

 Googleプロパティは2006年11月のYouTube買収を期に成長を続け、2008年3月に初めて3000万人を突破。以降、3000万人前後の利用者を安定して集め、Yahoo! Japanに次ぐ2位の座を守っているという。

 とはいえ、Google躍進の理由は「YouTubeに代表される企業買収による新たなコンテンツの追加によるものだけではない」と、ネットレイティングスは分析している。(後略)

posted by media_aidem at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年10月17日

コードバージョン6.0は欠番でお願いします

バージョン番号のレクチャーとてもわかりやすく理解できました。
それでも実際、9xシリーズのラストをかざったMeとVistaはほぼ失敗なのだから、Microsoftとしてはきっとどちらも抹消したいのでは・・・?

まだリリースされていないので、今からでも遅くないはず。「Windows 7」をバージョン番号「7」に改め、そのついでに「6」は欠番にしちゃってください。そのかわりWindows 7はそれこそ社運をかけて取り組まないといけませんけど。


「Windows 7」、バージョン番号「6.1」の意味するもの

 Microsoftが、「Windows 7」という名称を次期Windowsの正式名としても使用する決定をしたのは、さまざまな面で筋が通っていた。

 そもそも開発コード名だったし、比較的シンプルな名称だ。それに、「7」という数字は一般にラッキーナンバーとされている。(少なくともここ米国ではそうだ)。

 しかし、MicrosoftのゼネラルマネージャーMike Nash氏が米国時間10月14日のブログ投稿で説明しているとおり、7という数字にたどり着くまでに、Microsoftは少しばかり奇妙な計算をしている。Nash氏の文章を以下に掲載する。

 Windowsのいちばん最初のリリースは「Windows 1.0」だった。2番目のリリースが「Windows 2.0」で、3番目が「Windows 3.0」だった。

 ここから、話が少々ややこしくなる。Windows 3.0の次のバージョンが「Windows NT」。これはコードバージョンを「Windows 3.1」としていたものだ。そして、バージョン「Windows 4.0」の「Windows 95」が登場する。そのあとが、「Windows 98」「同 98 SE」「Windows Millennium」で、コードバージョンで言うと、それぞれ「4.0.1998」「4.10.2222」「4.90.3000」となる。つまり、 Windows 9xシリーズのコードバージョンはすべて、4.0系列のものだった。

 Windows 2000のコードバージョンは5.0だった。そのあと、5.1を「Windows XP」の名称で出荷した。XPはメジャーリリースだったとはいえ、アプリケーションの互換性をいちばんに重要視したため、コードのバージョンナンバーを変えたくなかった。そして次が「Windows Vista」となるわけだが、これのコードバージョンは6.0だ。それで、論理的に次の重要なリリースであるWindows 7を、Windowsファミリーで7番目のリリースと位置づけている。

 とまあ、そういうわけだ。

 しかし、おそらくそれより注目に値するのが、Vistaはコードバージョン6.0だったが、Windows 7は実際にはバージョン7.0ではないという事実だ。7.0ではなく、バージョンは「Windows 6.1」になるという。

 Microsoftは、Windows 7という名称とともにこの微妙な状況を進んでいる。Microsoftは、IT関係者にはWindows 7がWindows Vistaと大きく変わっていないことを一目で確実に伝えようとし、同時に消費者には、これはVistaからの大幅なアップグレードだと伝えようとしているのだ。

タグ:Windows 7
posted by media_aidem at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年10月08日

茶目っ気たっぷり?Boogle Mail Gogglesを試験提供

Google検索ではデフォルトで設定されているフィルター機能と同様、表示言語を英語に切替えてからでないと設定できないようですが、Mail Goggles遊び心が溢れる機能ですね。

筆者は朝型人間でまだ暗いうちに仕事を始めてしまうため、デフォルトの設定ではちょっとこまりますけれど。早朝の寝ぼけた頭を覚ますのにはちょうどいいのかもしれません。


グーグル、Gmailに新機能追加--計算問題を解かせて送信を再確認

 Googleが、もしかするとくだらない新機能とも見える「Mail Goggles」を、試験的に公開したことをお知らせしよう。この機能は、ちょっと酔っ払って、愚かなことをしでかしそうな深夜の時間帯に、愚かな電子メールを送ってしまうのを未然に防ぐ目的で設計された。

 Mail Gogglesをオンにすると、指定の時間帯(デフォルトの設定では、金曜日と土曜日の午後10時から午前4時)に、メールの「送信」ボタンをクリックするやいなや、5つの計算問題が画面内に表示される。計算を解くための制限時間も設けられている。この問題が解けるならば、おそらく上司に小言を言ったり、昔の恋人に告白し直したりするメールであったとしても、酔っ払うことなく、正気で送っていると判断できるだろう。

 たとえ酔いつぶれていても、簡単な計算問題なら解けてしまうという人には、問題の難易度をアップさせるオプションも用意されている。だが、残念なことに、あくまでも算数の領域の問題を選択できるのみで、面白い代数学や微積分学の分野の問題は用意されていない。

 Mail Gogglesを起動するには、Gmailの設定画面に入り、「Labs」タブ内のMail Gogglesをオンにすればよい。起動方法や時間帯の調節などは、「General」タブで行える。

 これは冗談ではないのだろうか?筆者としては、この機能がブログにも搭載されるとよいと望んでいるのだが。
タグ:gmail
posted by media_aidem at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。