2008年10月07日

さらなる顧客がWindows Vistaへと移行?・・・いつまでMicrosoftの虚勢は続くのか

Vistaは売れているとか、XPからVistaへの乗り換えが進んでいるなんて言ってるのはいつも当事者のMicrosoftだけで、もはやまったく信憑性がありませんね。

というかVistaの市場進出が公言しているとおりスムーズであれば、XPを望む声なんて徐々に下火になっていきますから。

しかしVista Ultimate や Vista Business 付きのXPなんて、もはや嫌がらせ以外の何者でもありませんな。


MS、「Windows XP」ディスク提供を6カ月延長--大手PCメーカー向けに決定

 Microsoftは、「Windows XP」の延命を変わらぬ需要に押し切られる形で再度決定した。

 大手PCメーカーは、XPを販売することはできないが(超低価格マシンは除く)、XPディスクを同梱した「Vista Ultimate」および「Vista Business」マシン、または、工場でWindows XPにダウングレードしたVistaマシンを販売することができる。

 このオプションは2009年初旬の終了が予定されていた。これは、MicrosoftがWindows XPメディアの供給を1月31日以降停止することを予定していたためだ。しかし、同社は、ディスクを7月31日まで提供することを明らかにし、オプションを6カ月延長した(アップデート:また、PCメーカーは、工場でダウングレードしたマシンをオンラインで販売することもできる)。

 CNET Newsに向けた声明でMicrosoftは、今回の動きについて努めて平静を装った。

 Microsoftは、「さらなる顧客がWindows Vistaへと移行しているが、顧客が自信を持って移行を進め、移行が可能な限り円滑になることを確実にしたい、とわれわれは思っている」と述べる。「ダウングレードメディアをさらに数カ月間提供することは、このコミットメントの一部であり、一対一でカスタマイズされたサポートを小規模顧客に提供する『Windows Vista Small Business Assurance』プログラムの一部でもある」(Microsoft)

 大手ではなく、Microsoft関係ではシステムビルダーとして知られるメーカーは、Vistaダウングレードを必要とせずにXPを販売できる。しかし、このオプションは終了日が1月31日と決まっており、Microsoftによると延長はないという。

 Microsoftは、Windows XPの販売を6月30日に終了しているが、小売店での在庫がある限り提供を可能としている。同OSはしばらくの間、Amazonにおける販売1位となっており、一部種類のXPは現在でも同サイトにおけるソフトウェア売り上げトップ25に入っている。

 XPディスクに関する6カ月延長は、技術ニュースサイトThe Registerで当初報じられた。
posted by media_aidem at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年09月25日

とうとうアンドロイドが動き出す!

搭載端末のリリースに先駆けてAndroid SDKがリリースとなりました。
バージョン1.0ということなので正規版と考えてもいいようです。

新しいプラットフォームということでまず普及が大切。外部プログラマーを募りSDKを公表して門戸を開いておき、最初は有料コンテンツの販売をしない・・・とまるでWindows登場以前のマイコン創生期の頃のようですね。

オープンソースからビジネスモデルを作り出す能力に非常に長けているGoogle。今度はどんな手法を用意しているのでしょうね。



グーグル、「Android 1.0 SDK, release 1」をリリース

 Googleが「Android」向けソフトウェア開発キット(SDK)のバージョン1.0である「Android 1.0 SDK, release 1」をリリースした。プログラマーにとっては要注目のニュースだ。

 このSDKを使えば、プログラマーはT-Mobileが最初のAndroid搭載機「T-Mobile G1」を発売する米国時間10月22日を待たずして、Android搭載の携帯電話で動くアプリケーションを開発できる。Android SDKのリリースノートによると、前のバージョンである「Android 0.9 SDK」との最大の違いは、バージョン1.0でビルドしたソフトウェアは、今後発売される実際のAndroid搭載の携帯電話における互換性が確保されている点だという。前バージョンでは、実際の携帯電話での互換性を完全に保証できない部分があった。

 Googleは携帯電話向けのOSプロジェクトであるAndroidが起爆剤となり、携帯電話業界がより積極的にインターネット技術を取り入れるようになることを期待している。もちろん、Googleはここでも検索結果の隣に掲載される広告から利益を得るし、「Google Maps」は携帯電話利用者の物理的な位置とさらに密接に結びついた、新たな広告の可能性を切り開くことになる。

 Androidにおける重要な取り組みの1つとして、Googleが外部のプログラマーを誘い、Android搭載携帯電話向けのアプリケーションを開発するように働きかけている点が挙げられる。というのも、PC市場ではより手軽にプログラマーの創意工夫が活かされる環境があり、Googleとしては、どちらかと言うと閉鎖的な携帯電話業界に同様の環境を持ち込みたいという考えがあるからだ。この取り組みでは、SDKとともに「Android Market」と呼ばれるまもなく登場予定のアプリケーションダウンロードサイトも重要な役割を果たす。もっとも、Android Marketは当初、有料アプリケーションの販売には対応しない可能性がある。

 また、Googleは具体的な変更点についても挙げている。たとえばAndroid携帯電話に搭載されたセンサが利用可能になったほか、オーディオファイルに対応し、Wi-Fiネットワークも使えるようになっている。真剣にプログラミングへの参加を考えているなら、Googleが公表しているAPI変更点の一覧を参照するといいだろう。
posted by media_aidem at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連

2008年09月18日

ハードもOSも国産?EPSON Endeavor登場!

直販でBTOが可能な国内メーカーのEPSON。
いままでも自作まではちょっとと考えているユーザにとってEPSONのPCは賢い選択のように考えていました。

そんなところへLinuxプリインストールマシンを投入ですから、個人的にはかなり注目したいところ・・・と記事を読んでみますと、搭載されているのは、これまた国産のTurbolinux。

やっぱり、なんだかシックリこないんですよねぇ。
でもある程度ハイスペックの自作機と同じくらいの価格帯、自作機+UbuntuやVine LinuxかEPSONのLinux搭載モデル。どちらにするかちょっと悩むところですね・・・ってまったく買う気はありませんが。

EPSON PC売上げランキング

エプソン、Linuxを搭載したミニタワーPCなどを発表

エプソンダイレクトは9月17日、省スペースとハイパフォーマンスを両立したデスクトップPC「Endeavor MR3500」と、高い拡張性を備えたミニタワーPCにLinuxを搭載した「Endeavor LX7900」を発表した。同社のオンラインショッピングサイトおよび、エプソンダイレクトコールセンターを通じて販売を開始する。

 デスクトップPCのEndeavor MR3500は、チップセットにインテル G45 Expressを採用し、FSB1333MHzのインテル Core 2 Quadプロセッサの選択や、デュアルチャネル動作で最大17GB/sの高速転送が可能なPC3-8500のメインメモリを搭載できる。チップセットにはビデオ機能が強化されたインテル グラフィック・メディア・アクセラレータGMA X4500HDを標準搭載し、精細な高画質動画の再生を実現した。

 幅98mmのコンパクトな筐体にはHDDを2基まで搭載でき、動画や写真、音楽ファイルの保存にも余裕のある最大1.5Tバイトの大容量構成に対応可能。HDDを2基搭載した場合にはRAID機能にも対応し、高速アクセスが可能なRAID 0、業務上の情報資産や大切なデータをバックアップできるRAID 1から選択できる。

 インターフェースには、PCIを2基、PCI Express x16とPCI Express x1を各1基ずつ、USB2.0を6ポート、IEEE1394を2ポート、マルチカードリーダなどを標準搭載した。

 オプションとして、チップセット内蔵のビデオ機能のほか、さらに高性能な動画/画像処理業務や3Dゲームなどに対応するビデオボードNVIDIA GeForce 8500GTを選択可能。なお、マルチモニター機能は、標準搭載のVGA/HDMI端子で利用できる。

 価格は、インテルCeleronプロセッサ 430搭載時の最小構成で5万9850円、インテルCore 2 Quadプロセッサ Q9650搭載時の最小構成で14万3850円となる。(後略)
タグ:Endeavor Linux
posted by media_aidem at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT関連
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。